スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゾンビランド

■2009年【米】 上映時間:87分
■監督 ルーベン・フライシャー
■キャスト
ジェシー・アイゼンバーグ (コロンバス)
ウディ・ハレルソン (タラハシー)
エマ・ストーン (ウィチタ)
アビゲイル・ブレスリン (リトルロック)

ゾンビランド [DVD]ゾンビランド [DVD]
(2011/02/04)
ウディ・ハレルソン、ジェシー・アイゼンバーグ 他

商品詳細を見る


【STORY】
謎のウィルスの蔓延で大半の人間がゾンビと化してしまった世界。ひきこもり大学生のコロンバスは、自ら定めた「ルール」を守ることで何とか生き延びていた。ひょんなことから彼は、ゾンビと戦い続ける粗暴な男タラハシーと旅することとなるが、うら若い詐欺師姉妹に騙されたことを切欠に、いつの間にやら4人仲良く(?)「ゾンビのいない世界」を目指すことに。果たして彼らの行く末には楽園が待っているのか? 死の世界と化した近未来の世界を徹底的に笑い飛ばすソンビ・コメディ。


【REVIEW】
rating_15.gif

いや、別に嫌いじゃない。
嫌いじゃないけど、くだらねぇ!!(笑)

タイトルからしてB級(C級?)臭がプンプンしてたけど、なかなかに評価も高いし、
冒頭からメタリカ流れるし、ちょっと期待してたら、まんまとタイトルを見て感じてた通りの内容だった!笑
きっと評価つけてる人は、そもそもこういうゾンビ映画やらが好きな人に違いない。

『ゾンビ映画だけど、グロな映像はほとんどありません』って聞いてたのに結構あったよ!
あの程度でも無理!!!!そういう耐性ほんと無いからアタシ。

相手がゾンビじゃなければ、まだ見れたけど、ゾンビの必要なくね?笑
いや、あれがゾンビだからこそいいのか?わからん。
マニアックなゾンビ映画好きの人のための映画って感じだなー。
普通のゾンビ映画じゃ物足りなくて、ちょっと変わった方向のが見たい!みたいな。
アタシはなんか違った。なんだろ、アウェイ感満載なかんじ。

主人公の大学生(コロンバス)が、最初は一人で生き延びるために戦っているんだけど、
途中、ゾンビバスター(?)のいかついタフガイ、タラハシーと出会って、
その後、詐欺姉妹(←可愛い)と出会って裏切られて、武器も手に入れて、
身を落ち着ける場所も見つかって・・・
っていう流れはなんだかRPGのゲームを彷彿とさせたw
コロンバスの設定したルール付けとかちょっと面白かった(笑)

ちょいちょい笑いどころもあったけど、もっと面白く出来たんじゃないの?
とか思ってみたり。

ちょっとぐったりw


あと、
■コンフィデンス

コンフィデンス [DVD]コンフィデンス [DVD]
(2004/08/06)
エドワード・バーンズ、ダスティン・ホフマン 他

商品詳細を見る



■ナンバー23

ナンバー23 アンレイテッド・コレクターズ・エディション [DVD]ナンバー23 アンレイテッド・コレクターズ・エディション [DVD]
(2010/08/27)
ジム・キャリー

商品詳細を見る


も観ました。どちらもなかなか面白かったけど、
感想は思い浮かばないので覚書で。
ナンバー23は、見終わった後ゼッタイ23って数字探しちゃうw

両方とも★3つ!
スポンサーサイト

デンジャラスビューティー

■2001年【米・豪】 上映時間:110分
■監督 ドナルド・ペトリ
■キャスト
サンドラ・ブロック   グレイシー・ハート
マイケル・ケイン   ビクター・メリング
ベンジャミン・ブラット  エリック・マシューズ
キャンディス・バーゲ キャシー・モーニングサイド
アーニー・ハドソン   ハリー・マクドナルド
ウィリアム・シャトナー スタン・フィールズ

