スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイ・ルーム

●【原題】Marvin's Room
●1996年【米】 上映時間:99分
●監督: ジェリー・ザックス
●キャスト:メリル・ストリープ(リー)、レオナルド・ディカプリオ(ハンク)、
ダイアン・キートン(ベッシー)、ロバート・デ・ニーロ(ウォーリー医師)

マイ・ルーム [DVD]マイ・ルーム [DVD]
(2006/12/22)
レオナルド・ディカプリオメリル・ストリープ

商品詳細を見る
 

【STORY】

フロリダに住むベッシーは中年の未婚女性。寝たきりで痴呆状態の父マーヴィンと、叔母ルースの面倒を見ていた。体調の不調でクリニックを訪れると、急性骨髄性白血病と診断される。
一方、ベッシーの妹リーは、そんなベッシーと折り合いが悪く、20年も互いに音信がない。
リーは、男の子2人を養い美容師をめざし勉強中。長男のハンクは母親に反抗的、自宅に放火し、更正施設に入れられてしまう。
そこに、ベッシーから骨髄移植のための検査依頼の電話がかかる。ベッシーは、息子二人を連れて、20年ぶりにフロリダに帰る…

【REVIEW】
rating_06.gif

すっっっっっっっっっっっごく、いいお話でした。

途中から、泣けて泣けてどうしようもなかった。

老人介護と難病という重いテーマなのにも関わらず、そこに依存しない描き方が良いです。
私、基本的に難病系のお涙頂戴物は苦手なのです。しらけちゃうというか。
(なので余命一ヶ月のなんちゃら、みたいな映画は見る気にならないんですよね。世界の中心で、、もダメでしたし。)
この作品は、全然そういう雰囲気を醸し出していなくて、むしろ大事なところはそうじゃなくて、それに付随する家族(姉妹)の絆だとか、心の交流が本当にグっとくるのです。
ちょいちょい笑えるところもあるし。(弟君がチップスを食べるシーンとかw)

血の繋がりって、どんなに拒否しても切りたくても避けていてもどこかで必ず突き当たるんだなって思いました。
それが本当に煩わしくても、「血が繋がってる」という事実だけは覆せない絶対的な物で、そういう絶対的な約束事があるっていうのは、良かれ悪しかれすんごいことだよなあと何か思う。


それにしても、とにかく主役の2人(メリル・ストリープとダイアン・キートン)の演技がとても素晴らしく、
最初はレオ目当てだったけど、すっかり、ベッシー役のダイアン・キートンにやられてしまいました。
彼女の純粋な心と優しさと愛に溢れた演技に、脱帽としか言いようがありません。
特に、ベッシーの昔の彼の話を姉妹でしているシーンと、最後の「幸せだ」という時の最高の笑顔に、もう、涙ボロボロです。

あ、デ・ニーロは完全にチョイ役でした(笑)

ベッシーとハンクの海辺のシーンは普段は突っ張っているハンクの優しさが溢れていて、すごくすごく素敵でした。
この作品中で一番好きかも。

myroom.jpg

それから、走っている車の窓から、チャーリーとハンクが腕をだし飛行機のように見せてるカットとBGMもとても好きです。

完全にハッピーエンドではないのに、見終わったあとにとても爽やかですがすがしい気持ちになりました。また、エンディングの曲も歌詞がとても素敵なのです。
ただ、タイトルは原題の方がいいと思うな。なんで変えてしまったんだろう??

