スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JUNO

●2007年【米・カナダ・ハンガリー】 上映時間:96分
●監督: ジェイソン・ライトマン
●キャスト: エレン・ペイジ( ジュノ)、マイケル・セラ( ポーリー)、ジェニファー・ガーナー(ヴァネッサ)

「JUNO」公式サイト↓
<http://movies.foxjapan.com/juno/>

【STORY】

16歳のジュノ(エレン・ペイジ)は、ギターとB級ムービーが大好きなハイスクールの2年生。
特に恋人でもない男友達と興味本位から関係を持ち妊娠してしまう。
「さっさと終わらせたい」とクリニックに行くが、中絶反対を呼びかける学生の言葉に踏みとどまる。
しかし母親になる気などさらさらない彼女は、
親友のリア(オリヴィア・サルビー)の提案でタウン誌の募集欄に出ていた
里親希望の子供のいないカップルに、赤ちゃんを譲り渡すことに決める。

父マック(J.K.シモンズ)と継母ブレン(アリソン・ジャネイ)は驚くが、
娘の意思に理解を示しバックアップすることに。
お相手の陸上部のお坊ちゃんブリーカー(マイケル・セラ)は頼りなく蚊帳の外だ。
里親になるヴァネッサ(ジェニファー・ガーナー)と、マーク(ジェイソン・ベイトマン)は
経済的にも人格的にも理想のカップルのようにみえたが意外な落とし穴が。
大きくなったお腹を抱え大人社会の事情に直面するジュノが下した決断は、
そして彼女にみえたものは……!?

【REVIEW】
rating_05.gif

全体的に、キュートでポップな映画という印象でした。テーマは重いけど軽いタッチ。
うん、なんか映像とかすごい可愛い。特に冬の映像がとても好き。
オシャレなティーン向けのファッション誌(“olive”みたいな)って感じ。
あと、冬野さほの漫画のようなイメージでもあったな~☆


お話自体にはとても面白かった!全然飽きなかったし、笑える部分もあったり。
・・・だけど、釈然としないところも多々ある映画でした。

多分、それって、アタシがもう古い考えのオバサンだからだと思います。なんとなく。
あと、日本人だからかなあ??
まず、里親という制度があんなに身近に無いから、
望まない妊娠をしてしまったら欲しい人に上げればいい、というまるでペットみたいな感覚がどうしても分からない。
そりゃ堕ろしてしまうよりはいいかもしれないけど、まずぞの前にだね、産めないのなら好きでもない男と避妊しないセックスをすることがどーたらこうたら・・と思わず説教じみたことを考えてしまいます。

まあ、それ言っちゃったらお話が成立しないけどね(笑)
アメリカでは合理的に”需要と供給”を調整する機能が発達しているっていうけど、
それは素晴らしい考えだけど、対人間となるとその感覚にちょっとついていけないかも・・・。

しかし、ジュノが妊娠を告白したときの両親の対応に驚きでした。
ちょっとは戸惑ってたけど、それにしたってアッサリ受入れすぎだろーっつって。
しかもバックアップまでしちゃって。
父親が、相手の男の子を怒鳴りつけるでも殴りこみに行くでもなく、
なんなら相手の男の子の家庭のことを考えて、このことは言わないでおく、、だなんて、
どんだけ物分かりのいい親なんだよ~。

両親以外の周りの対応も結構衝撃というか、ホントにこんななの??って思ってしまいました。
思いっきりお腹が大きくなっているのに、普通に学校に行ってるし、、、
まあ、違う見方をすれば、オープンな環境でストレスなさそうでいいな、って思ったりもするし、
日本でこういうテーマを扱った映画やドラマって、もっと暗くていろんな意味でバイオレンスで、
アタシは好きじゃないので、
やっぱり、釈然とはしないけど、こういうジュノみたいな作品のほうがいいかもなあー。

