スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アフタースクール

●2008年【日】 上映時間:102分
●監督 内田けんじ
●キャスト
大泉洋(中学教師 神野良太郎)
佐々木蔵之介(探偵 北沢雅之)
堺雅人(木村一樹)
常盤貴子(美紀)
田畑智子( 謎の女)

アフタースクール [DVD]アフタースクール [DVD]
(2008/11/28)
大泉洋佐々木蔵之介

商品詳細を見る


【STORY】

中学教師の神野先生(大泉洋)の元に、同級生島崎を名乗る探偵北沢(佐々木蔵之介)がやってくる。
2人は、神野の同級生でサラリーマンの木村(堺雅人)を探すことになる。
木村は、妻(常盤貴子)と生まれたばかりの子供を捨て、他の女(田畑智子)と逃げたらしい。

【REVIEW】
rating_02.gif

ガビーン!!なんだよ、超期待はずれ!!!
序盤から眠くなって、でもまあ、それはしょうがない、大体序盤はつまんないもんだ、
途中から盛りあがってくるんでしょー・・それまで我慢我慢・・・・って思いながら最後まできちゃったよ!!
って感じ。

最大の山場であろうネタバレのところで、度肝を抜かれるかと思いきや、
「え?あ、へー・・・ふうん・・・」って感じだったし、
疑問も残って全然すっきりしねーよ。(単にアタシが頭悪いから??)
伊武雅刀の喋り方はめっちゃ聞き取りづらいし、ストレス溜まったわ。

こういう謎解きものは、映画の中に自分もまるで入ったかのように、
その中のキャラたちと一緒になって、あいつが犯人じゃない?いや、こいつじゃない?
とか考えて、そしてその推理とまったく違った結末に衝撃を覚えて、
そのあとは、時間を遡っての辻褄合わせをしてその収束感に膝を打つ、
ってのが醍醐味なんじゃないのかしら。
それがまったくなかったんだよね。
ずっと色んなことが謎のままで、こっちが考える隙が無い。
っていうか、問題が何かわからないから答えを考えようがないの。コレ結構苦痛だよ。


キサラギを再鑑賞した直後だったからか、どうしてもキサラギと比較してしまったんだけど、
100-0でキサラギですわ。

うーん、失敗した。
もう一回観たら、評価変わるのかもしれないけど、もう一回観る気にならん。
スポンサーサイト

隣のリッチマンPageTop仮面の男。

Comment

Cさん、こんにちは。
私もこれ、世間の方々ほどは、面白く見れなかったんです。
運命じゃない人の方が好きです。

そうそう、キサラギの方が、ずっと良かったですよね☆

●latifaさんへ●

そうなんですよ~。
期待しすぎちゃったのかもしれないけど、
“イマイチ”どころか“つまらなかった”んですもの。ガッカリですわあ。
運命の人、めっちゃ気になってます。
近々観てみますね~☆

キサラギは最高です!!!

>単にアタシが頭悪いから??

わかる!映画理解できない時、まず不安になりますよね(笑)

こういう気持ちになったときは、他の人のレヴュー一杯読んで、みんなわかんない!って書いてあると安心し、わかった人のレヴュー読んで「そっかー!」って納得する時はすっげー落ち込む。「やっぱアタシがバカだったんだ!」って(爆)

●チュチュ姫さんへ●

そうそう、そうなんですよ。
しかも、この映画、周りでもネットのレビューでも評判がものすごいよかったんで、なんかアタシが間違ってるんだきっと、、って気持ちになりました(笑)

でも、今回は人のレビュー読んでも目からウロコは落ちなかったので、きっとこれはアタシには合わない作品だったんだと思いますw

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://leoriver.blog75.fc2.com/tb.php/89-a7e44504

プロフィール

 C    

Author: C    
茅ヶ崎に住み茅ヶ崎で働く30代負け犬OLの偏りまくったシネマレビューです。
映画は大体月に6本~8本ぐらいレンタルして見てます。
(でもすぐ内容忘れちゃうw)
切なく純粋で余韻が残る系の映画が好き☆
時代背景は古いものがより好みで、
中世ヨーロッパが舞台の映画や、
80年代のアメリカの片田舎が舞台の映画を観ると内容に関わらずノスタルジックな気持ちになり鼻の奥がツーンとしてきます。
濡れ場は無い映画のほうが好きです。

レビューというほど大層なことは書けないので、部屋で友だちとDVD観ながらおしゃべりしてるような感じで書けたらなーと思ってます。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
最新トラックバック
検索フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。