スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バレンタインデー

●2010年【米】 上映時間:125分
●監督 ゲイリー・マーシャル
●キャスト
ジェシカ・アルバ(モーリー)
キャシー・ベイツ(スーザン)
ジェシカ・ビール(カーラ)
ブラッドリー・クーパー(ホールデン)
パトリック・デンプシー(ハリソン)
ヘクター・エリゾンド(エドガー)
ジェイミー・フォックス(ケルビン)
ジェニファー・ガーナー(ジュリア)
トファー・グレイス(ジェイソン)
アン・ハサウェイ( リズ )
アシュトン・カッチャー(リード)

バレンタインデー [DVD]バレンタインデー [DVD]
(2010/11/03)
アシュトン・カッチャー、ジェニファー・ガーナー 他

商品詳細を見る



【STORY】
2月14日、ロサンゼルス。バレンタインデーのこの日、リード(アシュトン・カッチャー)は同せい中のモーリー(ジェシカ・アルバ)にプロポーズ。しかし、仕事の途中で自宅に立ち寄るとモーリーが荷物をまとめていた。一方、教師のジュリア(ジェニファー・ガーナー)は親友のリードのアドバイスで、恋人のハリソン(パトリック・デンプシー)の出張先に押し掛けようとするが……。


【REVIEW】
ウッカリ昨日のバレンタインデーに観ました(笑)
やだびっくり。

乙女か!ゆうてな。

外は雪で、温かいお部屋で、ロイズの生チョコをつまみにシャンパン飲みながらマターリと鑑賞するには、
素晴らしくちょうど良い映画でした。
二丁拳銃のネタに加えて欲しいぐらい「ちょうどええ」感じ。

まあ、ぶっちゃけラブ・アクチュアリーの2番煎じ感も否めませんけど、オーゲーオーゲーw
愛を深く考えるような作品ではないけど、観終わったあと、ほっこりと温かい気持ちになる。

ホリデイとか、ラブアクとかが好きなら、見てみても良いかと。

それにしても、とにかくキャストが多いし豪華です。
まあ、その分それぞれの出演時間は短いから、
例えば誰か目当てで見ているファンの人には物足りないかもしれないけどね。
あと、内容もやっぱり薄目だね。まあ、あれだけの人数の話を2時間にまとめるのだからしょうがない。

アタシも彼もそんなに俳優の名前とか詳しくないから、
二人して「この人なんだっけ、ほら、あれに出てたよね」
「この人、つい最近別の映画で見た。誰だ?なんの映画だ?」
「あ!アシュトン・カッチャーとキャメロンのさ、ベガスの映画に出てた精神科医の人じゃね?!」とか
ストーリーと関係ないところでごちゃごちゃ話してたので、何度かストーリー見失いかけました(笑)

最初のほうは色んなエピソードが交差して人間関係もあっちゃこっちゃ飛ぶのでついていくのに必死で、
これ、どうまとめるんだろうか?とか余計な心配してたけど、最後はうまくまとまってて一安心(笑)
あの人とこの人はここで繋がるのかー!!!的な要素がふんだんに取り入れられているので、
伏線回収系が好きな私にはぴったりでしたわ。

ジュリア・ロバーツのエピソードが好き。

あ、あとトワイライトで、狼のジェイコブ役だった男の子も出てた!
あのカップルくだりは面白かったなあ。頭弱そうでw

モーリー役のジェシカ・アルバだけ、ちょっと違った終わり方してたし、彼女の葛藤や心理などは
全然見えてこなかったんで、この映画がヒットしたらスピンオフ的な感じで、
モーリーの物語とか作る予定だったんじゃないか?なんて深読みしてみた(笑
スポンサーサイト

重力ピエロPageTopサマータイムマシンブルース

Comment

みてみたいなぁ

私も洋画好きです(^-^)

ジェシカ・アルバに、アシュトン・カッチャーかあ。
豪華やなあ。。。
個人的に、好きな二人だし、ラブアクチャリーもすきなんで、
是非見ようと思います☆

>クロちゃんへ

わお。
こちらのブログも見ていただいてありがとうです!

キャストはホント豪華でしたよ。
私もアシュトン・カッチャー好きです。
彼の出てる映画は割りと当たりが
多いような。
ラブアクもいいですよねー。
ずいぶん前に見たのでちょっと忘れちゃってますけどw

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://leoriver.blog75.fc2.com/tb.php/123-599a0e1f

プロフィール

 C    

Author: C    
茅ヶ崎に住み茅ヶ崎で働く30代負け犬OLの偏りまくったシネマレビューです。
映画は大体月に6本~8本ぐらいレンタルして見てます。
(でもすぐ内容忘れちゃうw)
切なく純粋で余韻が残る系の映画が好き☆
時代背景は古いものがより好みで、
中世ヨーロッパが舞台の映画や、
80年代のアメリカの片田舎が舞台の映画を観ると内容に関わらずノスタルジックな気持ちになり鼻の奥がツーンとしてきます。
濡れ場は無い映画のほうが好きです。

レビューというほど大層なことは書けないので、部屋で友だちとDVD観ながらおしゃべりしてるような感じで書けたらなーと思ってます。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
最新トラックバック
検索フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。