でも、、まだ自分に置き変えることが出来ないから感動できるのかもしれない。
リアルに感じられるようになったら見れなくなってしまうんだろうか・・・。

あー、なんか色々思うことがあるのに上手くまとめられないなー!!!
俺の文章力の無さ!(←ノンスタイル風に)
スポンサーサイト

モーターサイクル・ダイアリーズ

●2004年【米・独・英・アルゼンチン他】 上映時間:127分
●監督 ウォルター・サレス
●キャスト ガエル・ガルシア・ベルナル(エルネスト・ゲバラ・デ・ラ・セルナ)、
ロドリゴ・デ・ラ・セルナ(アルベルト・グラナード)

モーターサイクル・ダイアリーズ 通常版 [DVD]モーターサイクル・ダイアリーズ 通常版 [DVD]
(2005/05/27)
ガエル・ガルシア・ベルナルロドリゴ・デ・ラ・セルナ

商品詳細を見る


【STORY】
1952年、喘息持ちだが“フーセル(激しい心)”の異名を取る23歳の医学生エルネストは、7歳年上の陽気な友人アルベルトとバイク旅行に出発する。
本でしか知らない南米大陸を、自分の目で見たいという好奇心からの冒険旅行だった。
故郷のブエノスアイレスを出発しパタゴニアへ。さらに6千メートルのアンデス山脈を超え、チリの海岸線沿いに南米大陸の北端を目指す1万キロ超の旅路だ。
だが所持金は乏しい上、バイクは故障ばかり。2人の旅は困難を極めていく…。

キューバ革命の指導者として、今も世界中から愛されているエルネスト・チェ・ゲバラと盟友アルベルト・グラナードの若き日の冒険旅行を、2人の手記から映画化した作品。

【REVIEW】
rating_14.gif

最初のほうはちょっと退屈だなーっなんて思ってたんだけど、
マチュピチュ鉱山のあたりから、グっと引き寄せられ、
観終わったあと、ジワジワと感動が押し寄せてきました。

私は、チェ・ゲバラという人物に対して、
『(カリスマ)革命家』ぐらいの知識しかなかったので(つくづく無知でスイマセン)
普通にロードムービーとして鑑賞しちゃいましたが、なかなか楽しめました。

後の革命家としてのゲバラがどんなものに影響を受けたのかが浮かび上がってきます。
まさに、エルネスト・ゲバラ・デ・ラ・セルナが、「チェ・ゲバラ」に変わっていく過程という感じです。

エルネストの生真面目でナイーブ、でも強く優しい人間性が行く先々で表されていて、
ちょっとお坊ちゃん気質な感じもするけど、なんて真っ直ぐでピュアで素敵な人なんだ!
と思いながら見ていました。

特に、ハンセン病療養所での彼の演説は、とても心にくるものがあり、胸が熱くなりました。

ただ、その療養所での、演説までのストーリーはなんだか
「世界ウルルン滞在記」みたいだなーとか思っちゃいましたけど(笑)

エルネストと一緒に旅をするアルベルトは、ちょいプヨ体型の女好きのお茶目さんで、
適当男かと思いきや、意外と真面目で協調性のあるナイスガイ。
でも、あれで29歳って!!無いわー笑

無性に、バイクにまたがって旅に出たくなる映画です。
(バイク乗れないけどさ)

マイプライベート・アイダホ

●1991年【米】 上映時間:105分
●監督: ガス・ヴァン・サント
●キャスト: リバー・フェニックス(マイク)、キアヌ・リーヴス(スコット)、ジェームズ・ルッソ(リチャード)

【STORY】

鬼才ガス・ヴァン・サントの長編映画第2作。

ストリート・キッズのマイクは、ポートランドの街角に立ち、体を売っては日々暮らしていた。
彼には、緊張すると眠ってしまうという奇病がある。
そんなマイクの親友は、ポートランド市長の息子でありながら、家を飛び出し、やはり男娼をして生きているスコット。
ある日マイクは、彼を捨てた母を捜す決意をしたスコットと共に、兄リチャードが暮らす故郷アイダホへと向かう。
手掛かりを追ってスネーク・リバーそしてイタリアまで旅する2人。
しかし2人はイタリアで、お互いの進む道の決定的な違いを知らされる……。

