スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイプライベート・アイダホ

●1991年【米】 上映時間:105分
●監督: ガス・ヴァン・サント
●キャスト: リバー・フェニックス(マイク)、キアヌ・リーヴス(スコット)、ジェームズ・ルッソ(リチャード)

【STORY】

鬼才ガス・ヴァン・サントの長編映画第2作。

ストリート・キッズのマイクは、ポートランドの街角に立ち、体を売っては日々暮らしていた。
彼には、緊張すると眠ってしまうという奇病がある。
そんなマイクの親友は、ポートランド市長の息子でありながら、家を飛び出し、やはり男娼をして生きているスコット。
ある日マイクは、彼を捨てた母を捜す決意をしたスコットと共に、兄リチャードが暮らす故郷アイダホへと向かう。
手掛かりを追ってスネーク・リバーそしてイタリアまで旅する2人。
しかし2人はイタリアで、お互いの進む道の決定的な違いを知らされる……。

【Review】
rating_05.gif

高校生の頃からずっと観たい観たいと思いながら何故か今まで観れなかった作品。
なんか、、も、リヴァーが好きすぎて苦しくなりそうで。
そしてやっぱり、観終わって苦しくなってしまったけど、今観て良かった気もする。

この映画はシェイクスピアの 『ヘンリーⅣ世』が原作のようですが、恥ずかしながら無教養な私は
その作品を全然知りませんでした。でも、この映画を観てものすごく気になりはじめました。
ドストエフスキーの罪と罰とともにいつか読むリストにくわえよう。

それにしても、、、、
この映画のリヴァーがほんっっっっっっっっっっっっっっとに美しすぎて参っちゃいましたよ。
ストーリーは、ぶっちゃけ、やや分かりづらくて可も無く不可もなくという感想で、
私的には、リヴァーが出ている作品の中では下のほうだなあという感じなのですが、
リヴァーのビジュアル・演技面ではこの映画がピカイチかもしれません。

彼の美しいけど痛々しくもあり儚くて消えてしまいそうな奇跡としか言えない存在感で、
鑑賞後、ものすごい余韻に包まれました。特に、焚き火の前でのスコットへの告白シーン。
本当に消え入ってしまうのではと思ってしまうほど、繊細で切ないシーンだった。
これだけのためにDVD買おうかと思えるほどです。てか買おう。

今生きてたら、どんな俳優さんになっていたんだろうってことばっかり考えてしまって苦しいッス。


river3.jpg
考え事をするリヴァーたん笑

river6.jpg
おっ、ラッキー金持ちそうな女だ、って顔をしているリヴァー

アタシ、一人で部屋で観てたんだけど、何回声に出して「かっ・・・・・こいい・・・・・」って言ったか。
画面を写メとりまくっちゃったし(きもい)。
本当にピストルで撃ち抜かれたように、衝撃的にかっこいいです。キューン・・・
また共演のキアヌが全然アタシのタイプではないから、さらにかっこよく見えちゃいました(笑)

river5.jpg
風呂入ってたって可愛い・・・笑

river4.jpg
膝枕で寝てたって美しい・・・・w

ていうか、リヴァーの演じる役って、なんだかいつも恋愛相手や濡れ場の相手が真っ当じゃない(というと失礼ですが)気がする・・・・。てか相手がオバサン(親世代)な率がすげー高い・・・・。
今回も、相手はオヤジばっかでウゲェェェって感じですよ。まー、似合うんだけどさそういう役。

普通に恋愛してたのは「旅だちの時」ぐらいじゃない??

・・・って、今回はレビューでも感想でもなく、ただのアタシのリヴァーへの熱い思いのぶちまけになってしまいましたw 
さーせん♪

マイ・プライベート・アイダホ デジタルリマスター版2枚組【初回限定生産 メモリアル・フォト集付】 [DVD]マイ・プライベート・アイダホ デジタルリマスター版2枚組【初回限定生産 メモリアル・フォト集付】 [DVD]
(2006/05/26)
キアヌ・リーヴスリヴァー・フェニックス

商品詳細を見る


スポンサーサイト

ブリジット・ジョーンズの日記PageTopマリー・アントワネット

Comment

こんにちは~^^

Cさん、こんにちは!
>シェイクスピアの 『ヘンリーⅣ世』が原作
私も知りませんでした・・・。

で、
>ドストエフスキーの罪と罰とともにいつか読むリストにくわえよう
って部分で笑(^○^)
私も常々、罪と罰とか、カラマーゾフの兄弟とか、いつか読もう!と思っています(読もう読もうと思って、結局読まないままになってしまいそう・・・)

Cさんは、リヴァーファンなのですね☆ ほんと惜しいです・・・生きていたらな・・・って思いますよね・・・。
弟さんは全然違った感じに成長され?活躍されてるものの、引退しただか、引退するとか・・って聞きました。

PS リンクさせていただきました~(^▽^)今後も遊びに来るのでよろしくお願いしまーす☆

●latifa さん●

きゃあきゃあ☆

コメントとリンク!ありがとうございます!!!
嬉しい~!!!!

そうなんですよ、私も、映画を観てから原作を知りましたw
結構予備知識無しで映画を観るほうなので・・・・笑

『いつか読むリスト』
増える一方で全然消化できてません(笑)
むしろ、昔に比べて本を読む

>リヴァーファン
そうなんです、、、中学生の頃から永遠に大好きです☆

>生きていたらな・・・って思いますよね・・・。
ホント、心から思います。なんで今いないんだろう、、って。

こちらこそ、またワクワクしながら遊びに行きますんで、
これからもどうぞよろしくお願いします!!

アタシは、この映画って、絵画みたいなものなんじゃないかと思うんですよね。役者を楽しむために観るっていうか・・・。

つか、ガスたんの趣味丸出しで!

●チュチュ姫さん●

あー!!
確かにっ!!!!!
絵画と言われてものすごく納得です!

ストーリーはイマイチでしたが、
めっちゃ目の保養になりましたし。
この映画のポストカード欲しいです。

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://leoriver.blog75.fc2.com/tb.php/53-d580ba1c

「マイ・プライベート・アイダホ」感想

前から見たいと思いつつ、16年も経って、やっと見たという有様・・・。

プロフィール

 C    

Author: C    
茅ヶ崎に住み茅ヶ崎で働く30代負け犬OLの偏りまくったシネマレビューです。
映画は大体月に6本~8本ぐらいレンタルして見てます。
(でもすぐ内容忘れちゃうw)
切なく純粋で余韻が残る系の映画が好き☆
時代背景は古いものがより好みで、
中世ヨーロッパが舞台の映画や、
80年代のアメリカの片田舎が舞台の映画を観ると内容に関わらずノスタルジックな気持ちになり鼻の奥がツーンとしてきます。
濡れ場は無い映画のほうが好きです。

レビューというほど大層なことは書けないので、部屋で友だちとDVD観ながらおしゃべりしてるような感じで書けたらなーと思ってます。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
最新トラックバック
検索フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。