スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラブリーボーン。

【原題】THE LOVELY BONES
●2009年【米・英・ニュージーランド】 上映時間:135分
●監督 ピーター・ジャクソン
●キャスト
シアーシャ・ローナン
マーク・ウォールバーグ
レイチェル・ワイズ
スーザン・サランドン

ラブリーボーン [DVD]ラブリーボーン [DVD]
(2010/07/02)
マーク・ウォールバーグレイチェル・ワイズ

商品詳細を見る



【STORY】
スージー・サーモンは、14歳のときに近所に住む男にトウモロコシ畑で襲われ、殺されてしまった。
父は犯人捜しに明け暮れ、母は愛娘を守れなかった罪悪感に苦み、家を飛び出してしまった。
スージーは天国にたどり着く。そこは何でも願いがかなう素敵な場所で、地上にいる家族や友達を見守れる。
スージーは、自分の死でバラバラになってしまった家族のことを心配しながら、やり残したことを叶えたいと願うのだった…


【REVIEW】


超ネタバレしてますのであしからず・・・

観おわって一晩たった今でも、妙に心がざわざわして興奮状態です。

別にホラー映画でも激しいスプラッターでもないんだけど、怖くて怖くてしょうがなかった。
135分中100分は確実に緊張してたなアタシ。ドキドキしっぱなしで疲れたよ。

普段は人当たりもよく品行方正な人が実は猟奇的で、静かに、でも計画的に犯行を行ったり、
こっそり覗いていたりっていうのも、私の恐怖のツボにビシビシくるし、
狭い空間(トウモロコシ畑につくった地下室)も、閉所恐怖症気味のアタシには観てるだけで苦痛だった。
しかも、あんな変態オヤジと二人きりで逃げ場がなくてさ。

そして、妹が、変態オヤジの家に乗り込んだところなんて、緊張しすぎておかしくなるかと思った!!
だってさ、お父さんがやられた時点で、なんか救いの無い物語なのか?とか思いはじめちゃったんだもん。

悪い意味で余韻が残る。めっちゃ消化不良・不完全燃焼。
でも決してつまらなかったわけではない。素晴らしい映画だとも思う。
不思議な映画。

でもでも、やっぱり、スッキリしねぇぇぇぇぇぇぇよぉぉぉ!!!!

もう、こっちとしてはさあ、スージーが霊魂となってなにか特殊な能力みたいなのが発動して、
あの霊感の強い女の子に頼ったりしながら、犯人はこの人です!みたいに父親や警察に伝えて
犯人は裁きを受け、ってのを期待してたんですよね。

まず、お父さんがせっかく犯人を突き止めたと思いきや、爪が甘くて逆にやられてヤキモキ
妹があの証拠品を親に渡さないところでヤキモキ(葛藤は分かるが・・・)
そのあと、あの変態オヤジが、死体の入った金庫を捨てに行って、そこに
霊感の強い女の子がいて訝しんでるから、てっきり警察に電話したり、
レイに伝えたりするのかと思いきや、なんもしねー!!でヤキモキ
しかも、あの犯人の結末。
無いわー・・・・

やっぱり、なんだかんだ勧善懲悪な展開がみたいわけなんです。

でも、監督が描きたかったことは正直わからんのですが、
私は予告とかあらすじを読んでサスペンスだと思って観たんだけど、違うのかもね。

家族愛?ファンタジー?ラブストーリー?それのどれでもあって、どれでもない気がする。

事件の真相とか、犯人が誰、とか犯人が捕まっての復讐劇とかはぶっちゃけどうでもいいのかもしれない。
でも、やりきれないんすよ。
なんだかハッピーエンドな感じだったけど、置いてけぼりな気分ですよ。

あ、死後の世界の映像はすごく綺麗で美しかった。
天国とかその狭間の世界とか、誰も知らないけどさ、あんな感じだったらなんだかいいね。
自分だけの自分が作る天国。

家族が、自分の死を受け入れたら、自分は成仏できるって感じで終わったけどさ、
そんなことってあるのかな?
死体が浮かばなければ、逆にいつまでも引きずるんじゃないのかな。

もう一回ぐらい見たら、また違った目線で違った解釈ができそうだけど、
もう一度みる気力は無い(キッパリ)。
スポンサーサイト

オープン・ユア・アイズPageTopバタフライ・エフェクト3/最後の選択

Comment

観ました~

Cさんの記事散々読んじゃったので、それほど激爆はしなかったけど・・・・・

>チュチュ姫さんへ

あらまw
超ネタバレしててすいませーんw

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://leoriver.blog75.fc2.com/tb.php/117-d21e68a2

『ラブリー・ボーンズ』-天国へ行っていいすか?

The Lovely Bones 前から気になってたんですけど、◎俺のオススメ映画を越えてゆけ◎で「スッキリしねぇぇぇぇぇぇぇよぉぉぉ!!!!」って書いてあ...

「ラブリーボーン」なんかスッキリしない・・・・

ハラハラドキドキさせられて、どうなるのかな~って最後まで引き込まれて観たんですが・・・最後まで見終わってみると、ん~~??というところが一杯の映画でした。トータルすると3つ★~3つ★半ってところかなあ・・・。

プロフィール

 C    

Author: C    
茅ヶ崎に住み茅ヶ崎で働く30代負け犬OLの偏りまくったシネマレビューです。
映画は大体月に6本~8本ぐらいレンタルして見てます。
(でもすぐ内容忘れちゃうw)
切なく純粋で余韻が残る系の映画が好き☆
時代背景は古いものがより好みで、
中世ヨーロッパが舞台の映画や、
80年代のアメリカの片田舎が舞台の映画を観ると内容に関わらずノスタルジックな気持ちになり鼻の奥がツーンとしてきます。
濡れ場は無い映画のほうが好きです。

レビューというほど大層なことは書けないので、部屋で友だちとDVD観ながらおしゃべりしてるような感じで書けたらなーと思ってます。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
最新トラックバック
検索フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。