スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うる星やつら 完結編

●1988年【日】 上映時間:85分

うる星やつら 完結篇 【劇場版】うる星やつら 完結篇 【劇場版】
(2000/06/21)
平野文古川登志夫

商品詳細を見る


【Story】
ある日、黒ブタの馬車に乗った黒づくめの少年“ルパ”がラムの前に現れる。
彼は曾祖父さん同志が決めたラムの許嫁だと名乗り、ラムに指輪をはめさせる。その瞬間、
ラムの特殊能力はなくなり、彼女はルパにさらわれてしまう。ラムが連れていかれた先は、
闇の宇宙。そこではラムとルパの結婚式の準備が進められていた。
あたるはラムを救出するために闇の宇宙へ向かうが、ルパの巧みな妨害工作によってラムとケンカ
してしまい、結局彼女を置いて地球に戻ってしまう。
ところが、地球で起こった間抜けな事件の解決策として、ルパの持つブタが必要になり…。
ラムはブタを提供する条件として、初めて出会った日と同じ鬼ごっこを要求してくるのだった!
劇場版『うる星』シリーズでは唯一の原作付き作品で、最終章「ボーイミーツガール」をほぼ忠実にアニメ映画化している。

【Review】
rating_06.gif

うわー、公開されたのってもう20年も前になるんだねー。アタシも年をとるわけだーw
うる星やつらは、漫画も集めてたし、アニメも毎週楽しみに観てた大好きな作品なのです。
出てくるキャラがみんな非常識なところがすごくイイ(笑)
ちなみに、一番好きなキャラはあたるだけど、弁天とさくらも好きです。
あんなにハチャメチャなギャグ漫画なのに、そこらの映画より泣けて感動できる要素も盛りだくさんなんだよなー。
やっぱアタシの泣きの原点は「ハイテンションの中に垣間見える切なさ」なのですね。

映画化も何本かされていて、全て観ていますが、この完結編が一番好き!!!!

てか!!!!

ラストのラムとあたるの意地っ張り同士の鬼ごっこではボロ泣きでした。
あたるの「言葉にしなきゃ分からんのか・・・・」という独り言からウルっと来てたんですが、
いつもあたるとケンカばかりしていたテンちゃんが「お前のこと忘れたくない」と、
あたるが寝てるときに言うシーンで涙が溢れ、
好きって言え、と言われて、かたくなに言わなかったあたるに、観てるこっちもヤキモキしているところで、
「こんな状況で好きだと言ったら、本当かウソかわからんだろうが・・・」と一人呟いたシーンでもう大号泣。
ラムのツノが転げ落ち、回想シーンに入ったところでは嗚咽を上げてましたよ。笑

あたるは自分はめちゃくちゃ浮気性なくせに、
ラムがちょっとでも他の男と仲良くしてると怒るのな~。ホント自分勝手だけど、根っこは誠実で一途なんだね。

・・・・・アタシってもしかしたらツンデレ萌えなのかも(笑)

スポンサーサイト

スタジオジブリ作品PageTopジミー さよならのキスもしてくれない

Comment

あー
あたしは小さい頃から何度もビデオでみていました

あんなに小さかった自分も、見る度切ない気持ちになれたし、何歳のときでも夢中だったなあ。

いま、恋心がわかる歳になって、Cサンのレビューでメラメラと観たい気持ちになりました(笑)

あたしもネット予約とやらを試してみようかなあ…

i-265なおちゃんi-265

おおっ!!
こんな身近に、うる星映画観てる人いたー!
ヤバイよね、この完結編は・・・・アタシも何度も観てるけど観るたび号泣しちゃう。
また、あたるがさー、結局最後まで好きって言わないんだよね。
「いまわのきわに言ってやる」とかいってさ!そこがまたイイ!!!

ネットレンタル、オススメだっちゃ☆

うわー!!これ映画があっただなんて知らなかった!
私もうる星やつらは大大好きで小さい頃から全巻持ってましたが
このラストの1冊だけが切なすぎてあまり回数は読んでません。

わたしはウサギのいなばくんが大好きでした。
ああいう人、今でもタイプかも!
あと残酷すぎるお雪ちゃんとかも好きです。

i-265えいみさんi-265

>このラストの1冊だけが切なすぎてあまり回数は読んでません。
すごいわかるー!!!!!
アタシも最終回あんまり覚えてなかったから、
映画観ていっそう大号泣だったわー。
切ないけどファンなら是非観てほしい~!!

ちなみに、奇面組もそんな感じだったなー・・・。

いなばくん、可愛いですよね。
“しのぶ”とイイ仲になるところが、なんだか人事とは思えません(笑)
お雪ちゃん、淡々と酷いこと言ったりしたりするからウケるw

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://leoriver.blog75.fc2.com/tb.php/35-5fc047d0

プロフィール

 C    

Author: C    
茅ヶ崎に住み茅ヶ崎で働く30代負け犬OLの偏りまくったシネマレビューです。
映画は大体月に6本~8本ぐらいレンタルして見てます。
(でもすぐ内容忘れちゃうw)
切なく純粋で余韻が残る系の映画が好き☆
時代背景は古いものがより好みで、
中世ヨーロッパが舞台の映画や、
80年代のアメリカの片田舎が舞台の映画を観ると内容に関わらずノスタルジックな気持ちになり鼻の奥がツーンとしてきます。
濡れ場は無い映画のほうが好きです。

レビューというほど大層なことは書けないので、部屋で友だちとDVD観ながらおしゃべりしてるような感じで書けたらなーと思ってます。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
最新トラックバック
検索フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。