スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トワイライト。

●2008年【米】 上映時間:122分
●監督 キャサリン・ハードウィック
●キャスト
クリステン・スチュワート(女優) ベラ・スワン
ロバート・パティンソン(男優) エドワード・カレン
ビリー・バーク〔男優〕(男優) チャーリー・スワン(ベラの父親、フォークス警察署長)
アシュリー・グリーン(女優) アリス・カレン(エドワードの義姉)
ニッキー・リード(女優) ロザリー・ヘイル(エドワードの義姉)
ジャクソン・ラスボーン(男優) ジャスパー・ヘイル(エドワードの義兄)

トワイライト~初恋~ スタンダード・エディション [DVD]トワイライト~初恋~ スタンダード・エディション [DVD]
(2009/09/18)
クリステン・スチュワートロバート・パティンソン

商品詳細を見る



【STORY】
高校生のベラは、母親の再婚でワシントン州の小さな町フォークスで父親と暮らす事になる。
そこでベラは謎めいた美青年エドワードと出会う。やがて二人は恋に落ちるが、実はエドワードにはある秘密があった―彼は不死のヴァンパイアで、1918年から年をとっていないのだ!
だがエドワードには牙がなく、人間の血は飲まない。動物の血が唯一の栄養源なのだ。そしてエドワードにとってベラは、90年間待ち続けた運命の相手だった…。


【REVIEW】
rating_14.gif

バンパイア物って好きなんですよー。
なんていうか、バンパイアの哀愁と苦悩に切なさを感じてキュンとするんですよねー。(Sなのか?)
やっぱね、ときめきトゥナイトで育ったわけですからねー。・・・って誰も知らないか?笑
しかも恋愛物じゃんこれ。見ないわけにはいかないわーってことで鑑賞。

いやー、女子供がいかにも好きそうな映画だよね。
ってことで、もちろんアタシも嫌いじゃなかった(笑)
まあ、超ドストライク!!ってわけじゃなかったけどね。
キスシーンとかベッドシーンとかがほとんど無かったところも個人的には好感度大。

多分、世の女子たちは、学校では一目置かれている誰とも付き合わない排他的な超イケメン男子が
一見平凡な女の子を選んだところにまずトキめいて、さらに、
学校へ車で乗り付けて2人で降りてきて、「えー、あの2人デキてるの?」みたいに周りがざわついて、
めっちゃ見られてるってところに、一種の優越感みたいなのを抱いてハマっちゃうんじゃないかしら(笑)

あ、これって、、、花より男子の道明寺と牧野つくしっぽくない?
女子が好きなわけだよーw

ロケーションもイイ。
森の雰囲気とか、海辺だとか画像が青みががかってるのか、神秘的な雰囲気が漂っていて良かったなあ。
バンパイア物って言ったらイメージ的にヨーロッパだけど、アメリカ(北米だっけ?)でもイケるねぇ。

でも、なんとなくアッパーな感じも否めなかったなあ・・・・。
劇中でも、エドワードがべラを自宅に招待した時、意外と近代的な内観なので、
『棺とか十字架とか城壁とか想像してた?」みたいに言ってたけど、
「うん思ってた」ってアタシが言いそうになったよ(笑)
あと、バンパイアなのに野球とか笑 


疑問点。
なんで、べラの血にはそんなにも吸血鬼を惑わす魅力があるのか。
続編でその辺って明らかになるのかな?
あと、年をとらないから毎年高校生やってて大変ね、みたいに言われてるけど、同級生たちは不信に思わないのか?
毎年、学校変えてるのか?
それとも記憶をいじれる能力を持つバンパイアがいるとか?
どうでもいいっちゃどうでもいいけど、気になる背景です(笑)

それに、べラがあそこまでエドワードに惹かれるキッカケがよくわからんのだよね。一目ぼれ?
だとしたら共感がまったくできまへん。

でも、、多分それって、エドワード役のロバート・パティンソンが全然好みじゃなかった、、どころか
「キモッ・・」って思ってしまったからなんだけど。
白塗りすぎて、コントみたいだったもの。
しかもあの白塗り顔でベラをおぶって森をシュタタタターッって走るとこなんて思わず吹いたし。
てか、そういう目でみると、「無いわー」って思うシーンところどころにあったな。
笑わそうとしてるのか、本気なのかわかんないよ。
ベラがジェームズから車で逃げてるときの、エドワードの登場の仕方とか、
気付いたら部屋の中にいるのとか怖いし!笑


