スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅立ちの時

●1987年【米】 上映時間:116分
●監督: シドニー・ルメット
●キャスト: リバー・フェニックス、ジャード・ハッシュ、マーサ・プリンプトン

旅立ちの時旅立ちの時
(2007/12/07)
リバー・フェニックスマーサ・プリンプトン

商品詳細を見る


 
【STORY】
指名手配中の両親を持つ少年が、やがて親の手を離れ自立するまでの姿を描いたヒューマン・ドラマ。
60年代の反戦運動でテロリストとしてFBIに指名手配された両親と共に、
名を変え各地を転々と逃亡生活を送る少年ダニー。彼がニュージャージーにやって来た時、
その地で音楽教師をするフィリップスに才能を認められ、またその娘ローナと恋に落ちる。
そんな折、両親を訪ねてきたかつての同志が銀行強盗で逮捕される……。

【REVIEW】
rating_06.gif

ヤバイ!!!
素晴らしい映画に出会ってしまった!!!!!!
ラスト、めちゃくちゃ泣けました。
そしてリヴァー・フェニックスが若くして亡くなったのが惜しいとつくづく実感します。

両親が反戦運動のテロリストて指名手配されているから、子供達も行く先々で名前を変えながら
逃亡生活をしているんだけど、子供には何の罪も無いのに思いっきり親の身勝手に巻き込まれて、
色々なものに抑え付けられているのに家族の絆は強く、リバーふんするダニーはそんな状況にキレたり腐ったりすることがなく、淡々と受け入れている。そこがなんとも言えず切なくなる。

リヴァーの鋭くて儚い演技はもちろん、他の俳優さんたちの演技も素晴らしかった。
アニーが去る時、父親が泣きそうになる表情。ダニーがローラと別れる時の表情。
最後の父親の笑顔。くっきりと心に刻まれます。

余談ですが、リヴァーはローラ役のマーサ・プリンプトンと実際に恋人同士だったみたいです。
それを知って観ると、またなんだかグっとリアルさが増して良くなりますね~。キューン。

私はこの映画はもちろん、
それだけでなく、60年代~80年代のアメリカが舞台となっている映画に妙に心惹かれます。
ストーリーに関係なく、ちょっと田舎の町並みや、そこに住んでる人々の生活感と、
セピアがかったというか、モヤがかかったような映像とが相俟って
なんとも言えない気持ちになって鼻の奥がツンとしてくるのです。
んー、私の貧相なボキャブラリーでは上手く伝えられないのですが・・・・。

私が小学校3年生までを過ごした横浜の町と、
そこでの生活を思い出すときの映像と似ていてノスタルジックな気持ちに陥ってしまうのです。
この映画も、まさにそんな感じで、より一層心に残る映画となりました。


購入しました☆
スポンサーサイト

あのころ僕らはPageTopきょうのできごと

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://leoriver.blog75.fc2.com/tb.php/27-15f5774e

プロフィール

 C    

Author: C    
茅ヶ崎に住み茅ヶ崎で働く30代負け犬OLの偏りまくったシネマレビューです。
映画は大体月に6本~8本ぐらいレンタルして見てます。
(でもすぐ内容忘れちゃうw)
切なく純粋で余韻が残る系の映画が好き☆
時代背景は古いものがより好みで、
中世ヨーロッパが舞台の映画や、
80年代のアメリカの片田舎が舞台の映画を観ると内容に関わらずノスタルジックな気持ちになり鼻の奥がツーンとしてきます。
濡れ場は無い映画のほうが好きです。

レビューというほど大層なことは書けないので、部屋で友だちとDVD観ながらおしゃべりしてるような感じで書けたらなーと思ってます。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
最新トラックバック
検索フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。