スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザ・ビーチ

●2000年【米・英】 上映時間:118分
●監督 :ダニー・ボイル
●キャスト レオナルド・ディカプリオ、ティルダ・スウィントン

ザ・ビーチ (特別編) (ベストヒット・セレクション)ザ・ビーチ (特別編) (ベストヒット・セレクション)
(2007/10/24)
レオナルド・ディカプリオ

商品詳細を見る



【STORY】
一人旅でタイにやってきたリチャード (レオナルド・ディカプリオ) は安宿で知り合ったダフィから、
伝説のビーチの場所を記した地図を渡される。宿の隣室だったフランス人カップルを誘って、
地図を元にある島にたどり着く。
そこは地元の農民がヤミで大麻を栽培していたが、その奥には
「ビーチリゾートが嫌いな人のためのビーチリゾート」として小さなコミュニティが成立していた。
国籍はさまざまで自分の仕事をしつつ遊び、大麻を吸い、セックスをしているという享楽の楽園だった。
ところが、メンバーの一人がサメに襲われ半死半生となり、
彼が渡した地図のコピーを元にしてこの島にたどり着いた別の旅行者が、
農民に射殺されることによって、楽園は崩壊への道をたどっていく。

【REVIEW】
rating_05.gif

色んな人のレビューを見ていると、あんまりこの映画の評価は高くないみたいだけど
私は悪くないと思いました。

確かに、言いたいことは結局なんだったのかイマイチ分からないし、
究極の楽園、というにはあんまり魅力が感じられないようなビーチだし
(ちなみに、紅の豚のポルコの隠れ家にソックリでした笑)
だから、そこに固執する理由もイマイチ不明確なんだけど、
非日常を求め、たどり着いた楽園でそこに簡単に染まってしまう若者の脆さとか弱さ・好奇心が
上手く描かれていたんじゃないかなあと思う。

それから、享楽の楽園を守るために、それを邪魔するものを排除しようとする楽園の長の狂気、
そしてそれに後ろめたさを感じつつも、見て見ないふりをしている仲間なんかも、
見ていて嫌な気持ちになりつつ、私もその場にいればそうなるだろう、と怖くなった。

中盤、レオ演じるリチャードが、日用品の買い物のために長と繁華街へ出る場面があるんだけど、
そこは混沌とし、無法者や非常識な若者が酒を飲みゲロを吐き踊り騒いでいる。
前はそれをなんとも思わず、むしろそこに身を置いていたはずなのに、
楽園を知ってしまったらもうそこへは戻れないし、
こいつらがもし自分達の楽園の場所を発見してしまったら、同じように堕ちていってしまう、と懸念し、
なんとしてでもよそ者を島に入れたくない、と考えるのは、私も、そういう場所・人が苦手なのでよく分かる。
でも、自分達だって最初はヨソ者だったくせにね(笑)
若者にありがちな「自分は他人とは違う」という思いこみやそれに伴う排他意識が浮き彫りになっていて、
なんとなく自分にもあてはまり、恥ずかしくなった。

それから、本題とはあんまり関係ないけど、
「誰かを好きなったばかりの頃は、その人の趣味や思考が全て運命的なものに見え、
輝いて見えるが、付き合いが長くなってくると、その趣味や思考が逆にイライラの原因となってくる」
というようなセリフがあって、なんだかハっとさせられました。
長く付き合ってるカップルに別れが近づいた時によく観られる兆候だなと。
本人たちは気づいてないことが多いけどね。


ビーチはそこまで綺麗って感じではなかったけど、
夜の海のシーンは本当に幻想的で美しかったです。
それにしても、レオったら本当に水中のキスシーンがお似合いね

ちなみに、この映画に使われている音楽が素晴らしく、サントラ買っちゃいました!!
幻想的なテクノや青く透明な海を思わせるオールセインツの曲など満載なのです☆
他にもSugar Ray とかUnderworld 、Blur、orbitalなんかも入ってるし!!

普通にオムニバスとして最高クラスなんですけど個人的に!


※all saints "pure shores"


その音楽の良さも手伝って4点献上
スポンサーサイト

タイヨウのうたPageTopあのころ僕らは

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://leoriver.blog75.fc2.com/tb.php/30-81a03d65

「ザ・ビーチ」「28日後・・・」ダニーボイル

「スラムドッグミリオネア」を見た後、ダニーボイル監督の他の映画も見てみようかな・・・と思い立ちました。

プロフィール

 C    

Author: C    
茅ヶ崎に住み茅ヶ崎で働く30代負け犬OLの偏りまくったシネマレビューです。
映画は大体月に6本~8本ぐらいレンタルして見てます。
(でもすぐ内容忘れちゃうw)
切なく純粋で余韻が残る系の映画が好き☆
時代背景は古いものがより好みで、
中世ヨーロッパが舞台の映画や、
80年代のアメリカの片田舎が舞台の映画を観ると内容に関わらずノスタルジックな気持ちになり鼻の奥がツーンとしてきます。
濡れ場は無い映画のほうが好きです。

レビューというほど大層なことは書けないので、部屋で友だちとDVD観ながらおしゃべりしてるような感じで書けたらなーと思ってます。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
最新トラックバック
検索フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。