スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

君がいた夏。

●1988年【米】 上映時間:99分
●監督 ウィル・アルディス、スティーヴン・カンプマン
●キャスト
ジョディ・フォスター(ケイティー)
マーク・ハーモン(ビリー)
ハロルド・ライミス(アラン)

君がいた夏 [DVD]君がいた夏 [DVD]
(2000/02/11)
ジョディ・フォスターマーク・ハーモン

商品詳細を見る


【STORY】

マークが少年の頃いつも一緒にいた、6歳年上の従姉が自殺した。遺書には、遺骨の安置場所をマークに託してほしいと記されていた。一時は野球の天才バッターとして華々しいデビューを飾ったこともあるマークも、今は怠惰な生活を送ってうらぶれていた。そして彼は、従姉にふさわしい場所を探し求めて、傷心の旅に出る。一人の男の人生の節目節目に、必ずそばにいて勇気づけた従姉の死を通して、甘く苦い初恋の記憶をたどる感動作。


【REVIEW】
rating_04.gif


音楽と映像がめちゃくちゃツボでした。
冒頭だけで泣きそうになってしまった。
苦しくなるほどノスタルジック。
無性に懐かしい友達に逢いたくなる。
80年代のあのアメリカの雰囲気って妙にハマるんだよな。
なんでだろう?えんもゆかりもないんだけど・・・・。

ただ、主人公の男の子目線で話が進んでいくから、あれが、男女逆だったら
もっと共感して切なさに身悶えてたかもしれない。

初めてのキス、始めて結ばれたシーン、甘美で苦しくて胸が締め付けられた。
アタシにはもう手に入らないものだと思うと余計に苦しく寂しい。

この映画は1988年の公開で、当時アタシは中学1年生だったわけだけど、
その頃に見たらどうだったんだろうか。
きっと、今みたいに感傷に浸ったりはしないよね。
キスシーンとかばっかり印象に残っただろうね思春期だから(笑)

だから、今この年齢で観れてよかった。

しかし、なによりJ・フォスターの可愛さにやられた。
スポンサーサイト

トワイライト。PageTopハンサムスーツ

Comment

これ、私のフェィヴァリットなの~!!!!もう何百回観たかわからない。ケイティが、水に飛び込んで、向こう岸まで泳いでいって、ピニャコラーダを飲むの、って言うのを思い出した主人公が、湖に遺骨を撒くシーン、もう号泣!!!!なんか、自分のことをそんな風に思い出してくれる人がいるなんて、いいな~!って。

この頃のジョディ・フォスターって、最高でしたよね。

>チュチュ姫さんへ。

おー!!
マジですか!!
これの記事って書かれてますか??

私は初見だったんですけど、なんていうか、、
めちゃくちゃ好き!!っていう感じではなかったですけど、
また見たいな、って思える映画でした。
とにかく、ノスタルジックな雰囲気と音楽にやられてしまいます。

湖に遺骨を撒くシーンではアタシも泣きました。
すごく切ないけど爽やかでいいシーンですよね。

ジョディ・フォスター、今はなんか強い女性!みたいなイメージですけど、
この作品ではなんか、小悪魔的で生意気だけど妙に大人っぽくもあり、とにかく魅力的です。
そりゃ、ビリーも恋するって。
16歳の頃のケイティのファッションがツボです!

記事書いてない。ブログ書き始めてからは観てないつか、観てたのって「当時」だもん。図書館にあるかなあ。

>チュチュ姫さんへ

あー、そうでしたかー。残念っ!
図書館にあると良いですねぇ~っ。

はじめまして。
15年くらい前だと思うのですが、深夜にこの映画をやっていたのを見て感動したのですが、
テレビをつけていたら始まった映画をぼーっと見始めていたためタイトルも何も気にしていませんでした。
最後まで見たら感動!みたいなw
そのまま15年が経ち、ふとこの映画のことを思い出したのですがタイトルも何も分からず・・・
ラストシーンをかすかに覚えていたたため『遺灰を海にまく映画』というとんでもないキーワードで検索をかけたところここがヒットしましたw
おかげで15年ぶりにこの映画を見ることができました!ありがとうございます。
今見てもまったく色あせていない、本当にすばらしい映画ですよね(*´∀`)

ところで皆さん湖と書かれていますが。あれって海ですよね?(^^;
字幕がどうなっていたかは分かりませんが、私帰国子女なので英語を聞く限りはw

ユキさんへ

はじめまして。
コメントありがとうございます。

このブログがお役に立ててこちらこそ嬉しいです。

深夜にこの映画みたらハマりそう・・・。
余韻で寝付けなくなりそうです。
何がどう!ってわけじゃないけど、無性に心がザワザワして
胸が苦しくなるような映画でした。

私も一回見ただけなので、うろ覚えですが、
海・・・だったかな(笑)

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://leoriver.blog75.fc2.com/tb.php/92-af30d6c2

プロフィール

 C    

Author: C    
茅ヶ崎に住み茅ヶ崎で働く30代負け犬OLの偏りまくったシネマレビューです。
映画は大体月に6本~8本ぐらいレンタルして見てます。
(でもすぐ内容忘れちゃうw)
切なく純粋で余韻が残る系の映画が好き☆
時代背景は古いものがより好みで、
中世ヨーロッパが舞台の映画や、
80年代のアメリカの片田舎が舞台の映画を観ると内容に関わらずノスタルジックな気持ちになり鼻の奥がツーンとしてきます。
濡れ場は無い映画のほうが好きです。

レビューというほど大層なことは書けないので、部屋で友だちとDVD観ながらおしゃべりしてるような感じで書けたらなーと思ってます。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
最新トラックバック
検索フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。