スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いま会いにゆきます

●2004年【日】 上映時間:119分
●監督:土井裕泰
●キャスト:竹内結子・中村獅童

「いま、会いにゆきます」 あの六週間の奇蹟「いま、会いにゆきます」 あの六週間の奇蹟
(2004/10/22)
竹内結子中村獅童

商品詳細を見る

【Story】
「雨の季節に戻って来る」そう自作の絵本に書き遺して、秋穂澪が逝って1年。
夫・巧は妻を幸せにしてやれなかったことを、6歳の息子・佑司は自分が生まれたせいで
母の寿命を縮めたことを、今も悔やんでいた。
やがて、梅雨。果たして、澪は約束通りふたりのもとに帰って来た。記憶を失くしているものの、
巧との想い出を辿りながら次第に夫婦の、そして母子の絆を取り戻していく澪。
だが梅雨の終わりと共に、彼女は再び彼らの前から姿を消した。

【Review】
rating_14.gif

 
中盤くらいまで、ダラダラした感じがあって、
「あれ?つまらないかも・・」って感じで危うく寝そうになってたんですけど、
後半グイグイ引き込まれていって、最後のほうではいつものように号泣してました。
私泣きすぎです。
女性目線で語られる種明かし的なラストに、衝撃&号泣。

ジョゼと虎と魚たちみたいにズッシリくる感じではなかったけど、
切なくて良い映画でした。
ただ、私的にはもうちょっと笑いの要素が多いものが好きかな。
スポンサーサイト

ブラザーフッドPageTop真夜中の弥次さん喜多さん

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://leoriver.blog75.fc2.com/tb.php/8-9c9c4c62

プロフィール

 C    

Author: C    
茅ヶ崎に住み茅ヶ崎で働く30代負け犬OLの偏りまくったシネマレビューです。
映画は大体月に6本~8本ぐらいレンタルして見てます。
(でもすぐ内容忘れちゃうw)
切なく純粋で余韻が残る系の映画が好き☆
時代背景は古いものがより好みで、
中世ヨーロッパが舞台の映画や、
80年代のアメリカの片田舎が舞台の映画を観ると内容に関わらずノスタルジックな気持ちになり鼻の奥がツーンとしてきます。
濡れ場は無い映画のほうが好きです。

レビューというほど大層なことは書けないので、部屋で友だちとDVD観ながらおしゃべりしてるような感じで書けたらなーと思ってます。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
最新トラックバック
検索フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。