スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天国の口、終わりの楽園。

●2001年【メキシコ】 上映時間:106分
●監督 アルフォンソ・キュアロン
●キャスト ガエル・ガルシア・ベルナル(フリオ)、
ディエゴ・ルナ(テノッチ)
マリベル・ヴェルドゥ(ルイサ)

天国の口、終りの楽園。 [DVD]天国の口、終りの楽園。 [DVD]
(2003/03/28)
ガエル・ガルシア・ベルナルマリベル・ベルドゥ

商品詳細を見る


【STORY】
テノッチとフリオは17歳。ガールフレンド達は欧州旅行に出かけてしまい、冴えない夏を過ごしていた。
ある日二人は、テノッチの従姉妹の妻である美しいスペイン人女性、ルイサと出会う。二人は彼女を誘う為に、「天国の口」という海岸に一緒に行こうと誘う。
しかしそこは伝説の海岸で、実在するのかどうかも判らない。それでも三人は、出発した・・・

【REVIEW】
rating_15.gif

タイトルに惹かれて観て見ようと思ったらガエル君が出ていてラッキー!的な☆
『天国の口、終わりの楽園』ってタイトル、、、、、良くないですか?私だけかしら。
なんだか鼻の奥がツンとなるような響きがあるんですよ。
(ちょっと『彼のオートバイ、彼女の島』っぽくもあるけど。・・・って古!笑)

でも内容は、ちょっと受け付けない部分が多かったかなあ~。
ほとんどセックスばっかりしてて。しかも生々しくて。
アタシはあんまり濡れ場がある作品は好きではないのですよねぇ。
そこらへんは、そこはかとなく匂わせて欲しいんですよできれば。
しかも、ルイサもあんまり綺麗じゃなかったしなあ。。あちらではああいうお顔立ちが美人なのかしら。
ただ、スタイルは恐ろしく良かったけどね。
めっさ腰くびれとったわ羨ましい!!笑

でもなんていうんだろう、イマイチ入り込め無い部分はあったけど、
その年代特有の熱や、メキシコの風景、生きることの重さなんかが妙に物悲しくノスタルジックで、
夏から秋へ移り変わる時と似た切なさを感じる映画でした。
スポンサーサイト

バッファロー’66PageTopベガスの恋に勝つルール

Comment

こんにちは~^^

Cさん、こんにちは~!
同じです。ちょっとHな部分が多すぎたし、、内容的に、あんまりひかれなかったです。あとあの女優さん、お顔がね・・・うん(^^ゞ。。。ただ、すごいスタイルは良い!って思ったことも同じでした。

これ、TBがダメだったんですよ・・・ごめんなさい、たまにそういうことがあるみたいで。

●latifaさん●

ですよね~・・・
あんなに生々しくなくてもいいのにーと
思いながら観てましたー。
そうそう、あの女優さんね、ちょっとね。
フィフィってタレントに似てたなー笑

TBのことはお気になさらず!
ご丁寧にありがとうございます。

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://leoriver.blog75.fc2.com/tb.php/80-c310769f

プロフィール

 C    

Author: C    
茅ヶ崎に住み茅ヶ崎で働く30代負け犬OLの偏りまくったシネマレビューです。
映画は大体月に6本~8本ぐらいレンタルして見てます。
(でもすぐ内容忘れちゃうw)
切なく純粋で余韻が残る系の映画が好き☆
時代背景は古いものがより好みで、
中世ヨーロッパが舞台の映画や、
80年代のアメリカの片田舎が舞台の映画を観ると内容に関わらずノスタルジックな気持ちになり鼻の奥がツーンとしてきます。
濡れ場は無い映画のほうが好きです。

レビューというほど大層なことは書けないので、部屋で友だちとDVD観ながらおしゃべりしてるような感じで書けたらなーと思ってます。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
最新トラックバック
検索フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。