ところで、主人公のジュノなんだけど、、すごく可愛いなあと思う反面、
身近にいたら無理かも、、と思う部分もたくさんありました。笑
性的にも言動的にも奔放でサブカルチャー好みのちょっとエキセントリックで
周りの目なんて気にしない、、、自分というものを持ちすぎてる16歳。うーん、、苦手かも(笑)

お腹の子の父親でもある、ポーリーにジュノが惹かれるのもイマイチ共感できない。
だって、自分だって無責任なセックスの片棒担いでるわけなのに、一切関与しようとしないんだもん!
それなのに、他の女子と付き合うみたいなこと言い出すし、
それを責めたら「先に振ったのは君だろ」とか言っちゃう幼さ!
めっちゃイライラしたわ。

あ、そうそう、この映画の中ではジュノと継母とのやりとりがすごく良かったです。
普通なら継母というと悪役だったりするのに、ギクシャクしたり、
変に継母が気使ってるとかが全然なくて、お互い言いたいこと言うし、
ちゃんとジュノのことを親身に考えていて、
ゴム入りのジーンズを縫ってくれたり栄養のある食事を作ってくれたり、
超音波で赤ん坊を見たときには涙ぐんだり、、、
とまるで実母かそれ以上かのように素敵な関係でした。
私的にはこのあたりがホロリポイントでした。

10068685446.jpg

しかも、超音波技師の失礼な言葉に対するこの継母のイヤミが、本当に痛快で、
アタシも思わず心の中でブラボー!!と拍手を送りました笑

あと犬の写真の切り貼りしている継母に向って、別のことで言い争っていたジュノが
「てゆーか、犬飼ってないし!!!!」っていきなりツッコむところがすごい好き(笑)

そうそう、途中で出てきたカーペンターズのトリビュートアルバム。
あれ、アタシも持っててすっごい聴いてたので親近感でしたw
ソニックユースのカバーもいいけど、少年ナイフのトップ・オブ・ザ・ワールドが最高でス!
思い切り余談ですが。笑


JUNO/ジュノ <特別編> [DVD]JUNO/ジュノ <特別編> [DVD]
(2008/11/07)
エレン・ペイジマイケル・セラ

商品詳細を見る
スポンサーサイト

ゲームPageTopドリーマーズ

Comment

Re: JUNO

カーペンターズのトリビュートアルバム、わたしも持ってて
めちゃめちゃ聴きました!!
少年ナイフの曲を目当てで買いましたが、
ソニック・ユースのとかがツボで大好きです。


わたし的ほろりシーンはショッピングモールでヴァネッサと
ばったり会ったとき、おなかを触らせるか音を聞かせるかして
(記憶が曖昧すぎる)、そのときのヴァネッサの表情が
まだ産まれてもない子供に対する愛が溢れてて・・・
あれはほろりというよりむしろ号泣でした。


文化的なものかもしれませんが、わたしも里親制度に
あんまり違和感というか抵抗がないので、もし自分に
子供ができなかったら里子を迎える予定です。


そんで、彼氏のポーリーは確かに情けないんだけども
わたしはこの俳優さんが大好きなのでとりあえず
「きゃわいい!」という感想しかなかったですw



Re: JUNO

i-265えいみさんi-265

きゃ~i-236
マジですか!
あのアルバム、ほんといいですよね。
そもそも、カーペンターズは名曲揃いですもんね~!!!

あ!!!!
その場面、私もすごい印象深いです。
特に、お腹に話しかけてたときに、
赤ちゃんがお腹を蹴ったのを感じた時のヴァネッサの表情!
私は感情移入は出来なかったんですけど、
すごい良い表情するなあ!!!と思って観てました~

>もし自分に子供ができなかったら里子を迎える予定です。
ええっ!!!!
ホントにっ???
アタシは上げるほうならまだしも、もらうのは絶対無理かも・・・・。
ただでさえ子供が嫌いだし欲しくないのに他人の子なんてマジ無理です。
この映画を観てても、ヴァネッサの気持ちが本当に理解できなくて
そこだけが残念だったのですもの。逆にマークに共感できました。
だから、里親になれる人って本当に尊敬しちゃいます。

ポーリー役の俳優さん、この映画で初めて知りました。
なんかキャラも体つきもヘナヘナだなあ~と思って観ちゃってました(笑)
スイマセンw
まあ、若いからしょうがないですよね情けなくても笑

Re: JUNO

なるほど~
これはヴァネッサかマークのどちらかに
共感できるはずだからよいのかも!