【Review】
rating_05.gif

高校生の頃からずっと観たい観たいと思いながら何故か今まで観れなかった作品。
なんか、、も、リヴァーが好きすぎて苦しくなりそうで。
そしてやっぱり、観終わって苦しくなってしまったけど、今観て良かった気もする。

この映画はシェイクスピアの 『ヘンリーⅣ世』が原作のようですが、恥ずかしながら無教養な私は
その作品を全然知りませんでした。でも、この映画を観てものすごく気になりはじめました。
ドストエフスキーの罪と罰とともにいつか読むリストにくわえよう。

それにしても、、、、
この映画のリヴァーがほんっっっっっっっっっっっっっっとに美しすぎて参っちゃいましたよ。
ストーリーは、ぶっちゃけ、やや分かりづらくて可も無く不可もなくという感想で、
私的には、リヴァーが出ている作品の中では下のほうだなあという感じなのですが、
リヴァーのビジュアル・演技面ではこの映画がピカイチかもしれません。

彼の美しいけど痛々しくもあり儚くて消えてしまいそうな奇跡としか言えない存在感で、
鑑賞後、ものすごい余韻に包まれました。特に、焚き火の前でのスコットへの告白シーン。
本当に消え入ってしまうのではと思ってしまうほど、繊細で切ないシーンだった。
これだけのためにDVD買おうかと思えるほどです。てか買おう。

今生きてたら、どんな俳優さんになっていたんだろうってことばっかり考えてしまって苦しいッス。


river3.jpg
考え事をするリヴァーたん笑

river6.jpg
おっ、ラッキー金持ちそうな女だ、って顔をしているリヴァー

アタシ、一人で部屋で観てたんだけど、何回声に出して「かっ・・・・・こいい・・・・・」って言ったか。
画面を写メとりまくっちゃったし(きもい)。
本当にピストルで撃ち抜かれたように、衝撃的にかっこいいです。キューン・・・
また共演のキアヌが全然アタシのタイプではないから、さらにかっこよく見えちゃいました(笑)

river5.jpg
風呂入ってたって可愛い・・・笑

river4.jpg
膝枕で寝てたって美しい・・・・w

ていうか、リヴァーの演じる役って、なんだかいつも恋愛相手や濡れ場の相手が真っ当じゃない(というと失礼ですが)気がする・・・・。てか相手がオバサン(親世代)な率がすげー高い・・・・。
今回も、相手はオヤジばっかでウゲェェェって感じですよ。まー、似合うんだけどさそういう役。

普通に恋愛してたのは「旅だちの時」ぐらいじゃない??

・・・って、今回はレビューでも感想でもなく、ただのアタシのリヴァーへの熱い思いのぶちまけになってしまいましたw 
さーせん♪

マイ・プライベート・アイダホ デジタルリマスター版2枚組【初回限定生産 メモリアル・フォト集付】 [DVD]マイ・プライベート・アイダホ デジタルリマスター版2枚組【初回限定生産 メモリアル・フォト集付】 [DVD]
(2006/05/26)
キアヌ・リーヴスリヴァー・フェニックス

商品詳細を見る


マリー・アントワネット

●2006年【米・仏・日】 上映時間:123分
●監督: ソフィア・コッポラ
●キャスト: キルスティン・ダンスト(マリー・アントワネット)、
       ジェイソン・シュワルツマン(ルイ16世)、
       ジュディ・デイビス(ノアイユ)

【STORY】
オーストリア皇女マリーは、14歳にしてフランス王太子ルイ16世の元へ嫁ぐことになった。
結婚生活に胸を膨らませていたが、待ち受けていたのは、上辺だけ取り繕ったベルサイユ宮殿の人々と、愛情のない夫婦生活。
ルイは必要な事以外はマリーと口もきかず、同じベッドに寝ていても、指一本触れない。
愛情深く育ったマリーだったが、悪意溢れる噂に傷つき、やがて贅沢なドレスやパーティーに心の安らぎを求めるようになる

