スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アヒルと鴨のコインロッカー

●2006年【日】 上映時間:110分
●監督 中村義洋
●キャスト
濱田岳
瑛太
関めぐみ
田村圭生
大塚寧々
松田龍平

アヒルと鴨のコインロッカー [DVD]アヒルと鴨のコインロッカー [DVD]
(2008/01/25)
濱田岳、瑛太 他

商品詳細を見る



【STORY】
仙台の大学に進学し、初めて一人暮らしを始めた椎名。ボブ・ディランの「風に吹かれて」を口ずさみながら引越の片付けをしていると、アパートの隣人・河崎から唐突に本屋襲撃に誘われる。
やはり同じアパートに住むブータン人留学生が落ち込んでいるから「広辞苑」をプレゼントするのだと。
困惑しながらもモデルガンを手に襲撃の手伝いをしてしまう椎名に、河崎はペットショップの店長・麗子には気をつけろと忠告する。

【REVIEW】
rating_05.gif

原作は未読です。
でも、顛末を知らずに観れて良かった。
最後はちょっと『重力ピエロ』チックだったかな。

出だしはなかなか良かったんだけど、河崎と出会って少ししてから伏線回収までは、
退屈で、勿体つけた意味不明の会話にイライラしてました。
何がしたいんだよ、物語は何に向かって進んでるんだよ?みたいな。
まあ、そういうのが伏線っちゃ伏線だからしょうがないんだけど、
なんか、私の嫌いな邦画のパターン(←雰囲気重視のサブカル路線)なのかと思って
危うく途中で観るのやめるところでした(笑)

でも、後半から面白くなるって聞いてたので、我慢してたんだけど、見るのやめないでよかったー!!!

すごく、良い映画でした。

最初はただの不思議くんだと思っていた河崎の言動の謎がどんどん解けていくうちに
涙が溢れてきた。
そうか、だから「じゃあ、河童のほう」って言ったんだね。
だから、椎名の部屋の本が無いって言ったんだね、
だから広辞林なんだね・・・。
ドルジがどんな思いであのレコーダーを聴いていたのか、想像しただけで泣けてくる。

琴美の最後の笑顔も優しくて泣ける。

椎名役の濱田岳くんはやっぱイイ味出てますね。
てか、大体、彼の役ってなんかオドオドしてて気弱だけど気の優しい青年って感じよね。
演技が、コミカルだけど自然で思わず吹き出しちゃうところがちょいちょいあった。

作品中、『ブータン人は死を恐れない。いいことをした人間が死ぬ訳がない、神様はちゃんと見ている。死ぬとしたら、前世で悪いことをした報いだ』というようなセリフがある。
だからドルジは、自分の危険を省みず、犬を助けた。
だけど、罪を犯してしまったドルジの最後は・・・・・?

明確には書かれていないけど、そういうことなんだろうな、と思うと切ない。
スポンサーサイト

シックスセンス

■1999年【米】 上映時間:107分
■監督 M・ナイト・シャマラン
■キャスト
ブルース・ウィリス(マルコム・クロウ)
ハーレイ・ジョエル・オスメント(コール・シアー)
トニ・コレット(リン・シアー)

シックス・センス [DVD]シックス・センス [DVD]
(2000/07/19)
ハーレイ・ジョエル・オスメント、ブルース・ウィリス 他

商品詳細を見る


【STORY】

古い街並の残るフィラデルフィアで、小児精神科医の第一人者として活躍してきたマルコムは、1人の少年を救えなかったことで、自分を責めつづけていた。そんなマルコムが手がけることになった8才のコール少年は、何かにひどく怯え、かたくなに心を閉ざし、苦しんでいた。その症状は、自殺した少年のケースに酷似していた。 コールはあるとき「僕には死んだ人が見える」と打ち明ける。


【STORY】
rating_04.gif

こんなにも有名な作品にも関わらず初見でした。
ちなみに、アタシはターミネーターシリーズ、スピード、マトリックス、ミッションインポッシブルも
CM以外で見たことが無いのですが
「てか逆に、よく今まで見ないでこれたね」って結構驚かれますw
アクションは嫌いとかじゃなくてすこぶる興味ないんだよね・・・。

シックスセンスは、いつか見ようと思っていたので
むしろ情報を入れないようにシャットアウトしてきたのですが
そんなこんなで10年以上たちました(笑)
で、ほとんど内容も知らずに見たんですが、
序盤(マルコムとコールが、コールの家で対峙したところ)でオチ分かっちゃったよー!!!!
残念すぎる。

つか、映画の最初に「最後に衝撃的な仕掛けがありますので、知っている方は絶対に人に話さないで」
みたいなテロップが出たからさー、あれで、なんか結構詮索しちゃって・・・・。

あー、やっぱ、公開当時に見てればよかったなあ~・・・。

PageTop

プロフィール

 C    

Author: C    
茅ヶ崎に住み茅ヶ崎で働く30代負け犬OLの偏りまくったシネマレビューです。
映画は大体月に6本~8本ぐらいレンタルして見てます。
(でもすぐ内容忘れちゃうw)
切なく純粋で余韻が残る系の映画が好き☆
時代背景は古いものがより好みで、
中世ヨーロッパが舞台の映画や、
80年代のアメリカの片田舎が舞台の映画を観ると内容に関わらずノスタルジックな気持ちになり鼻の奥がツーンとしてきます。
濡れ場は無い映画のほうが好きです。

レビューというほど大層なことは書けないので、部屋で友だちとDVD観ながらおしゃべりしてるような感じで書けたらなーと思ってます。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
最新トラックバック
検索フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。