スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イン・ハー・シューズ

●2005年【米】 上映時間:131分
●監督: カーティス・ハンソン
●キャスト: キャメロン・ディアス、トニ・コレット

イン・ハー・シューズイン・ハー・シューズ
(2006/04/07)
キャメロン・ディアストニ・コレット

商品詳細を見る



【STORY】
周りが羨むスタイルと美貌を持ちながら、
難読症というハンディキャップがコンプレックスとなっているマギー。
一方、姉のローズは弁護士として成功しているものの、自分の容姿に自信が持てずにいた。
定職にも就かず、ローズの家に居候していたマギーはある時、
ローズの留守中に訪ねてきた彼女の恋人にちょっかいを出してしまい、
怒ったローズに家を追い出されてしまう。どこにも行く当てのないマギーは、
仕方なく亡くなった母方の祖母エラのもとを訪ね、
彼女が世話役をする老人たちの施設で働かせてもらうのだが…。

【REVIEW】
rating_14.gif

キャメロンディアス、ってだけでラブコメ物かと思ってたんだけど、
予想を反して、上質のヒューマンドラマでした。

私にも妹がいるからか、共感する部分も多く楽しめました。
まあ、私の妹はあんなに奔放じゃないけど・・・むしろアタシのほうが・・・ry

最初は、キャメロン扮するマギーのしたたかさや無神経っぷりにイライラして、
姉のローズがマギーに男を寝取られたところではそれがMAXになって、こんな映画楽しめない!!
と思ったけど、だんだん、マギーのコンプレックスや心の葛藤などが見え始め、
老人ホームに居候しはじめてからのマギーのエピソードには何度かホロリとさせられました。

特に、教授とのやりとりと、息子の結婚式にオシャレしてこい、と言われたおばあさんに
靴とスーツを選んであげるところはかなりグッときました。
それから、とことんついていないローズがサイモンという男性と出会い、恋愛に発展していく描写も
すごく可愛くてなんだか私の気持ちも高まってしまいました(笑)

女同士の姉妹って、親友でありライバルでもあります。
すごく近くて、近すぎてすぐ喧嘩して、でも絆は誰よりも強くて、、っていう関係。

「マギーを殺したくなる時もあるけど、そんなことはしない。マギーがいないと自分を見失う から」
というセリフに心を掴まれました。

姉妹がいる人には是非見てほしい作品でした。

あ、あとキャメロンは老けたねぇ、やっぱ。
でも老けたって可愛いし超スタイルいい!!足なげー!!!一見の価値アリ☆
スポンサーサイト

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャンPageTopブラッド・ダイヤモンド

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://leoriver.blog75.fc2.com/tb.php/24-870af799

プロフィール

 C    

Author: C    
茅ヶ崎に住み茅ヶ崎で働く30代負け犬OLの偏りまくったシネマレビューです。
映画は大体月に6本~8本ぐらいレンタルして見てます。
(でもすぐ内容忘れちゃうw)
切なく純粋で余韻が残る系の映画が好き☆
時代背景は古いものがより好みで、
中世ヨーロッパが舞台の映画や、
80年代のアメリカの片田舎が舞台の映画を観ると内容に関わらずノスタルジックな気持ちになり鼻の奥がツーンとしてきます。
濡れ場は無い映画のほうが好きです。

レビューというほど大層なことは書けないので、部屋で友だちとDVD観ながらおしゃべりしてるような感じで書けたらなーと思ってます。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
最新トラックバック
検索フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。