スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デトロイト・メタル・シティ

●2008年【日】 上映時間:104分
●監督 李闘士男
●キャスト
松山ケンイチ( 根岸崇一(ヨハネ・クラウザーII世)
加藤ローサ( 相川由利)
細田よしひこ( 和田真幸(アレクサンダー・ジャギ)
大倉孝二(DMCファン)
岡田義徳(DMCファン)
高橋一生(佐治秀紀)

デトロイト・メタル・シティ スタンダード・エディション [DVD]デトロイト・メタル・シティ スタンダード・エディション [DVD]
(2009/02/13)
松山ケンイチ加藤ローサ

商品詳細を見る



【STORY】
おしゃれと青春ポップスが大好きな純朴な青年・根岸くんは、ポップスシンガーになる、という夢を叶えるために上京する。…数年後、何かの手違いなのか、彼は悪魔系デスメタルバンド『D・M・C』の超人気ボーカル、『ヨハネ・クラウザーⅡ世(通称・クラウザーさん)』として、本人の意思とは裏腹に、日本歌謡界の全国制覇を成し遂げる。大学時代の憧れの女性・相川さんや、実家のお母さんにも素性を隠して、夢を追い続ける根岸くん。「僕がしたかったのは、こんなバンドじゃない!!」

【REVIEW】
rating_05.gif

あんまり興味をそそられなくって、観てなかったんだけど、
自分の周りの人たちのこの映画への評価が高いので、鑑賞することに。

やべぇ・・・・。

なにこれやだこれ、オモロッ!!!!!

って感じでした。目からウロコー。マツケンGJ!!
松雪泰子、高笑いが似合いすぎ!(白鳥麗子思い出したわ)

ネタもコネタもひっくるめて、面白い。普通に声を出して笑ってしまいました。
遊園地のトイレでクラウザーさん思わずノリノリになっちゃったシーンとか最高。
てか、ポップスで成功した後輩の名前『佐治秀紀』て!!笑笑

個人的には、クラウザーさんのシーンより根岸くんのシーンが好き。
ポップス皮肉ってるよなー(笑)ブラックだよホント。でも好き。
あ、着メロが「恋とマシンガン」だった!笑

弟くんもいい味出てたなー。
そんなにたくさん出てないのにめっちゃ存在感ある個性的な子だったので
ググったら、あっぱれさんま大先生に出てた、りょうくんじゃん!!!
こんなところで、お目にかかるなんて(笑)
あの頃から異彩を放ってたしなあー。わー。なんか感動(笑

閑話休題。

いやー、アタシ、デスメタルも大好物だけど、
パーフリ・カジヒデキ系のPOPSも好きなんですよね~。
でもそれって、やっぱ相反するものなのね。
劇中ではDMCファンたちが、根岸くんのポップスを聴かされて吐きそうになってたし、
ポップス好きの相川さんは、DMCの曲聞いて「最っっ低!!」とか言ってたしね。
どっちも好きって、ちょっと変わってるのかしら。

なんか、マキシマム・ザ・ホルモンの亮くんが、HP上で好きな音楽の中に
「うしろゆびさされ組」って挙げてたのを見て、めっちゃ感動したのを思い出した。
自分以外でそんな人いるのかと思ってビックリしたんだよね(笑)

・・ってなんか、支離滅裂な文章になってまいりましたので、ここらで。
とにかくオモロかったってことですわ。


漫喫に、原作読みにいこっと。
スポンサーサイト

仮面の男。PageTop美しすぎる母

Comment

これ観たい~~~~!!!!

アメリカでないのよ!

ジーン・シモンズも出てるのにぃ~!

●チュチュ姫さんへ●

あれまー!
購入か、日本にいるときに観るしか
なさそうですかね・・・・。ううう。。
この馬鹿馬鹿しさを共有したいのに!

ジーン・シモンズ、出てた出てた(笑)
牛連れてたwww

え!?牛?!

余計観たい~~~~!!!

●チュチュ姫さんへ●

観てほし~~い!!!

ジーン・シモンズを筆頭に、
みんなよくこの役受けたよなーって
感心してしまいます(笑)

そういうはじけた映画、すがすがしくて好きなんだよな~。なんとか観れないものだろうか。

●チュチュ姫さんへ●

私もです!
くだらないことに全力投球なのとか大好物です。

んー、、やはり購入か帰国か、でしょうか(笑)それかネット配信とか??あるか分からないですけど・・・すいませんお役に立てなくてi-201

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://leoriver.blog75.fc2.com/tb.php/87-e96bcf2c

「デトロイト・メタル・シティ」感想

ここんところ「たみおのしあわせ」や「グーグーだって猫である」など、立て続けに邦画を外していまして・・。これは久しぶりに笑って楽しく...

プロフィール

 C    

Author: C    
茅ヶ崎に住み茅ヶ崎で働く30代負け犬OLの偏りまくったシネマレビューです。
映画は大体月に6本~8本ぐらいレンタルして見てます。
(でもすぐ内容忘れちゃうw)
切なく純粋で余韻が残る系の映画が好き☆
時代背景は古いものがより好みで、
中世ヨーロッパが舞台の映画や、
80年代のアメリカの片田舎が舞台の映画を観ると内容に関わらずノスタルジックな気持ちになり鼻の奥がツーンとしてきます。
濡れ場は無い映画のほうが好きです。

レビューというほど大層なことは書けないので、部屋で友だちとDVD観ながらおしゃべりしてるような感じで書けたらなーと思ってます。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
最新トラックバック
検索フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。