そうそう、アリス役の人(名前わかりません)のキャラがなかなか良かったです!
あの中だったら一番好きかも。
ちょっと、顔が由美かおるみたいでしたけどね(笑)

o0582073210271959013.jpg


オオカミ族の彼もイイ感じでしたなあ。
続編、3月末ぐらいにDVDが出るみたいなので、楽しみです。
スポンサーサイト

君がいた夏。

●1988年【米】 上映時間:99分
●監督 ウィル・アルディス、スティーヴン・カンプマン
●キャスト
ジョディ・フォスター(ケイティー)
マーク・ハーモン(ビリー)
ハロルド・ライミス(アラン)

君がいた夏 [DVD]君がいた夏 [DVD]
(2000/02/11)
ジョディ・フォスターマーク・ハーモン

商品詳細を見る


【STORY】

マークが少年の頃いつも一緒にいた、6歳年上の従姉が自殺した。遺書には、遺骨の安置場所をマークに託してほしいと記されていた。一時は野球の天才バッターとして華々しいデビューを飾ったこともあるマークも、今は怠惰な生活を送ってうらぶれていた。そして彼は、従姉にふさわしい場所を探し求めて、傷心の旅に出る。一人の男の人生の節目節目に、必ずそばにいて勇気づけた従姉の死を通して、甘く苦い初恋の記憶をたどる感動作。


【REVIEW】
rating_04.gif


音楽と映像がめちゃくちゃツボでした。
冒頭だけで泣きそうになってしまった。
苦しくなるほどノスタルジック。
無性に懐かしい友達に逢いたくなる。
80年代のあのアメリカの雰囲気って妙にハマるんだよな。
なんでだろう?えんもゆかりもないんだけど・・・・。

ただ、主人公の男の子目線で話が進んでいくから、あれが、男女逆だったら
もっと共感して切なさに身悶えてたかもしれない。

初めてのキス、始めて結ばれたシーン、甘美で苦しくて胸が締め付けられた。
アタシにはもう手に入らないものだと思うと余計に苦しく寂しい。

この映画は1988年の公開で、当時アタシは中学1年生だったわけだけど、
その頃に見たらどうだったんだろうか。
きっと、今みたいに感傷に浸ったりはしないよね。
キスシーンとかばっかり印象に残っただろうね思春期だから(笑)

だから、今この年齢で観れてよかった。

しかし、なによりJ・フォスターの可愛さにやられた。

ハンサムスーツ

●2008年【日】 上映時間:115分
●監督 英勉
●キャスト
谷原章介(光山杏仁)
塚地武雅(大木琢郎)
北川景子(星野寛子)
佐田真由美(來香)
池内博之(狭間真介)
本上まなみ(谷山久恵)
佐々木希(玲美)

ハンサム★スーツ THE TV [DVD]ハンサム★スーツ THE TV [DVD]
(2009/07/24)
谷原章介加藤ローサ

商品詳細を見る



【STORY】

母親の残した定食屋を継いだ琢郎は、ブサイクだが料理の腕前は天下一品の優しい男。これまで数々の女性に告白してはフラれ続けてきたが、心優しい美女、寛子がバイトに来るようになってから、琢郎の生活は変わった。しかし、寛子にもあっけなくフラれた琢郎は、自分がモテないのはブサイクなルックスのせいだとひどく落ち込む。そんな時、立ち寄った洋品店で、着るとハンサムになれる“ハンサム・スーツ”を勧められる。


【REVIEW】
rating_04.gif


先日テレビで放映していたので鑑賞。
ギャグ漫画を読んでいるようで面白かったです。
余計なこと(矛盾点とかキャラの心理とか)を深く考えずにサラっと見れたので、爽快です。
塚地は俳優に転向したほうがいいんじゃないかってぐらい上手だったし、
谷原章介のハジケっぷりも笑えました。
佐田真由美もやっぱ、超綺麗。
ちょいちょい入ってくるコネタもウケた。

ラストも、予想を裏切られてビックリ。
そっちかーい!!!みたいなね。

BGMも、美里ちゃんやらユニコーンやらプリプリやら自分の年代ドンピシャって感じで懐かしかったけど、
ちょっとまとまりがなかったかなー。とか生意気なことを思ったり。

あ、そうそう。誰かの幸せを見つけたら携帯で写真を撮って・・・みたいなくだりはどうかと思ったなー。
ホンワカいい話風に描かれてたけど、
エッチな袋とじ見て嬉しそうなところとかさー、あれ、自分だったら撮られたくないよね。
ましてやそれが誰かの携帯に残ってるなんてヤダし(笑)

隣のリッチマン

●2004年【米】 上映時間:99分
●監督 バリー・レヴィンソン
●キャスト
ベン・スティラー
ジャック・ブラック
レイチェル・ワイズ
エイミー・ポーラー
クリストファー・ウォーケン


隣のリッチマン [DVD]隣のリッチマン [DVD]
(2009/12/02)
ジャック・ブラックベン・スティラー

商品詳細を見る


【STORY】
ニックとティムは、同じ職場で働き、家も近所の親友同士。
ある日、空想家のニックがペットのフンを消すスプレーを発明、商品は飛ぶように売れ、瞬く間に大富豪になる。
隣人の成功に嫉妬したティムは、バーで会った男の誘いに乗りニックの家庭を壊そうと画策するが…。


【REVIEW】
rating_03.gif

この邦題どうなの?笑
ENVYでいいじゃんかw
しかも、正確には「隣の」じゃなくて「向かいの」だし。
って細かい?

