スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュームーン/トワイライト・サーガ

THE TWILIGHT SAGA: NEW MOON
(New Moon)
●2009年【米】 上映時間:130分
●監督 クリス・ワイツ
●キャスト
クリステン・スチュワート( ベラ・スワン )
ロバート・パティンソン( エドワード・カレン)
テイラー・ロートナー( ジェイコブ・ブラック)
ダコタ・ファニング(ジェーン)

ニュームーン/トワイライト・サーガニュームーン/トワイライト・サーガ
(2009/11/25)
サントラハリケーン・ベルズ

商品詳細を見る



【STORY】
転校生のベラは、妖しいほどに美しいクラスメイト・エドワードと恋に落ちる。だが彼は、100年以上も生き続けてきたヴァンパイアだったのだ…。彼の正体を知っても、恋心を止められないベラは、エドワードのそばにいるために自分もヴァンパイアになりたいと思い始める。だが自分と同じ苦しみをベラに味あわせたくないエドワードは、彼女の前から姿を消してしまう。最愛の人を突然失い、ふさぎこむベラ。そんな彼女の心を癒したのは、幼なじみのジェイコブだった…。

【REVIEW】
rating_04.gif


前作を見て続きが気になってたので鑑賞。

ベラ、、無いわー!!!

ずるい女だねまったく。

ってのが、まず思った正直な感想です。
エドワードも意味わかんねぃし。
他の方法思いつかないんかい100年以上生きてるくせにっ。
結局離れるぐらいなら最初から手出すなよってね。


ベラは、エドワードを失って悲しみのあまり、精神状態ヤバくなっちゃうんだけど、
それを、救う存在として、幼馴染で、狼族のジェイコブがクローズアップされてくる。
ベラはジェイコブと会ってるときは、悲しみから解放されて笑顔になれていることに気づいて、
ジェイコブが大切な存在だと思い始める。
ジェイコブは多分元々ベラに気があったから、まあ、恋愛関係に発展するのは当然の展開なんだけど、
でも、ベラはやっぱりエドワードが忘れられなくて、
散々癒されたり救われたり傷つけたりしたジェイコブの制止を振り切り、エドワードの元にいく。
・・・・んー、ありえない。
一生のお願いだったんだぜ?

予告かなんかのセリフで、
「ジェイコブの事を愛している。でも、それはエドワードへの愛とは比べ物にならない」
ってあったけど、まあ、そういうことなんだろうね。
でもせつなすぎ。


ジェイコブは、一作目では「面白い顔してるなあ」と思ったけど、
だんだんベラも言ってたように
「美しい顔」
に見えてくるから役柄って大事ですねーw

しかし、この映画、観れば観るほど、笑えるシーン満載。
笑かすつもりは無いんだろうけど、てかむしろシリアスなシーンほど笑っちゃうんですけど!!!笑
ベラがバイクに初挑戦してるシーンでは、『おまえは街灯か!!』って感じでエドワード登場してくるし、
ベラが海に飛び込んで沈んでるシーンでは、エドワードが何故か逆さでゆっくりと沈んでくる。
怖!!!笑

ベラさんよ・・・・・なぜあんなコントみたいな男がいいのかね・・・・笑
今作のエドワードなんて、まるでダメ男だったでしょー??

カレン家でのパーティーでジャスパーがベラの血を見て襲い掛かりそうになったときも、
ベラを突き飛ばして守ったかに見えたけど、逆にベラは壁に打ち付けられて大怪我、とか
ヴォルトゥーリ族がベラに危険を及ぼしそうになったときも、立ち向かったもののアッサリやられちゃうし、
いいとこ無しだった気がする。
今回だけ見ると、誰がどうみたってジェイコブだと思うんだけど、、、、


この3角関係が次回作でどうなるか、、、
きっと、ジェイコブはエドワードに危険なところを助けられたりとかなんだりしちゃって、
ジェイコブもエドワードを認めざるをえなくて、引き下がる・・・・みたいな展開になりそう。

ジェイコブには幸せになって欲しいなー。

そんなわけで、すっかりジェイコブびいきになってしまった2作目でした(笑)
スポンサーサイト

サマーウォーズ

●2009年【日】 上映時間:115分
●監督 細田守
●声
神木隆之介(小磯健二)
桜庭ななみ( 篠原夏希)
谷村美月   (池沢佳主馬)
仲里依紗   (陣内由美)

サマーウォーズ スタンダード・エディション [Blu-ray]サマーウォーズ スタンダード・エディション [Blu-ray]
(2010/08/01)
神木隆之介桜庭ななみ