【REVIEW】
rating_14.gif

前から見たい見たいと思ってたわりに誰がマリーアントワネット役か知らなかったのですが、
キルスティン・ダンストだったんですねー!
この子、時折すごいブスに見えたり、やたらおばさんに見えたりするんだけど(姿勢が悪いからかなあ)、
なんともいえず雰囲気あって結局「ああ可愛い☆」って思ってしまいます♪
マリーアントワネット役もとてもキュートで良かったです。

映画全体にオシャレでハイセンスな雰囲気が漂っていて、UKロック調?の音楽や
インテリアだとかファッションだとか色とりどりのスイーツだとか、観ていてウキウキしてしまいました。
とくにパンプスやミュールの数々!
現代でも全然通用するデザインでめちゃくちゃ可愛かったなー。
全国の乙女達はあの映像見て悶えるんじゃないかなw
てゆーか、無駄にマカロン食べたくなったわこの映画観てたら(笑)

9224bb97.jpg

それにしてもやっぱり私はこのぐらいの時代背景が本当にツボです。
やっぱ、前世は中世ヨーロッパの貴族だったと思うんだよねー(笑)
(実際は、江戸時代の遊女か腰元、とか言われましたが・・・)
すごい懐かしい気持ちになるんだもん。

とにかく、宮殿内の享楽的で豪奢で無駄の多い生活は、あまりにも非現実的すぎて逆に好き。
でも、ストレスもめちゃくちゃ溜まりそうな空間だよね。
大奥を彷彿とさせる、えげつない女同士の陰口や陰謀に嫉妬、
子供が出来ないことに対する女性への非難(原因は男のほうなのに)
プライバシーもへったくれも無い寝室、、とかさ。アタシだったら発狂しそう。
そりゃ、ギャンブル・パーティ三昧の浪費生活にも突入するっちゅーねん。

あと、やたら誰と寝たとか昨晩何回したとか誰々が私の前でアレを出した、だとかシモネタが多くて
ホントお前らセックスのことしか頭に無いのな!って呆れたけど、きっと、退屈だったんだろうなあ。
何でも望めばかなうような生活で何不自由なさそうに見えるけどさ。

アタシの中のお粗末な、マリーアントワネットの情報って、
「パンが無いならお菓子を食べればいいじゃない」発言と(実際は言ってなかったらしいですが)
ギャンブル好きの浪費家、ぐらいなもんだったんで、高飛車で傲慢ないけすかない女ってイメージが強かったんだけど、この映画を観る限りでは、ギャンブル好きで浪費家って描写はあったけど、
むしろ好感が持てる人物でした。オシャレや楽しいことが大好きな可愛い女の子。

民衆には、世の中のことを全然考えない非人道的のような扱いをされてたみたいだけど、
あんな閉鎖的な空間にいたら、情勢とか見えてこないだろうし、致し方ないと思う。
この映画はマリーアントワネットの視点で描かれているから、そのことがよく分かった。
むしろ、情に深い人なんだろうなって印象も受けたし。
ただ、民衆を楽にする方法が分からなかったんだろうね。

でも、逆に宮殿の外のことがが全然描かれていないから
圧制に苦しむ国民の様子とかも伝わってこないし、
突然降ってわいたようにフランス革命が起こった、みたいな流れだったので戸惑ってしまいました。
もう少し、中と外の対比を描いても良かったのかなと。

そして、衝撃のラストですよ。
さー、これから波乱万丈、幽閉されてギロチンか・・・とか思ってた矢先のまさかのエンドロール。
まー、フランスの歴史物語を期待してたわけじゃないからいいけど、思わず椅子から転げ落ちましたわ。

そんなこんなで、素敵だったかといわれればYESですが、面白かったかといわれたら正直ビミョウでしたなー(笑)

マリー・アントワネット (通常版) [DVD]マリー・アントワネット (通常版) [DVD]
(2007/07/19)
キルスティン・ダンストジェイソン・シュワルツマン