【STORY】

グレイシー(サンドラ・ブロック)はやり手のFBI捜査官。荒々しい捜査で同僚に怪我を負わせてしまうほどだ。デスクワークを命じられ意気消沈してたある日、彼女に大仕事が舞い込む。
それは連続爆弾魔から爆破予告のあったミス・アメリカ・コンテストに潜入すること。女を捨てて生きてきたグレイシーは美しくなるため、プロの美容コンサルタント、ビクター(マイケル・ケイン)の厳しい特訓を開始する。

デンジャラス・ビューティー 特別版 [DVD]デンジャラス・ビューティー 特別版 [DVD]
(2011/06/15)
サンドラ・ブロック、マイケル・ケイン 他

商品詳細を見る


【REVIEW】
rating_15.gif


飛行機の中で見ました。

飛行機の音がうるさくて音量全開にしてもイマイチ聞こえづらくて、集中できなかったんだけど、
あんまり考えずに見れる娯楽映画だなーって感じでした。
捜査官がミスコンに出場者として潜入とか無理があるだろ・・・・っていうか、
別に出場者としてじゃなくてもいいだろ、とか、
ガサツっぷりが、わざとらしい、とか結局目的ってなんだったんだっけ?
とかマンガかよ、みたいな設定が満載でしたが、
きっとストーリーはそんなに重要じゃないんだな、これ。

素材はいいのに、女捨ててて、お洒落に興味が無くて男っぽいガサツな女性が、
めっちゃ美しく大変身、が醍醐味なんだよね。
で、正体隠して悪をやっつける!!みたいな水戸黄門的な要素もありつつw

オチもすぐ読めるし、ベタだけど、なんだかんだ、きっとみんな好きなんだよねこういうのw
ビューティーコロシアムが好きな人ならきっと好き(笑)

インセプション

■2010年【米・英】 上映時間:148分

■監督 クリストファー・ノーラン
■キャスト
レオナルド・ディカプリオ( コブ)
ジョセフ・ゴードン=レヴィット(アーサー)
エレン・ペイジ(「設計士」アリアドネ)
トム・ハーディ(「偽装師」イームス)
渡辺謙(サイトー)
キリアン・マーフィ(ロバート・フィッシャー)
トム・ベレンジャー(ピーター・ブラウニング)

インセプション [DVD]インセプション [DVD]
(2011/07/20)
レオナルド・ディカプリオ、渡辺謙 他

商品詳細を見る


【STORY】
がもっとも無防備になる夢を見ている間に、潜在意識の奥深くに入り込み、貴重な情報を盗む“エクストラクト”。この危険な技術で世界最高の腕を持つ産業スパイのコブは、反対にアイデアの芽を潜在意識に植え付ける“インセプション”の依頼を受ける。このほぼ不可能とされる任務を成功させるため、コブは世界中からメンバーを厳選し、最強のプロフェッショナル集団を結成する。だが彼らがいくら周到に計画を立てようが、どれだけ優れていようが、計画を根底から揺さぶる“敵”の存在を、コブはひそかに感じ取っていた…。

【REVIEW】
rating_04.gif

・・・・これそんなに面白い?
いや、つまらなくはないんだけどさ、面白いのかな?
各所でかなり評価が高かったので期待してたからなのか、なんだか乗り切れずに終わってしまった。
発想はユニークだと思う。
ただ単に夢に進入するとかじゃなくて、そこから情報を盗みだすってのがいい。
しかも、大事な情報は、その人の夢の中に出てくる銀行や金庫に入ってるっつーんだから笑っちゃう。
テンポも良いし、キャストも豪華だし、監督はクリストファー・ノーランだし(この監督の”メメント”は超好き)
言うことないはずなんだけどなー。

しかし、メメント同様、やはり最初は全然ストーリーに追いつけなかった。
というか、時間軸がわかんなくなった。
あらすじとか全然把握しないで見たので、
最初の場面が始まりで・・・すぐに現在に戻ったと思いきや夢で、目が覚めたけどそれも夢で、、
ああああああーーーわっかんねぇぇぇー!!ってなる。
まあ、それはアタシが頭が悪いせいなので、他の人が見たらどうかは分かりませんが。

