スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パラノーマルアクティビティ第2章 TOKYONIGHT

■2010年【日】
■監督 長江俊和


パラノーマル・アクティビティ第2章/TOKYO NIGHT [Blu-ray]パラノーマル・アクティビティ第2章/TOKYO NIGHT [Blu-ray]
(2011/03/04)
中村蒼、青山倫子 他

商品詳細を見る



【STORY】
2010年の東京。27歳の春花は、旅行先のアメリカで交通事故に遭い両足を複雑骨折、車椅子で帰国する。19歳の弟の幸一はそんな姉を介護しながら、からかい半分にビデオカメラに収めていた。やがて春花の部屋で知らないうちに物が移動する怪現象が発覚。幸一は真相を確かめるため、姉の部屋にビデオを設置するが、そこには、衝撃的な映像が映っていた。2人はこの家には“何か”がいると怯えるのだが…。
 

【REVIEW】
rating_04.gif


このシリーズ、3作目です。
一応、日本版のオリジナルってことになってるみたいだけど、正式な続編みたい。
去年の11月に、3が公開されたみたいだけど、
時系列的には、3→2→1→TOKYO NIGHT になるんだね。

ホラーは大嫌いなんだけど、このシリーズは割りと好き。
実態が無い怖さだからかな。
呪怨とかみたいに、ビジュアルが気味悪いのとかはホント無理。
ちなみに、以前見た第9地区も、ホラーじゃないけどビジュアルが気持ち悪くて無理でしたw
本当にグロ耐性が無い俺。

舞台が東京になって、チープになるかなーと思いきや、意外と楽しめました。

今回のターゲットは、夫婦ではなく姉弟。
姉が、アメリカ旅行中に事故に遭い、両足複雑骨折をして帰国した日からおかしな現象が起こり、
弟の幸一がそんな姉を介護しながら、からかい半分にビデオカメラに収めていた・・・
っていう物語の始まり方なのだけど、
この『アメリカ旅行』で、、というところでピーンと来てしまったw

主役2人の掛け合いは、アドリブを多用してたらしくなかなか自然でよかった。
部屋にビデオカメラなんて設置しないで!!という姉と、どうしても設置したい弟。
その辺のやりとりとか、結構リアルで笑ってしまいました(笑)

ただ、主演が中村蒼くん(←超可愛い(´∀`*))という、割と有名な俳優さんだから、
なんていうか、お芝居!って感じがやっぱり出てしまって若干しらけ気味ではあるw

無名の俳優さんばかりを使った1作目のリアル感に比べると薄れるよなあ。
1作目は本当にホームビデオで撮れてしまった映像!という感じがよく出てて怖かったもん。

そんな感じで序盤は、盛り塩が荒らされても( ´_ゝ`)フーン という目で見てたのですが
姉弟の口論の際に、いきなりコップが割れたあたりから、ジワジワと恐怖が増してきました。

実体のない恐怖に加え、明らかに悪意はあるみたいだけどその意図が分からない恐怖。
春花の叫び声もめちゃくちゃ恐怖を煽ります。

「来るぞ・・・来るぞ・・・」と思わせといて来なかったり、
かと思いきやいきなり来たり、という撮り方も憎らしい。

様々な矛盾や不自然さは多々あったけど、
(例えば、なぜ常にカメラを手に持っているのか、なぜ骨折してるのに2階で寝るのか、
なぜ別々に寝るのか、なぜすぐに家を出ないのか、など)
まあ、その辺は突きつめれば気になるけど、サラっと流せるかな(笑)

終盤に、春花が両足を骨折している伏線がいきなり強烈に効いてくるんだけど、
それが本当に怖い~・・・!!!

