スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイ・ルーム

●【原題】Marvin's Room
●1996年【米】 上映時間:99分
●監督: ジェリー・ザックス
●キャスト:メリル・ストリープ(リー)、レオナルド・ディカプリオ(ハンク)、
ダイアン・キートン(ベッシー)、ロバート・デ・ニーロ(ウォーリー医師)

マイ・ルーム [DVD]マイ・ルーム [DVD]
(2006/12/22)
レオナルド・ディカプリオメリル・ストリープ

商品詳細を見る
 

【STORY】

フロリダに住むベッシーは中年の未婚女性。寝たきりで痴呆状態の父マーヴィンと、叔母ルースの面倒を見ていた。体調の不調でクリニックを訪れると、急性骨髄性白血病と診断される。
一方、ベッシーの妹リーは、そんなベッシーと折り合いが悪く、20年も互いに音信がない。
リーは、男の子2人を養い美容師をめざし勉強中。長男のハンクは母親に反抗的、自宅に放火し、更正施設に入れられてしまう。
そこに、ベッシーから骨髄移植のための検査依頼の電話がかかる。ベッシーは、息子二人を連れて、20年ぶりにフロリダに帰る…

【REVIEW】
rating_06.gif

すっっっっっっっっっっっごく、いいお話でした。

途中から、泣けて泣けてどうしようもなかった。

老人介護と難病という重いテーマなのにも関わらず、そこに依存しない描き方が良いです。
私、基本的に難病系のお涙頂戴物は苦手なのです。しらけちゃうというか。
(なので余命一ヶ月のなんちゃら、みたいな映画は見る気にならないんですよね。世界の中心で、、もダメでしたし。)
この作品は、全然そういう雰囲気を醸し出していなくて、むしろ大事なところはそうじゃなくて、それに付随する家族(姉妹)の絆だとか、心の交流が本当にグっとくるのです。
ちょいちょい笑えるところもあるし。(弟君がチップスを食べるシーンとかw)

血の繋がりって、どんなに拒否しても切りたくても避けていてもどこかで必ず突き当たるんだなって思いました。
それが本当に煩わしくても、「血が繋がってる」という事実だけは覆せない絶対的な物で、そういう絶対的な約束事があるっていうのは、良かれ悪しかれすんごいことだよなあと何か思う。


それにしても、とにかく主役の2人(メリル・ストリープとダイアン・キートン)の演技がとても素晴らしく、
最初はレオ目当てだったけど、すっかり、ベッシー役のダイアン・キートンにやられてしまいました。
彼女の純粋な心と優しさと愛に溢れた演技に、脱帽としか言いようがありません。
特に、ベッシーの昔の彼の話を姉妹でしているシーンと、最後の「幸せだ」という時の最高の笑顔に、もう、涙ボロボロです。

あ、デ・ニーロは完全にチョイ役でした(笑)

ベッシーとハンクの海辺のシーンは普段は突っ張っているハンクの優しさが溢れていて、すごくすごく素敵でした。
この作品中で一番好きかも。

myroom.jpg

それから、走っている車の窓から、チャーリーとハンクが腕をだし飛行機のように見せてるカットとBGMもとても好きです。

完全にハッピーエンドではないのに、見終わったあとにとても爽やかですがすがしい気持ちになりました。また、エンディングの曲も歌詞がとても素敵なのです。
ただ、タイトルは原題の方がいいと思うな。なんで変えてしまったんだろう??

でも、、まだ自分に置き変えることが出来ないから感動できるのかもしれない。
リアルに感じられるようになったら見れなくなってしまうんだろうか・・・。

あー、なんか色々思うことがあるのに上手くまとめられないなー!!!
俺の文章力の無さ!(←ノンスタイル風に)
スポンサーサイト

嫌われ松子の一生。PageTopブエノスアイレスの夜

Comment

良さそう!私は個人的に家族問題アリなので、身に詰まされ過ぎるかもしんないけど。

ところで、レオ君って、意外にワルイ役多いのね。私は勝手に「品行方正・清純・無害」な印象を持ってたけど。

●チュチュ姫さん●

家族とちょっぴり上手くいってない私の知人がコレを見て、
ちょっと実家に電話でもしようかなーみたいな気になってました(笑)
実際、したかどうかは分かりませんがw


>「品行方正・清純・無害」
確かに、割合的にはそういう役のほうが多そうです。
でも意外とジャンキーの役とかもやってるし、
『セレブリティ』って映画ではDVっぽいチャラ男みたいな役でしたw

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://leoriver.blog75.fc2.com/tb.php/72-1cfc7d81

プロフィール

 C    

Author: C    
茅ヶ崎に住み茅ヶ崎で働く30代負け犬OLの偏りまくったシネマレビューです。
映画は大体月に6本~8本ぐらいレンタルして見てます。
(でもすぐ内容忘れちゃうw)
切なく純粋で余韻が残る系の映画が好き☆
時代背景は古いものがより好みで、
中世ヨーロッパが舞台の映画や、
80年代のアメリカの片田舎が舞台の映画を観ると内容に関わらずノスタルジックな気持ちになり鼻の奥がツーンとしてきます。
濡れ場は無い映画のほうが好きです。

レビューというほど大層なことは書けないので、部屋で友だちとDVD観ながらおしゃべりしてるような感じで書けたらなーと思ってます。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
最新トラックバック
検索フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。