スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LEON 【完全版】

Leon: The Professional
(Léon)
●1996年【仏・米】 上映時間:133分
●監督 リュック・ベッソン
●キャスト
ジャン・レノ( レオン)
ナタリー・ポートマン(マチルダ)
ゲイリー・オールドマン(スタンフィールド)
ダニー・アイエロ(トニー)


レオン 完全版 [DVD]レオン 完全版 [DVD]
(1997/12/19)
ジャン・レノ

商品詳細を見る


【REVIEW】
rating_13.gif


今更かよ!?って感じの有名すぎる映画ですけど、初見でした。
ちなみに前情報もめっちゃ少ない状態でした。
オッサンと少女の恋愛?キモーい!って思ってたし、
バイオレンス色が強い気がして今まで避けてたんですけど、
そんで実際、そういうシーンも多くありましたが、、

いやー、泣いた泣いた。
久々に映画観てこんなに泣いたわ。
余韻ヤバイ。

名作だと言われている所以も納得した。
ホント、皆さん言うとおり、ジャン・レノは超ハマり役で渋いし(しかも可愛い)、
ナタリー・ポートマンはガリガリで細っこい少女なのに色気あって美しいし、
ゲイリー・オールドマンの狂演っぷりは思わず真似したくなるしwキャストは文句なしですねー。

なんていうかアタイ、序盤(植木鉢の葉を世話してるところあたり)でいきなり泣いた。
レオンの、人を殺すという職業以外は極めて丁寧で品行方正な私生活っぷりを見たら
なんか泣けてきた。

もちろん、レオンが死んでしまったシーンは悲しかったし、泣いた。
だけど、アタシの泣きポイントはやっぱり、人のピュアでニュートラルな部分なんだよなー。

ほんとに何度も書いてるし言ってるけど、アタシには無いもの、でもものすごく欲しくて
でもそう思ってる時点で絶対手に入らないものだから、自分でも驚くほどそれに触れたときに
どうにもできない感情が溢れて涙になって出てきてしまう。
(↑説明下手ですねw)

レオンとマチルダの恋愛も、恋愛というより愛情(家族愛とか同志愛とかそんな感じ)
って感じだったので、心の描写だけでキスシーンとかが無かったからすんなり受け入れられた。

哀しいだけじゃないラストにも号泣でした。

殺し屋は、守るべき存在ができたらダメだね。
でも、守るべき存在ができることは、人としてものすごく幸福なことだとアタシは思う。
その幸福を知らなければ、一匹狼のまま孤独と鉢植えを愛して死んでいくことも幸福なのかもしれないけど。


ところで、一つ疑問が。

レオンの仕事の元締めやってるトニーっていたじゃん?
あの人って結局のところいい人?それとも食わせ者?

一緒に観てた人が(レオンは何度も見てるらしい)、「トニーはいい人だから」って言ってたから
そう認識しながら物語を追ってたんだけど、どうしてもアタシにはいい人に思えなかったんだよなー。
うさんくさいっていうか・・・。

だってさー、いつでもお金を取りに来いとか言ってるけど、
なんか小遣い程度渡してお茶濁してる感じに見えちゃうし
『銀行なんて信用できないから俺に任せとけ』とかあんなに何度も言う必要ある?
逆に怪しいんですけどっ。
長い付き合いの割りに、文字も教えてあげてないし、
マチルダに教わったって聞いたら、ちょっと戸惑ってた感じだったし・・・。
なんか不都合なのか?みたいな。

結局マチルダの面倒も見ないしお金も少ししかあげないし、
なんならしばらく来るなみたいなこと言ってて
その間にとんずらする気じゃないでしょうねって感じ(笑)
大体どれぐらいのお金があるのかレオンは知ってたのかしら・・・。

まあ、レオンの居所教えろってスタンフィールドに詰め寄られた次のシーンでは
顔腫れてたから、一応レオンのこと隠して暴力受けたんだろうと読み取れるけど、
まあ結局教えてるわけだし・・・ブツブツ・・・・

そしたらその知人に、
「トニーとお金のことをそこまで考える人初めて見た(笑)キミ、歪んでるねー!!」
って言われちゃった。

ガーーーーン!!
スポンサーサイト

少年メリケンサックPageTopハイ・フィデリティ

Comment

ううーん、あの元締めの人、あんまり考えたことなかったなあ。

アタシは、マチルダとのプラトニック・ラブのことも知らなかったので、なんかこの二人の関係が引っかかった。私のレヴュー、ヒマがあったら読んでみてー(ラブラブでお忙しいでしょうが)

http://princesschu.blog23.fc2.com/blog-entry-307.html

チュチュ姫さんへ

やっぱり!?
普通、あの元締めのこと、そこまで考えないですよね(笑)
チュチュ姫さんのレビューも読みましたー!
マチルダとレオンの物真似シーンが映画のトーンを変えてしまったってところ大共感です。
可愛くて微笑ましいんだけど、あの映画の中にはいらないかな・・・みたいな。

>ラブラブでお忙しいでしょうが
ちょ、そういうこと言わないでください。
今後のろけづらいじゃないですか(笑)

ごめんごめん。のろけてくれー!