そういえば、一緒に見てた彼氏が「また地下室なのか?」とか
「ベットの下が実は地下室に繋がってるんじゃね?」
とかやたら地下室地下室うるせーな、と思ってたら、
どうやら彼の恐怖のツボは地下室や屋根裏らしい(笑)

恐怖のツボって人それぞれだと思うのだけど、
私は、『隙間から覗いてる目』とかがおそらく一番の恐怖パターンだなあー。

怖いもの見ても、大体1時間で忘れちゃう私でも、このパターンに出会っちゃうとだいぶ引きずる。


スポンサーサイト

パラノーマル・アクティビティ2

■2011年【米】 上映時間:91分
■監督 トッド・ウィリアムズ
■製作 オーレン・ペリ

パラノーマル・アクティビティ2 [DVD]パラノーマル・アクティビティ2 [DVD]
(2011/07/08)
イティー・フェザーストン、スプレイグ・グレイデン 他

商品詳細を見る


【STORY】
カリフォルニア州・カールズバッドで暮らすダニエル&クリスティ・レイ夫妻。1歳になる息子のハンターと、前妻の娘・アリの4人で幸せに暮らしていた。ある日、家に空き巣が入り、彼らは家に6台の監視カメラを付ける。その頃、家に不思議な現象が起こり始める。アリは「霊が怖いものとは限らない」と、家に起こった事をビデオで記録し始める。しかし、超常現象はだんだんエスカレート。クリスティは姉のケイティに相談するが…。

【REVIEW】
rating_04.gif


人数増えただけで、1とほとんど同じじゃん!!
っていう。
1でいうミカの役割が今作でいうダニエルだったけど、まー、イライラさせられること。
なんで娘の言うことを信じない?なんで監視カメラ確認しない?

はっはーん、さてはお前実は誰よりもびびってるだろ!!

って言いたくなる(笑)

結構、音で驚かすシーンが多くて萎えたなあー。
そりゃ、静寂の中でかい音出されたら誰でも驚くって。
しかも赤ちゃんと動物が危険にさらされるから、なんなら1より後味悪い。

でも、1との繋がりも出てくるから、そのあたりはちょっと面白かった。
なるほどねー、みたいな。

それぐらいの印象だな。
でも、嫌いじゃないんだよね。
日本版のも見てみようっと(*´艸`)

パラノーマル・アクティビティ

●2007年【米】 上映時間:86分
●監督 オーレン・ペリ  
●出演
ケイティー・フェザーストン (Katie)
ミカ・スロート (Micah)
マーク・フレドリックス


パラノーマル・アクティビティ [DVD]パラノーマル・アクティビティ [DVD]
(2010/12/22)
ケイティ・フェザーストーン、ミカ・スロート 他

商品詳細を見る


【STORY】

平凡な一軒家で幸せに暮らす若いカップル。
しかし毎晩寝付いた後に家の様子がいつもと変わっていることに気づく。
自分たちの家に起こっている“何か”を確認するため、彼らは生活の一部始終をビデオカメラで撮影することにする。
真夜中、2人が眠りについた後、何が起きているのか。ビデオには衝撃の映像が映っていた…。

【REVIEW】
rating_04.gif

レビュー読んだら色々と酷評されていたので、全然期待しないで観たんですけど、
それが良かったのかそこそこ怖かったしドキドキしましたよ。
最初は、手ぶれも酷いし、これ最後まで見れるかなって物理的な意味で思ってたんですけど、
途中から固定画面が多くなったしそこまで気にならなくなり無事最後まで見れた(笑)
ただ、やっぱ私は日本人だからか「悪魔」とか言われると白ける感じはある。
あー、作り物っぽい!みたいな。
やっぱり幽霊怖い文化で育ってるからさあ・・・。

あ、ちなみに彼氏と一緒に観てたんだけど、彼は怪現象が起きるくだりで何度も巻き戻して確認したり、
「うわっ・・・」とか声を出していたので(←普段はそういう人じゃない)
珍しいなあーと思ってたら、観終わったあと「すげー怖いじゃんこれ・・・・この映像ってリアルなんでしょ?」というので、ずっこけました。

んなわけないだろ!
いい観客だなお前!
そりゃ本物映像だと思って観てたら恐ろしすぎるわ。

それにしても、前半は退屈だったー。
くるぞくるぞ・・・って思ってもでかい音ぐらいで特に何もない。

そして、ミカにイライラ。
ちょっとはケイティの言うこときけよ、って。
霊媒師さんにも「絶対に悪魔と交信しようとか試みるな」とか言われてるのに
全然ききゃーしない。