商品詳細を見る


【STORY】
小磯健二は少し内気で人付き合いが苦手な17歳。数学オリンピック日本代表の座をあと一歩で逃したことをいつまでも悔やんでいる理系オタクだ。
健二はある日、憧れの夏希先輩からバイトを持ちかけられ、一緒に彼女の故郷まで旅行することになる。
バイト内容は、「ご親戚」の前で彼女のフィアンセのフリをすること。
しかし、仮想空間“OZ”のパスワードを解いてしまったことから、世界を揺るがすトラブルに巻き込まれてしまい…。


【REVIEW】
rating_03.gif

あーーー、、いまいちだったなー。
この監督の「時をかける少女」がすごく良かったから期待しすぎたのかもしれない。
アナログ人間のアタシにはついていけない世界だし、ついていきたくない世界。

なんかさー、会社とかでもさ、隣の席に座ってるのに用件をメールで打ってきたり
電話で言えば済む話をわざわざメッセンジャー使ったり、
便利なのかもしれないけど、アタシはすごくヤなんだよね。
多分、トシのせいもあるんだろうけど。

リアルでのコミュニケーションが下手で、口では気持ちを上手く伝えられないくせに、
ネット上とか文章だと達者って子多いもんなあ。むしろ強気、みたいな。

それを彷彿とさせた。


あ、でも
『どれだけ科学が進歩し、生活の環境が変わろうとも、もっとも大切にすべきものは何か?』
みたいなことがこの作品の解説だかなんかに書いてあったから、それがテーマだったりするのかな。
だとしたら、アタシの嫌悪感は正しいのね(笑)

田舎の夏っていう背景はすごく好きだし映像も綺麗なのに、狭い世界観になっていて勿体無い。

ご家族でどうぞ!みたいな万人ウケする作品かと思ってたけど、
かなり人選ぶような気がした。排他的とすら感じた。
対象は中高生なのかなあ。

しかも、なんか主人公含め親戚連中、意外と活躍してない。
いや、してたか。
でもその印象がすごく薄い。
爽快感も無い。

カズマぐらいじゃないか?
むしろカズマが主人公?って思っちゃうぐらいだった。

なんか色々ともったいない映画でした。
(上から目線かよw)

それでも恋するバルセロナ

●2008年【スペイン・米】
●上映時間:96分
●監督 ウディ・アレン
●キャスト
レベッカ・ホール(ヴィッキー)
スカーレット・ヨハンソン(クリスティーナ)
ハビエル・バルデム(ファン・アントニオ・ゴンザロ)
ペネロペ・クルス(マリア・エレーナ)

それでも恋するバルセロナ [DVD]それでも恋するバルセロナ [DVD]
(2010/08/27)
スカーレット・ヨハンソン

商品詳細を見る


【STORY】
バルセロナにバカンスに訪れたクリスティーナ(スカーレット・ヨハンソン)とヴィッキー(レベッカ・ホール)は、画家のフアン・アントニオ(ハビエル・バルデム)に惹(ひ)かれていく。
そんな中、彼の元妻のマリア・エレナ(ペネロペ・クルス)が戻ってきたことから、やがてクリスティーナとマリア・エレナにもある感情が芽生え始め……。


【REVIEW】
rating_14.gif

スペインが好きなので鑑賞してみました(行った事ないけど)
スペインの雰囲気や風景もやっぱり素敵で憧れるし、
セリフとか、女性たちの行動とか、ちょいちょい笑える部分があって面白かったです☆
しかも、スカヨハ×ペネロペのセクシーな絡みが観れるんだからお得ですよ(男目線)

ただ、アントニオの顔がアタシ的に受け付けなくて、ゲー!って感じでしたけど(笑)
クリスティーナなんて一目惚れしてたみたいだけど、全然理解できないw

ヴィッキーの苦悩は、アタシも以前すごい似たような境遇になったからすごい分かる。
でもアタシは結局、安定を選ばなかったからヴィッキーとは違うけどね。
人生の選択で苦悩したとき、
正しいか正しくないかではなく楽しいか楽しくないかで決めることにしたから。

てゆーか、多分ダグみたいな男はヴィッキーに婚約解消されたとしたら、
その時は烈火のごとく怒ったり取り乱したりしても、
速攻次の女見つけてサクっと結婚するよ(笑)

しかし、ヴィッキーみたいに固い人ほど一度火がついたらなかなか消えないもんなんだろうねえ。
割り切れないっていうか。
遊びのつもりの男からしたら最高にめんどくさいよな。