正直、もっとのろけて欲しい。何でかって言うと、アタシものろけたいんだけど、すっごい抵抗あるのよね、ブログでのろけるの。だからせめて人のを読みたい。

ミクシィではのろけられるのだが・・・・。

チュチュ姫さんへ

あ、アタシと逆ですね~。mixiだとのろけづらいですわ。
そんなつもりないのに、友達には
『最近の日記のろけてばっかでつまんない~』とか言われたし尚更(笑)

だからそこがトシなんだってば。

私の旧友たちは、母のような暖かい目で見守っちゃってるもん(爆)

でも、コメ入れなくなった友達もいるから密かに「バカじゃねぇ~」って思ってるのかもしれないけど。

>チュチュ姫さんへ

う~ん・・

思い起こしてみたんですけど、
私に限って言えば、やっぱ、相手との関係性によるかなー。
多分、意地悪な目線で見ちゃうってのは
そもそもその子がそんなに好きではないんだと思います。
大好きな友達だと、心から祝福モードですね。マジで。
あー、でも年齢を重ねるにつれ、
そういう元々あんまり好きではない子の
ノロけ話にも寛大になれるんですかね。

うん、私の場合は、年を重ねるごとに、自分も他人もしょせん「目くそ鼻くそ」と思い始めたので、自分が愛されていたいのと同じように、ブスもビッチもデブも愛されたいんだろうなあ、って思うから、その辺は寛容になったよ。

でも、語りが下手だとブチ切れる(爆)

>チュチュ姫さんへ

「目くそ鼻くそ」の割りに上から目線のような気がしますが・・・まあ、いいか(笑)
アタシも早くその域に達したいものです!

いやだから、そこなのよ!

自分は人のことデブ、ブス、ビッチ!って思っているけど、アタシのことをデブ、ブス、ビッチって思っている人もたくさんいるんだろうなあ~と・・・・

>チュチュ姫さんへ

にゃるほど。
すいません読解力なくてっ!
う~ん、、活字より、
酒でも飲みながらお話したいですわ笑

でもやっぱ、その、「お互い様」からの受け入れ、ってなんだかちょっぴり悲しいかも。
だって「うんうんあんたみたいな女でも幸せになりたいんだよねうんうん分かる分かる」
みたいな感じですよね?
やだなあ、そう思われてたらw
あ、また変な解釈してたらスイマセン。

ちょっとずれますけど、
アタシはノロケ話より、子供自慢とかのほうが無理なんですよね~。
この年になると、恋愛のノロケより、
子供のノロケを聞く機会のほうが増えるので苦痛です。可愛くないし!
そんで決まって「子供産めば変わるよ」
って言われるのも嫌ですね。
もう、いっそ、ほんとに子供産んで、
「子供産んだけどやっぱり可愛いと思えない」
って言いたいぐらいですよ。
そういうのも受け入れてにこやかに話せるようになりたいんですけどねー。

それって、セッ○ス・アンド・ザ・シティにもあったよ~。「子供がいない人生は、まだReal Life をわかってない」みたいな。

>チュチュ姫さんへ

あははw
セッ○ス・アンド・ザ・シティったら、
やっぱりアタシのツボをついてきやがりますね。
ていうか、アタシってホントありがちな三十路女パターンなんですねーw

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://leoriver.blog75.fc2.com/tb.php/108-06edfd2c

プロフィール

 C    

Author: C    
茅ヶ崎に住み茅ヶ崎で働く30代負け犬OLの偏りまくったシネマレビューです。
映画は大体月に6本~8本ぐらいレンタルして見てます。
(でもすぐ内容忘れちゃうw)
切なく純粋で余韻が残る系の映画が好き☆
時代背景は古いものがより好みで、
中世ヨーロッパが舞台の映画や、
80年代のアメリカの片田舎が舞台の映画を観ると内容に関わらずノスタルジックな気持ちになり鼻の奥がツーンとしてきます。
濡れ場は無い映画のほうが好きです。

レビューというほど大層なことは書けないので、部屋で友だちとDVD観ながらおしゃべりしてるような感じで書けたらなーと思ってます。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
最新トラックバック
検索フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。