商品詳細を見る

メメント

●2001年【米】 上映時間:113分
●監督: クリストファー・ノーラン
●キャスト: ガイ・ピアース、キャリー=アン・モス

メメントメメント
(2006/06/23)
ガイ・ピアースキャリー=アン・モス

商品詳細を見る


【Story】
およそ10分間しか自分の記憶を保てなくなった男レナード(ガイ・ピアース)。
彼は妻をレイプし殺害した犯人を捜し出すため、ポラロイド写真を撮り、メモを取り、
大事なことは身体に入れ墨で書き記すなどして必死の行動を始める…
と、ストーリーを書いてしまうとこうなるのだが、実際はドラマの展開を逆転させ、
いわば連続TVドラマの最終回からいきなり見せられ、ラストが第1話に相当してしまうという、
ユニークな構造で推し進めていく新進クリストファー・ノーラン監督によるクライム・サスペンス。

【Review】
rating_13.gif

これはヤバイよ。おもしろすぐれている!!

とはいえ、あたくちは、アタマが弱いので初見ではサッパリ理解できませんでしたー。
ナハハハー。
そして、色々なサイト(こことか)を見たり、賢い彼氏に説明されながら、3回目の鑑賞にてスッキリしました。(まだ100%スッキリじゃないけどぉ

でも、謎解き物とか時間軸が入り組んでるものとか記憶飛ばす系って結構好きなんですよね~。
そういう映画って、ラストに「あっ!!!!!!!」とヒザをうったり、「はいはいはい、それが最初のこれになるわけねー!」ってなることが多いじゃないですか。その感覚が多分好きなんだと思います

で、ストーリーなんですが、まず、この映画は冒頭がラストです(笑)
完全に時間が逆行したストーリー展開なのです。 
エンディングから逆行して物語が進行するのだから、ストーリ展開は読めるだろうし、
簡単でしょ、と思いがちだけど、とんでもねー!!!!
10分しか記憶が持たない主人公目線で展開していくから、観てるほうも同じで、
ええええ??なにがどうなってこんな展開になったの??と混乱する。
逆行してるのに新しい事実の連続なのですよ。

どれが真実かも分からない。
記憶を忘れないように、身体にタトゥを入れてメモしたり、ポラに情報を記入したりするんだけど、、、
それだってどこまで信じられるかわからない。でもそれを頼りにするしかない。
怖い、、怖いよねぇ。超不安だよねぇ。


謎解きはもちろん、物語の真意に気づいたとき、
なんだかハっとし、ゾクっとなり、ウーン・・・と考えこんでしまうと思います。
だっていつまでたっても、、、、、いや、これは絶対に面白いので、
これ以上ネタバレしないようにしておきます。オススメですよ。マジ観て(笑)

あ、主役のレナードを演じているガイ・ピアーズが、超私の好みにクリティカルヒットで会心の一撃でした!!!!
マジかっこえぇぇぇ
抱かれてー!!!笑
他の作品ではイマイチだったんだけどね。笑

PageTopNext>>

プロフィール

 C    

Author: C    
茅ヶ崎に住み茅ヶ崎で働く30代負け犬OLの偏りまくったシネマレビューです。
映画は大体月に6本~8本ぐらいレンタルして見てます。
(でもすぐ内容忘れちゃうw)
切なく純粋で余韻が残る系の映画が好き☆
時代背景は古いものがより好みで、
中世ヨーロッパが舞台の映画や、
80年代のアメリカの片田舎が舞台の映画を観ると内容に関わらずノスタルジックな気持ちになり鼻の奥がツーンとしてきます。
濡れ場は無い映画のほうが好きです。

レビューというほど大層なことは書けないので、部屋で友だちとDVD観ながらおしゃべりしてるような感じで書けたらなーと思ってます。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
最新トラックバック
検索フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。