途中で、エレン・ペイジ演じるアリアドネが出てくることによって、なんとなく掴めていける感じ。
この子も、最初はこのインセプションのことがチンプンカンプンなので、
他キャストが彼女にインセプションについて細かく説明してあげることで、
観てるこっちも「なるほど」「となる。

そこで大体わかってきたので、また最初から観て見たらほぼ把握はできたw

でも、分かってからも普通に面白くは見れたんだけど、特に余韻や感動は無く終わったなあ。

私は夢をよく見るし、見た夢を割りと詳細に覚えていたりするほうで
予知夢も見たりするので夢について興味があるし考えるのが好き。
夢占いなんかもよく見る。
なので、この作品もめっちゃ心惹かれたわけだす。

「夢日記をつけると頭が狂う」

っていう都市伝説があるけど、なんだかそれを思い出しちゃった。
夢と現実の境目が分からなくなって狂うんだけど、それなんだかちょっと分かる。

たまに、夢の中で「ああ、これは夢だな」って分かるときがある。
なので目的地まで歩くのがめんどくさいから、空を飛ぼう夢だし、とか
目を開けたら違う場所に移動してることにしよう、とか思うの。

でも、アタシの夢はそんなに甘くなく、上手くいかないことが多い。
徒歩とスピード変わらないし壁にぶつかりまくったり地面ぎりぎりの低空飛行とか(笑)
だから夢なのに遠くまでせっせと徒歩で向かうの。
かと思ったら急に意図せず場面が変わったりね。コントロールできないの。自分の夢なのに。
あと最悪なことが起きて「これ、夢だよね・・夢であってくれ・・・でも絶対現実だ・・・・どうしよう」
って思ってたらまんまと夢だったり。

夢を見ている間、本人にとってはそれが現実だ、って誰だかがこの映画の中で言ってたけど、超納得。

で、逆に現実なのに、「夢かな」って思っちゃうこともあるんだよね。
これが現実だって言い切れるのか?みたいな。アタシ危険じゃね?笑

でも、もしこの映画みたいに自分で夢を設計できて、その中で過ごせるとしたらめっちゃやりたいよ。
しかも、夢の1時間は現実の5分だっけ?夢が深くなるともっと早くなるんだよね。
だったら、自分の過ごしやすい空間で、憧れの芸能人が私にメロメロな設定してさ、
1生をそこでその人とラブラブして過ごしてみたいかもとか思っちゃうかもしれないww

そんで一生を満喫しても、現実世界では1日ぐらいしかたってないんでしょ?いいよね。
さーて、次は誰とウハウハしよっかなーとかさー。
だけどそんな能天気な展開にはならないんだろうねー、
コブの奥さんはこんな感じで(夢の中で重ねた年齢と現実世界の年齢が合わなくなって)
壊れていったみたいだし。
そして、幸せだった夢のほうが現実になって現実のほうが夢になって・・・うー、怖!笑


最後は、諸説あるみたいだけど、どうなのかな?アタシはハッピーエンドだと思ってるんだけどな。

パラノーマル・アクティビティ2

■2011年【米】 上映時間:91分
■監督 トッド・ウィリアムズ
■製作 オーレン・ペリ

パラノーマル・アクティビティ2 [DVD]パラノーマル・アクティビティ2 [DVD]
(2011/07/08)
イティー・フェザーストン、スプレイグ・グレイデン 他

商品詳細を見る


【STORY】
カリフォルニア州・カールズバッドで暮らすダニエル&クリスティ・レイ夫妻。1歳になる息子のハンターと、前妻の娘・アリの4人で幸せに暮らしていた。ある日、家に空き巣が入り、彼らは家に6台の監視カメラを付ける。その頃、家に不思議な現象が起こり始める。アリは「霊が怖いものとは限らない」と、家に起こった事をビデオで記録し始める。しかし、超常現象はだんだんエスカレート。クリスティは姉のケイティに相談するが…。

【REVIEW】
rating_04.gif


人数増えただけで、1とほとんど同じじゃん!!
っていう。
1でいうミカの役割が今作でいうダニエルだったけど、まー、イライラさせられること。
なんで娘の言うことを信じない?なんで監視カメラ確認しない?

