スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腑抜けども、悲しみの愛を見せろ

●2007年【日】 上映時間:112分
●監督 吉田大八
●キャスト 佐藤江梨子(澄伽)、佐津川愛美(清深)、永瀬正敏(宍道)、永作博美(待子)

腑抜けども、悲しみの愛を見せろ [DVD]腑抜けども、悲しみの愛を見せろ [DVD]
(2008/02/22)
佐藤江梨子佐津川愛美

商品詳細を見る


【STORY】
両親の訃報を受け、音信不通だった澄伽が東京から戻る。
家には、母の連れ子だった兄・宍道と結婚相談所の紹介で嫁いできた兄嫁・待子、内向的な妹・清深がいた。
4年前、女優になることを反対された澄伽は、同級生を相手に売春して自己資金を貯めた。
それを清深が漫画にし、雑誌に掲載されたことを澄伽は恨んでいた。
ある日、澄伽は新進の映画監督が次回作の主演女優を探していることを知り手紙を書く。
思いがけずに返事が来て…。

【Review】
rating_13.gif

タイトルがあまりにも素晴らしいので、これで内容がへぼかったら、かなりショックだなって思ってたのですが、予想以上に面白かったですよ!!!!!!

出てくる人がみんなどこかおかしい。歪んでる。
個々のキャラの持つ狂気が、田舎のほのぼのとした風景とは対極的であると同時に、その田舎独特の閉塞感とマッチもしていて、最初から最後まで引き込まれっぱなしでした。

主人公の一人である澄伽は笑っちゃうぐらい嫌なヤツで、エゴと見栄と勘違いで形成された超俗物の自己中クソ女。

このクソ女:澄伽を演じているサトエリが、まあハマリ役で、この人こんなに演技上手かったんだ!!!って
目からウロコでした。
それだけに、よくこの役を受けたなあと感心してしまいましたよ。
だって地だと思われて人気が低迷しかねないウマさなんだもん。
観ていて不愉快極まりない。
でも、あそこまで不愉快だと逆に気持ちいいし、本当は一番ピュアなのかもしれないと思ってしまう。
自分でダメなことを認めたらアイデンティティが崩れてしまうわけで、虚勢を張ったり、八つ当たりしてしまうのも自分の真っ直ぐな思いを守るためだとも考えられる。

てゆーか、さすがサトエリ、スタイルがおそろしく良いですわ。超綺麗でエロイ。
あの身体だけ観るのに借りてもいいぐらいですよ。必見。

でも、なんてたって、面白いのは妹の清深ですね。
清深は「お姉ちゃんは最高に面白いよ」って言ってますけど、コチラ側からみたら清深のほうが面白い!
冒頭で、お姉ちゃんが帰ってくると知って、喘息が出ちゃうシーンがあるんだけど、
怖いお姉ちゃんが帰ってくるから怯えてるのかと思ってたのに、
実際は、、、自分の中の狂気に怯えてたんだなあ(笑)

最後の田んぼの中での姉妹の取っ組み合いのシーンも最高でした。

兄嫁役の永作博美は、さすがの演技力で脱帽って感じでした。
どこかで本性が見えるのかと思いきや、最初から最後まで黒い部分は見えなくて、
この人は本物のド天然なのだなあと思った。でも、それはそれで歪んでいるわけで。
ただ、私がそもそも永作博美が苦手ってのもあって、どうしても待子を好きになれなかった。
家にあんな人がいたら、イライラしてしまうと思う。

あんだけ内容がドロドロしてるのに、こんなに笑えるなんて、とても貴重な作品だと思います!
かなりオススメ☆
いいもん観た♪
スポンサーサイト

雑記。PageTop恋の門

Comment

恋の門も、腑抜け共~も大好きな作品です★
あたしは松尾スズキのキスシーンにときめいてしまいました。じじい好きの性癖です(笑)

サトエリの体、本当素晴らしいですよね。
ブログですっぴんさらしてるけど可愛いし!
妹もメガネかけてても美少女でしたよね。
永作さんと永瀬さんの乱闘(?)からの濡れ場が好きです。

●なおちゃん●

>あたしは松尾スズキのキスシーンにときめいてしまいました。
わっは!
そうかー!!笑
アタシは多分、自分がオッサンだから、オッサンにはまったくときめかないんですわー。
松尾スズキだったら、酒井若菜タンとチッスしたいわい笑

サトエリはホントやばい。
下着姿とか、半勃起モノだよねー。(こら)
清深役の子も可愛いね。ああいう素の美しさってホント羨ましいわ。

「腑抜け」サイコーだね。さすがはボス!
これ観て、原作者の本谷有希子にハマって、小説読み漁って、舞台まで観にいったよ。共通してるのは、登場人物みんながどこかイカレてるw
 小説だけど、『生きているだけで、愛』、超オヌヌメでつ。

●MGR●

いや、ほんとサイコで最高でした。(ダジャレだよ。プッ)
清深を刺してから、ラストまでがちょっと長いなって思ったけど、田んぼでの格闘中に澄伽が言った「これからが面白いんだから」のセリフで帳消し。
素晴らしかった。
澄伽も相当イカれてるけど、やっぱ清深だよなあ(笑)
澄伽と宍道の情事を、暗闇でホフク前進体制で覗いているところか。面白すぎるわ。

最近、本当に本を読むことがなくなったので、いつになるか分からないけど、
読みたいリストに剣客商売と共にいれておきます☆

そういえば、オールアバウトマイマザーも観たぉ!
でも、うまくレビュー書けなかった・・・

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://leoriver.blog75.fc2.com/tb.php/68-eb2ffb96

プロフィール

 C    

Author: C    
茅ヶ崎に住み茅ヶ崎で働く30代負け犬OLの偏りまくったシネマレビューです。
映画は大体月に6本~8本ぐらいレンタルして見てます。
(でもすぐ内容忘れちゃうw)
切なく純粋で余韻が残る系の映画が好き☆
時代背景は古いものがより好みで、
中世ヨーロッパが舞台の映画や、
80年代のアメリカの片田舎が舞台の映画を観ると内容に関わらずノスタルジックな気持ちになり鼻の奥がツーンとしてきます。
濡れ場は無い映画のほうが好きです。

レビューというほど大層なことは書けないので、部屋で友だちとDVD観ながらおしゃべりしてるような感じで書けたらなーと思ってます。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
最新トラックバック
検索フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。