スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカン・ビューティー

●1999年【米】 上映時間:117分
●監督: サム・メンデス
●キャスト:  ケヴィン・スペイシー、アネット・ベニング、ゾーラ・バーチ、ミーナ・スヴァーリ

アメリカン・ビューティーアメリカン・ビューティー
(2008/10/17)
ケビン・スペイシーアネット・ベニング

商品詳細を見る
 

【Story】
アメリカの郊外で生活するレスターは、妻のキャロリンと高校生の娘ジェーンの3人暮らし。
プライドの高い妻との仲は冷え切り、娘も反抗期を迎えて、両親とほとんどしゃべろうとはしない。
キャロリンは娘とコミュニケーションをとるきっかけにと、チアガールをするジェーンを観に、レスターと出かける。
が、そこでレスターが出会ったのはジェーンの友だちのアンジェラ。レスターは一目でアンジェラに心を奪われ、ジェーンはそんな父をより軽蔑するようになる。


【Review】
rating_04.gif

アカデミー賞総舐め作品ってことで、それっぽい感じなんだろうな~(←上手く言えないけど)
と思って観たら全然違った。こんなブラックな作品だと思わなかったー。
1年ぐらい前に観たので、ちょっと内容忘れ気味だけど、
なんとなくシュールで、でも、きっとどこにでもあるような有りふれた日常なのかもしれないなと感じた。そこが怖い。

出てくる人全員が光と闇を持っていて、
普段は闇の部分を押え付け、光の部分だけを人に見せて虚勢を張ったりしているけど
一人になると闇の部分が表に出てくる。
自分の人生を後悔したくない、退屈なものにしたくないと言う思いに捉われすぎたり、
闇を押え付けていることへで葛藤も生まれてコンプレックスにさえ感じ、病んでしまっているようにも見える。
主人公は、そんな闇の部分をバーンとさらけだしたことで、幸せに暮らせるようになったっていう皮肉な話で・・・。
そうなってくるとどっちが闇なのか分からないっていうね。

映像も、光と闇が強調されてた。
ラストは衝撃的です。

それにしても、ケビン・スペイシーの演技は最高ですね!表情とかたまらんね。
娘の友達で妄想してオ○ニーしたり、いきなりハンバーガーショップで働き出してみたり、
筋トレしながらマリファナ吸ったり、妻に、思いっきり毒づいてみたり、面白いったらありゃしないw
死んでしまうなんて残念すぎる、、、って思うけど、彼は今までの生に感謝していたし幸せそうだった。
アンジェラに出会えて良かったねっ☆って。

そうそう、
そのケビン・スペイシー扮するレスターの妄想相手のアンジェラを演じてたミーナ・スヴァーリがもう、めちゃくちゃ可愛くて可愛くて、そりゃお父さんも一目ぼれするわーって感じでした。
加藤ローサ似ですw
アタシもハート打ち抜かれたわ。
てか、この子アメリカン・パイにもコーラス部の女子役で出てたねぇ。
この間アメパイ観てて気づいたよ。全然キャラ違うけどねw

あと、超細かいんだけど、アンジェラに「ちょとセブンティーンに載ったぐらいで調子にのるな」的なことをいう女の子の表情がマジ最高です。そこだけでも観てほしいぐらい(笑)

ただ、ここまで書いておいてなんですが、
私にはこの映画の独特な雰囲気があまり肌には合わなかったみたいです。
つまらないわけじゃないんだけど、うーん、、言いたい事がよく分からないなぁ、という感じ。
メッセージが分かりづらく散りばめられているからか、観客に解釈をゆだねすぎじゃね?みたいな?

アタシの感性では、ゴミ袋が舞ってるシーンを美しいとは思えなかったし。。。

レスターの妄想の中で、アンジェラがジッパーをおろすと薔薇が次々と飛び出してくるところとか、
キスをしたあと口の中から薔薇の花びらが出てくるシーンとかは好きだけど。

でもきっと、この感性が合う人は、何もかもがツボなんだろうな~。
かなり観る人を選ぶ映画だと思いますね。
アタシみたいな単純女には向いてないです(笑)
スポンサーサイト

アビエイターPageTop殺したいほどアイ・ラブ・ユー

Comment

実はあたし、結構ツボでしたコレw
でも、好き嫌いわかれるな、っていうのはあたしも感じました!
「??」ってなる場面もあったしなー!
友達と見た記憶があるんですが、なんか爆笑した記憶があります。
多分、息子が隣のおっさんのを咥えていると父親が勘違いした場面だった気が・・・w
中学生だったからなあ~

i-265なおちゃんi-265

なおちゃんはツボだった??そっかー。
アタシは、なんていうか、面白いは面白いんだけど、
言いたいことがよく分からなかったんだよねー。

何かで読んだけど、この映画は通好みする映画みたい。
だから中学生でこの映画がスキって思ったなおちゃんの感性はすげぃよ!!!
あ、その勘違いシーンはウケるよねww
展開読めたけどw

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://leoriver.blog75.fc2.com/tb.php/42-7963265e

プロフィール

 C    

Author: C    
茅ヶ崎に住み茅ヶ崎で働く30代負け犬OLの偏りまくったシネマレビューです。
映画は大体月に6本~8本ぐらいレンタルして見てます。
(でもすぐ内容忘れちゃうw)
切なく純粋で余韻が残る系の映画が好き☆
時代背景は古いものがより好みで、
中世ヨーロッパが舞台の映画や、
80年代のアメリカの片田舎が舞台の映画を観ると内容に関わらずノスタルジックな気持ちになり鼻の奥がツーンとしてきます。
濡れ場は無い映画のほうが好きです。

レビューというほど大層なことは書けないので、部屋で友だちとDVD観ながらおしゃべりしてるような感じで書けたらなーと思ってます。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
最新トラックバック
検索フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。