わたしはここ最近子供が好きになってきたのもありますが
前々から自然とそういう考えを持ってました。
日本では里子というとあんまり幸せなイメージはないですが
たとえばアメリカでは「あなたは本当の子じゃないのよっ」
という感じではなく、「パパとママはたくさんいる中から
あなたを選んだのよ」っていう、愛にあふれた接し方が普通だと思うので
そういうのって素敵だな~と思って。
子供が出来ないなら何年もつらい不妊治療をして最終的に
悲しい思いであきらめる、っていうのがどうも納得できない
っていうのもあります。

Re: JUNO

i-265えいみさんi-265

確かにそうですね~!
なんとなく、精神的に子供な人(私含む)は
マークに共感する気がします。

アメリカの里子に対する考え方、
とっっても素敵ですね~e-420e-420
確かに日本だと後ろ暗いイメージが少しありますよね。
というか、身近じゃないんでしょうね。

>子供が出来ないなら何年もつらい不妊治療をして最終的に
>悲しい思いであきらめる、
あー、、、私はきっと出来たら出来た、出来ないなら出来ない、
って考えなので、不妊治療のことは頭をよぎらないと思うけど、
でも、もしものすごく、子供を望んでいたとしたら、
えいみさんと同じく不妊治療より里子を選ぶかもしれません。
えいみさんのコメント、目からウロコでした。

Re: JUNO

Cさん、

あーコレ観たからコメくれたんですね。ごめんね、うちTBできなくて。これからはコメ欄にリンク貼ってくださいね!

ジュノや周りの人に対するCさんの釈然としない気持ち、わかります。ものわかり良すぎるのよね。人間って、「ああ!私ってなんてダメ人間なの!!」と思いながら生きているものだから、そういうのには共感するんだよね。だからマークに共感したんではないでしょうか(爆)

あとさ、あの継母とかお父さんとか良い人だったけど、ジュノのキャラは全くあのままで、親が頑固なわからずや、とかの方がジュノに肩入れできたかもね。

Re: JUNO

i-265chuchuさんi-265

そうなんですよ、
影響受けちゃうから、なるべく観てない映画の
レビューは読まないようにしてて。
で、やっとJUNO借りれて観れたんで、嬉々としてchuchuさんの読ませて頂いちゃいました。

>だからマークに共感したんではないでしょうか
あーーーーーー。
ホント、そうなのかもしれないですね~。
とんとん拍子な出来事や、ポジティブシンキングにリアリティを感じられない悲しい性質なのかもー。

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://leoriver.blog75.fc2.com/tb.php/50-ef564896

プロフィール

 C    

Author: C    
茅ヶ崎に住み茅ヶ崎で働く30代負け犬OLの偏りまくったシネマレビューです。
映画は大体月に6本~8本ぐらいレンタルして見てます。
(でもすぐ内容忘れちゃうw)
切なく純粋で余韻が残る系の映画が好き☆
時代背景は古いものがより好みで、
中世ヨーロッパが舞台の映画や、
80年代のアメリカの片田舎が舞台の映画を観ると内容に関わらずノスタルジックな気持ちになり鼻の奥がツーンとしてきます。
濡れ場は無い映画のほうが好きです。

レビューというほど大層なことは書けないので、部屋で友だちとDVD観ながらおしゃべりしてるような感じで書けたらなーと思ってます。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
最新トラックバック
検索フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。