スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛しのローズマリー

●2001年【米・独】 上映時間:114分
●監督 ファレリー兄弟
●キャスト
グウィネス・パルトロウ( ローズマリー・シャナハン)
ジャック・ブラック( ハル・ラーソン)
ジョー・ヴィテレッリ( スティーヴ・シャナハン)

愛しのローズマリー (特別編) [DVD]愛しのローズマリー (特別編) [DVD]
(2008/10/16)
グウィネス・パルトロウジャック・ブラック

商品詳細を見る


【STORY】
父親の遺言を受け継ぎ外見重視なハル(ジャック・ブラック:高木渉)は自らの外見を省みないため、モテない毎日を過ごしていた。
ところが偶然知り合った精神科医の催眠療法で性格は良いが醜い女性がハルにだけは絶世の美女に見えるようになった為ハルは急にモテだしたのだが・・・。

【REVIEW】
rating_14.gif

もう随分前にこれ一回見てるんだけど、スッカリサッパリ忘れ去っていたので、再観賞。
面白いわあ!何度か声出して笑ったわ。
ジャックブラック、今より痩せてるな~でも今のほうがいいな~。

心の美醜が外見に現れる仕組みになってたら、アタシ確実にドブスだろうなあ(笑)
よかった、世の中がそんな仕組みじゃなくてw

この作品、まずデブは醜いものっていうのが根底にあるので、
不快感を感じる人もいると思う。
実際、他の人のレビューとか見てたらデブじゃ美しくないっつーのかよ!差別だ!
みたいに憤ってる人もいてフムフムと思いましたし。
でも、アタシは特にそこはなんとも思わなかったんだよね。
そりゃ色んな趣味思考の人はいるだろうけど、
もうしょうがないよね、それは。どんなに綺麗事いっても、外見ってデカイよ。
最終的には性格かもしれないけど、入口は外見でしょ?大体。
主人公のハルだって、
ローズマリーがすげぇ美人(に見えて)だったからナンパしたわけだしさ、
でも性格が良かったから、ホントは美人じゃなくても愛してるってなっただけ。

やっぱ一般的には太ってるより痩せてるほうがいいと思うものなんじゃない?
アタシもあそこまでのデブは醜いと思うし(病気とかなら仕方ないけど)。

ただ、この映画の中では性格の良い心の綺麗な女の子たちは、
みんな不美人に描かれてるんだけど、それは違和感感じたな~。

残念ながらアタシが知ってる限り、不美人は心も不美人な人が多いんだよなあ。。。
美人は、高飛車だったりするかもしれないけど、
別に性格が悪いとか意地悪ってことはあんまり無いと思う。

不美人は色んなコンプレックスを抱えてるし、人に(特に男に)優しくされないから、
ひねくれてたり、嫉妬深かったり、裏切ったり、
職場でも上司にあることないこと言ったり、嫌なヤツ多いんだよ悲しいことに。
でも、しょうがないのかもって思う部分もある。攻撃は最大の防御なんだよね。
傷つかないためには傷つけなきゃやってけないのかも。

あと印象的だったのはね、ハルの友達が、ハルにかかっている催眠術を解いてしまって、
ハルが「別にあのままでよかったのに!!なんてことをしてくれたんだ!!」と揉めるシーン。
ハルの友達は「お前は幸せかもしれないけど、デブスと幸せそうにしているのを
見てる俺は辛い。回りからも馬鹿にされて・・・。第三者の目線も大事だ」
という大きなお世話なことを言うんだけど、
「別に第三者が俺らをどう見ようが2人が幸せなら関係ない!」ってハルはいうのね。

ここで、ちょっと自分と重ね合わせて、うーん・・となってしまった。
ハルみたいにキッパリといえるのは素敵だよ。
別のところでも書いたんだけど、アタシの彼氏、周りから反対されるっつーか、
「え、なんであの人なの?」とか「もっとイケメンと付き合えば?」
とかよく言われる。

アタシと彼が付き合ってることを知らない子が、
飲み屋で彼氏とベタベタしていたアタシを見て、後日
「ちょっと姉さん!この間、、なんであんなナヨナヨした気持ち悪い人と
いちゃいちゃしてたんですか??いくら酔ってても相手選んでくださいよ!
勘違いされますよ!!」と忠告してくれたこともあったし(笑)
いやいや、彼氏なんだよね・・・笑

まあ確かに全然イケメンじゃないけど、アタシには良く見えるし(まさにハル状態)、
いーの!って感じなんだけど、
少し動揺してしまった自分がいて、それがすごく情けなかった。
ちょっと「みんなから羨ましがられるような彼氏のほうがいいのかな」とか思ったりした。