はっはーん、さてはお前実は誰よりもびびってるだろ!!

って言いたくなる(笑)

結構、音で驚かすシーンが多くて萎えたなあー。
そりゃ、静寂の中でかい音出されたら誰でも驚くって。
しかも赤ちゃんと動物が危険にさらされるから、なんなら1より後味悪い。

でも、1との繋がりも出てくるから、そのあたりはちょっと面白かった。
なるほどねー、みたいな。

それぐらいの印象だな。
でも、嫌いじゃないんだよね。
日本版のも見てみようっと(*´艸`)

着信アリ final

■2006年【日】 上映時間:104分
■監督 麻生学
■キャスト
堀北真希(松田明日香)
黒木メイサ(草間えみり)
板尾創路(木部義孝)

着信アリFinal スタンダード・エディション [DVD]着信アリFinal スタンダード・エディション [DVD]
(2006/11/24)
堀北真希、黒木メイサ 他

商品詳細を見る


【STORY】
修学旅行で韓国に行くことになった高校2年生のえみり。日韓手話交流会で知りあった韓国の男友達アンジヌとの再会を心待ちにする一方、クラスでいじめを受けている幼馴染み・明日香の不参加を残念に思っていた。
そんな修学旅行の最中に、1人のクラスメートの携帯から聞き覚えのある着信メロディが流れる。
未来の着信時刻に、持ち主の首つり画像が添付されて…!その生徒が“死の着メロ”の予告通りに死を遂げたのを皮切りに、生徒たちは次々と“死の着メロ”に襲われていき…。

【REVIEW】
rating_02.gif

私は日本のホラー映画がすごく嫌で避けまくってるんだけど、
対照的に彼氏はホラーが大好きなのでお付き合いで仕方なく鑑賞。
ちなみに、着信アリシリーズの1.2は観てません。

いやー、まじで時間無駄にした!
え、てかこれで104分?
マジか。
2時間以上あった気がしたよ。それぐらいダラダラとつまらん展開だった。

さすがに彼氏も苦笑いだったよこれには。

最初のほうはまだドキハラ要素があったしテンポも悪くはなかったから見れたけど、
中盤からなに?
ギャグですか?みたいな。

舞台は韓国だったけど、
スタッフが韓国行きたかっただけ?韓流ブームに無理やり乗っかった?
ってぐらい必要性がまったく感じられない。
ちなみに、黒木メイサの恋人役でブレイクする前のチャン・グンソクが出てました。
なんか別人のように垢抜けない感じでしたw
つか、彼の役柄も別に意味無いと思った。

まとめ方もgdgdだし、アタシのほうがまだ面白い作品作れると思ちゃったわー。

どうでもいいけど、最近、黒木メイサと、ジャルジャル福徳くんが被るww

PageTop

プロフィール

 C    

Author: C    
茅ヶ崎に住み茅ヶ崎で働く30代負け犬OLの偏りまくったシネマレビューです。
映画は大体月に6本~8本ぐらいレンタルして見てます。
(でもすぐ内容忘れちゃうw)
切なく純粋で余韻が残る系の映画が好き☆
時代背景は古いものがより好みで、
中世ヨーロッパが舞台の映画や、
80年代のアメリカの片田舎が舞台の映画を観ると内容に関わらずノスタルジックな気持ちになり鼻の奥がツーンとしてきます。
濡れ場は無い映画のほうが好きです。

レビューというほど大層なことは書けないので、部屋で友だちとDVD観ながらおしゃべりしてるような感じで書けたらなーと思ってます。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
最新トラックバック
検索フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。