クリスティーナは、『望まないものは分かる。でも何を望むかは分からない』と言ってるけど
それもすごい分かるなあ。
マリアにも、「永遠に満足できない女」みたいなこと言われてたけど、まさにそうなんだろうね。
てか女って大体そんなもんなんじゃないのかね。無いものねだりじゃん。
何かを欲して、その欲してるものを手に入れるまでの過程がクライマックスなんじゃないかな。

ちなみに、これ彼氏と観てたんですけど、
アタシが「この3人の中でアタシに近い人はいないなあ。しいて言えばクリスティーナだけど、、うーん、
やっぱクリスティーナとヴィッキーを足して2で割った感じだな!」って言ったら

彼氏が「ふーん。でも怒ったときはかなりマリアに近いよ」って言われました(笑)

あんなにぶっ壊れてはないはずななんだけど・・・・
でも、否定はできない笑


余談ですが、先日、今更ながら「殺したいほどアイラブユー」のDVDを購入したので、
この「それでも恋するバルセロナ」を鑑賞したあとに、観たんですけど、
続けて観るとあれですね、「・・ったく、ヨーロッパ男は調子いいな!!!」って思ってしまいますね笑

少年メリケンサック

●2008年【日】 上映時間:125分
●監督 宮藤官九郎
●キャスト
宮崎あおい(栗田かんな)
佐藤浩市(作並秋夫(アキオ / Ba.)
木村祐一(作並春夫(ハルオ / Gt.)
田口トモロヲ(清水(ジミー / Vo.)
三宅弘城(岡本(ヤング / Dr.)
勝地涼(マサル)
ピエール瀧(金子欣二)

少年メリケンサック スタンダード・エディション[DVD]少年メリケンサック スタンダード・エディション[DVD]
(2009/08/07)
宮崎あおい木村祐一

商品詳細を見る



【STORY】
メイプル・レコード新人発掘部門のかんなは、会社退職予定のその日、動画サイトに投稿されたパンクバンド、少年メリケンサックに釘付けになる。
イケメンギタリストがギンギンに弾きまくり、凶暴なパフォーマンスでファンを熱狂させているのだ。
早速、バンドとの契約に乗り込むと、そこにいたのはイケメン青年ではなく、昼間から酔っ払ったオッサン。
動画に投稿されていたのは25年前のライブ映像で、メンバーは50代になっていた!

【REVIEW】
rating_15.gif

うーん・・・。
つまらないわけじゃなかったけど、面白くもなかったなー。
キャストも豪華なわけだし、ストーリー的にもっと面白くできそうな気がするんだけど。
宮崎あおちゃんの演技は、最初ちょっと引いたなあー。
なんか合ってないっていうか・・・。顔が可愛すぎるんだよね。

まあ、観ているうちに慣れていきましたけど、
やっぱり他の役者さんのほうが良かったんじゃないかなあ・・・・?
・・って、元も子も無いこと言っちゃいますけど。

個人的には、ジミー役の田口トモロヲさんと、ヤング役の三宅弘城さんが
良かったです。

かんなの恋人があのバイトの女の子と浮気するって展開は読めたな。
なんだろう、やっぱクドカンは脚本だけのほうがいい気がする。
監督やっちゃうとなんだかイマイチな気がする。

あ、テルヤの「アンドロメダ おまえ」は最高でしたww
youtubeで何回も観ちゃった。
田辺誠一、えらいよ(笑)

あと、ハルオが昔在籍してたという変なバンドのマネージャー役だった
(ピエール)瀧に超笑った。
ビジュアルだけで、腹痛くなるぐらい笑えたわーww

PageTop

プロフィール

 C    

Author: C    
茅ヶ崎に住み茅ヶ崎で働く30代負け犬OLの偏りまくったシネマレビューです。
映画は大体月に6本~8本ぐらいレンタルして見てます。
(でもすぐ内容忘れちゃうw)
切なく純粋で余韻が残る系の映画が好き☆
時代背景は古いものがより好みで、
中世ヨーロッパが舞台の映画や、
80年代のアメリカの片田舎が舞台の映画を観ると内容に関わらずノスタルジックな気持ちになり鼻の奥がツーンとしてきます。
濡れ場は無い映画のほうが好きです。

レビューというほど大層なことは書けないので、部屋で友だちとDVD観ながらおしゃべりしてるような感じで書けたらなーと思ってます。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
最新トラックバック
検索フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。