第三者の意見なんてどうでもいい!って強く言えない自分がすごい嫌だった。
だから、本当に第三者の意見なんて二人が幸せならばどうでもいいのか、よくわかんなくなった。
普通はどうなんだろう。アタシは人の目を気にしすぎなのかな。


ぐだぐだと書いてきましたけど、この作品はすごく楽しめた反面、
アタシの外見コンプレックスも刺激してくれてしまった、っつーことですわ笑
スポンサーサイト

ベンジャミン・バトン 数奇な人生PageTopパコと魔法の絵本

Comment

でもさあ、外見良い人って、しばらくして見ると、案外どってことなくない?「すっげー良い男!」と思って付き合ってたら、なんか馬ズラだったとか。そうなった時に性格がいいと、まっ、思ったほどの外見じゃなかったけど、そんなの今やどうでもいい、ってなっちゃうんじゃない。

他人の目はさ、「美」の基準なんて人それぞれだし、人の彼氏のこと「何アレ」なんて言う女に限ってスゲエ男と一緒にいたりするので、あんまり気にしなくていいんじゃん。それより、「この女、彼氏にすっごい大事にされてる」、幸せな女だ、って周りに思わせることで、彼氏の周りに対する印象をアップさせるのよ!

>チュチュ姫さんへ

んー、まあ確かにアタシも昔、「超マイタイプ!!」と思って付き合ってみたものの
寝顔がオバサンみたいだったとか、ギャグセンスが皆無だった、とかで急激に冷めた人は何人かいますね(笑)

今の彼氏は、最初は「すごい気が合うし一緒にいてラクだけど恋愛感情はもてないわー。やっぱ見た目的に?」
って思ってたんですけど、今やハマってるからワカランもんですよね。
結局性格とか価値観とかのが大事なんだなと思いましたよ。

多分「もっとイケメンと、、」とか言ってくる人達は、アタシの事を誉めるつもりで言ってくれてたりするんですよね。
キミならもっといいのと付き合える!みたいな。
だから複雑だけど、やっぱり悲しいですね。
気にしないようにはなってきましたけど、初めて友達に彼氏を会わすときとか、ちょっと躊躇しちゃいます。
そんな自分がまたヤですけど・・。

アタシも、友達の彼氏に対して「え!なんであんなのと?どこがいいんだろ??」って思っちゃうことありますし、
お互い様かも・・・。

>寝顔がオバサンみたいだったとか

あは、あは、あはははは!!!わかる!よーくわかる!私も、「笑うと口がでか過ぎ」「歯が見えすぎ」とか、「良く観ると唇が気持ち悪い」とか色々あったよ~!!みんな「うわ~すっげえいい男!」って思った人達なんだよ。

>結局性格とか価値観とかのが大事なんだなと思いましたよ

アタシも今のカレって最初全然好みじゃなかったんだけど、あばたもえくぼで、性格や価値観が合うと、見た目も可愛くなってきちゃう。それにやっぱ「作り」よりも「表情」とかあるじゃん?可愛い顔して笑うとか、照れるとか!

>チュチュ姫さんへ

外見で入ると、最初をマックスとして減算方式をとってしまうからダメなのかも(笑)
ホント「あんなにいいと思ってたのになんでー?」ってよくありますもん。
多分、それ(外見)だけだからダメなんですよね。

>あばたもえくぼ
これ、ほんとわかりますw
だから、この映画のハルがおデブのローズマリーの性格を知って
「なんて美しいんだー」みたいなこと言っちゃう気持ちも分かりますモン。

>「作り」よりも「表情」
あー、絶対重要ですよね。雰囲気とか。
アタシは笑顔が可愛い人に弱いなー。

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://leoriver.blog75.fc2.com/tb.php/97-7d33cbd3

プロフィール

 C    

Author: C    
茅ヶ崎に住み茅ヶ崎で働く30代負け犬OLの偏りまくったシネマレビューです。
映画は大体月に6本~8本ぐらいレンタルして見てます。
(でもすぐ内容忘れちゃうw)
切なく純粋で余韻が残る系の映画が好き☆
時代背景は古いものがより好みで、
中世ヨーロッパが舞台の映画や、
80年代のアメリカの片田舎が舞台の映画を観ると内容に関わらずノスタルジックな気持ちになり鼻の奥がツーンとしてきます。
濡れ場は無い映画のほうが好きです。

レビューというほど大層なことは書けないので、部屋で友だちとDVD観ながらおしゃべりしてるような感じで書けたらなーと思ってます。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
最新トラックバック
検索フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。