スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベガスの恋に勝つルール

●監督 トム・ヴォーン
●キャスト キャメロン・ディアス(ジョイ)、アシュトン・カッチャー(ジャック)
●原題What Happens in Vegas
●2008年【米】 上映時間:99分

ベガスの恋に勝つルール<完全版> [DVD]ベガスの恋に勝つルール<完全版> [DVD]
(2009/06/05)
キャメロン・ディアスアシュトン・カッチャー

商品詳細を見る


【STORY】
セレブなフィアンセに振られたバリバリのキャリアウーマンのジョイと、父親から職場を解雇されたジャック。それぞれ心の傷を癒すべく、訪れたラスベガスで出会った2人は、すっかり意気投合。お酒の勢いに任せて結婚してしまう。翌日、冷静になって別れた間際、ジョイの25セント硬貨を勝手にスロットマシンに投じたジャックにより、300万ドルの賞金をゲット!「俺が300万ドル当てたんだ~!」「私の25セント! …私たち、夫婦だよね?」果たして、この賞金は誰のもの?(笑)

【REVIEW】
rating_14.gif

ベガスの恋に勝つルールなんてちっともわからなかったし、
ベタなドタバタ系ラブコメだけど、面白かったです!!
いや~、こう、なんも考えないで笑って最後すっきりできる映画っていいねー。
そのかわり余韻に浸ったりとかは無いんだけどもね。
でも、あまり脳に余裕がない時にはやっぱこういう映画だな。

最初は本当に展開が速くて、それこそドタバタしててついてくのにやっとだったけど、
中盤からのお互いの気持ちの変化と、終盤にかけての切ないやりとりは、うっかり泣きそうに
なってしまいました。
私、多分、ツンデレに弱いんです(笑)
ほら、諸星あたるとか、、、、、、ってそこかよ!笑

ベガスで酒の勢いで結婚、ってブリちゃんを彷彿とさせたんですけど
ベガスって、まるでコンビニかのように24時間営業(?)の教会が結構あるみたいですね。
だから、案外、酒の勢いとベガスの雰囲気とノリで結婚しちゃうカップルってのも実際にありえたりして。


キャメロン・ディアスはさすがラブコメの女王って感じで安定感バリバリだったし
(ただ、ちょっと年齢的にそろそろかなって気もするけど笑)
アシュトン・カッチャーもやっぱカッコエエですね~。

実際、惚れた相手と結婚して幻滅してこんなはずじゃなかったと思うことは多いと思うんだけど、
この映画は逆で、最初から嫌な部分をこれでもかと見せられてるわけだから、
そこから下はないわけで、そして本音を思いっきりさらけだしてるわけで、
そう考えると、そっちのほうが案外長続きして、上手くいくのかもなーなんて思ったり。

でも、そのどんでん返しな展開には、絶対、お互いの容姿が良いってのも関係してると思うけど。
ジャックは、はじめホント下品で最低だし、ジョイも神経質で嫌味だったりするけど、
あの顔・スタイルだからまだ許せるって部分がお互い少しはあったと思う(笑)
あれがニコラス・ケイジだったら絶対展開違うと思う。(ってニコラスファンの方ごめんなさい)
なんやかんやビジュアルは大事なんですよ!!!ケッ!!


ジャックの友達の、『未来の元妻を取り戻せ』ってセリフがすごくよかったです。

スポンサーサイト

天国の口、終わりの楽園。PageTop幸せになる彼氏の選び方 ~負け犬な私の恋愛日記~

Comment

ニコケイ(爆)!!

ニコケイとシェールが主演のロマンスがあるんですけど、真顔で観られるか心配です。

●チュチュ姫さん●

通はニコケイって略すんですね

ニコケイのロマンス……
危険だ(笑)
感情移入出来なそうだ…(笑)

その上、相手がシェールですよ!!

●チュチュ姫さん●

逆に、すごい気になってきました(笑)

でしょ?!アタシもいつ観ようかと、てぐすねひいてます(笑)

●チュチュ姫さん●

どんな気分の時に観るのが正解なんですかね?笑

爆!爆!

そこまで考えなかった!!

●チュチュ姫さん●

やっぱ、自分に自信が無くなってるときに観るのがいいのかな・・・・ってつくづく失礼だぞ俺!(笑)

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://leoriver.blog75.fc2.com/tb.php/79-91d55f41

プロフィール

 C    

Author: C    
茅ヶ崎に住み茅ヶ崎で働く30代負け犬OLの偏りまくったシネマレビューです。
映画は大体月に6本~8本ぐらいレンタルして見てます。
(でもすぐ内容忘れちゃうw)
切なく純粋で余韻が残る系の映画が好き☆
時代背景は古いものがより好みで、
中世ヨーロッパが舞台の映画や、
80年代のアメリカの片田舎が舞台の映画を観ると内容に関わらずノスタルジックな気持ちになり鼻の奥がツーンとしてきます。
濡れ場は無い映画のほうが好きです。

レビューというほど大層なことは書けないので、部屋で友だちとDVD観ながらおしゃべりしてるような感じで書けたらなーと思ってます。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
最新トラックバック
検索フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。