ジャック・ブラックとベン・ステイラー共演ってことで、めっちゃ期待してたんだけど、
意外と淡々としていて、笑えるところも少なくて、ちょっぴりガッカリでした。
最後のほう、壊れたメリーゴーランドの前でティムがニックに馬を殺したことを告白しようとしてるのに
全然話せないところとかは笑えたかなw

そして、ラストでのティムの怒涛の告白ラッシュはすごい迫力だったわ(笑)

ニックが超お金持ちになったのに、全然嫌なヤツにならないどころか、
めっちゃイイ奴だったのが私的にはすごい良かった。
2人の友情が壊れていくところとか見たくなかったもん。

でも、ティムにとっては、嫌な奴になってくれたほうがいっそすがすがしく嫉妬できたかもね~。
本人に悪気がないもんだから、必要以上に自責の念に駆られそう・・・笑

てーか、レイチェル・ワイズが、めちゃくちゃ綺麗でしたなー。
なんならソレが一番印象深かったぐらい(笑)

アフタースクール

●2008年【日】 上映時間:102分
●監督 内田けんじ
●キャスト
大泉洋(中学教師 神野良太郎)
佐々木蔵之介(探偵 北沢雅之)
堺雅人(木村一樹)
常盤貴子(美紀)
田畑智子( 謎の女)

アフタースクール [DVD]アフタースクール [DVD]
(2008/11/28)
大泉洋佐々木蔵之介

商品詳細を見る


【STORY】

中学教師の神野先生(大泉洋)の元に、同級生島崎を名乗る探偵北沢(佐々木蔵之介)がやってくる。
2人は、神野の同級生でサラリーマンの木村(堺雅人)を探すことになる。
木村は、妻(常盤貴子)と生まれたばかりの子供を捨て、他の女(田畑智子)と逃げたらしい。

【REVIEW】
rating_02.gif

ガビーン!!なんだよ、超期待はずれ!!!
序盤から眠くなって、でもまあ、それはしょうがない、大体序盤はつまんないもんだ、
途中から盛りあがってくるんでしょー・・それまで我慢我慢・・・・って思いながら最後まできちゃったよ!!
って感じ。

最大の山場であろうネタバレのところで、度肝を抜かれるかと思いきや、
「え?あ、へー・・・ふうん・・・」って感じだったし、
疑問も残って全然すっきりしねーよ。(単にアタシが頭悪いから??)
伊武雅刀の喋り方はめっちゃ聞き取りづらいし、ストレス溜まったわ。

こういう謎解きものは、映画の中に自分もまるで入ったかのように、
その中のキャラたちと一緒になって、あいつが犯人じゃない?いや、こいつじゃない?
とか考えて、そしてその推理とまったく違った結末に衝撃を覚えて、
そのあとは、時間を遡っての辻褄合わせをしてその収束感に膝を打つ、
ってのが醍醐味なんじゃないのかしら。
それがまったくなかったんだよね。
ずっと色んなことが謎のままで、こっちが考える隙が無い。
っていうか、問題が何かわからないから答えを考えようがないの。コレ結構苦痛だよ。


キサラギを再鑑賞した直後だったからか、どうしてもキサラギと比較してしまったんだけど、
100-0でキサラギですわ。

うーん、失敗した。
もう一回観たら、評価変わるのかもしれないけど、もう一回観る気にならん。

PageTop

プロフィール

 C    

Author: C    
茅ヶ崎に住み茅ヶ崎で働く30代負け犬OLの偏りまくったシネマレビューです。
映画は大体月に6本~8本ぐらいレンタルして見てます。
(でもすぐ内容忘れちゃうw)
切なく純粋で余韻が残る系の映画が好き☆
時代背景は古いものがより好みで、
中世ヨーロッパが舞台の映画や、
80年代のアメリカの片田舎が舞台の映画を観ると内容に関わらずノスタルジックな気持ちになり鼻の奥がツーンとしてきます。
濡れ場は無い映画のほうが好きです。

レビューというほど大層なことは書けないので、部屋で友だちとDVD観ながらおしゃべりしてるような感じで書けたらなーと思ってます。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
最新トラックバック
検索フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。