あと、あれだけ怖いことがおきているんだからドア閉めて寝ろよ、
とかせめてドア側にミカが寝ろよ!
とか「大体何時に現象が起きるかビデオ回してるんだからわかるでしょ!!だからその時間は起きとけや!!」
とかヤキモキさせられたけど、まんまと思うツボだよねきっと私ww

なんかさー、超勝手な憶測だけど悪魔はケイティに恋していたのかなあ。
最初は見てるだけでよかったんだけど、ケイティに彼氏なんか出来ちゃって結婚するなんて言っちゃってるもんだから、
嫉妬して邪魔な彼氏を追い出そうとするんだけど、その彼氏が全然めげなくて、あげく挑発してくるもんだから憎悪MAX!!!みたいな?
写真が割れたシーンで彼氏のところだけ引っかき傷みたいなのがあったし・・・。
って全然違うかも。でも最後まで悪魔の目的がわかんないから物語を付けたくなってしまう。

あ、そうそうDVDに収録されてたコメンタリーが稲川淳二なのね(笑)
途中からコメンタリーじゃなくて稲川淳二の怖いハナシになっちゃって、それはそれで面白かったww

ハングオーバー

●2009年【米・独】 上映時間:100分
●監督 トッド・フィリップス
●キャスト
ブラッドリー・クーパー(フィル)
ザック・ガリフィナーキス(アラン)
ジャスティン・バーサ(ダグ)
ヘザー・グレアム(ジェイド)

ハングオーバー [DVD]ハングオーバー [DVD]
(2011/04/21)
ブラッドリー・クーパー、エド・ヘルムズ 他

商品詳細を見る


【STORY】
2日後に挙式を控えたダグ(ジャスティン・バーサ)は、バチェラーパーティーと呼ばれる結婚前夜祭をラスベガスで過ごすことにする。
彼は親友のフィル(ブラッドリー・クーパー)やステュ(エド・ヘルムズ)らと共に一路ラスべガスへ。
だが、翌日ホテルで目を覚ますとひどい二日酔いで、全員前夜の記憶が無く、
部屋はめちゃくちゃトイレには虎が・・・・。そして花婿になるはずのダグの姿はどこにもなく……。

【REVIEW】
rating_15.gif

アタシも、酒での記憶ぶっとびーからの激しい二日酔いなんて死ぬほど経験しているから、
朝起きて「え、なんでこんなものがここに!?」なんてのもしょっちゅうあるけど、
さすがに虎は無いわ(笑)
しかし、記憶が無いってやっぱ恐ろしいよね。

てゆーか、この作品、もうちょっとお馬鹿でぶっとんでて面白いのかと思って期待してたけど、
イマイチでしたわー・・・。
笑うところめっちゃ少なかった。
無駄にシモネタ多いし。
しかも、ミステリーの要素を取り込んでるにも関わらず、真相が分かった時の爽快感も無い。
エンドロールで、少し笑えたし、記憶が無い部分はこんなになってたのかーってちょっとスッキリもしたけどね。
アランも良かったけど、でも、一番笑ったのはあのおじいちゃんかな(笑)
DVDに収録されてたNG集で、みんなあのおじいちゃんで笑いこらえられなくなっててそれにウケた(笑)

バレンタインデー

●2010年【米】 上映時間:125分
●監督 ゲイリー・マーシャル
●キャスト
ジェシカ・アルバ(モーリー)
キャシー・ベイツ(スーザン)
ジェシカ・ビール(カーラ)
ブラッドリー・クーパー(ホールデン)
パトリック・デンプシー(ハリソン)
ヘクター・エリゾンド(エドガー)
ジェイミー・フォックス(ケルビン)
ジェニファー・ガーナー(ジュリア)
トファー・グレイス(ジェイソン)
アン・ハサウェイ( リズ )
アシュトン・カッチャー(リード)

バレンタインデー [DVD]バレンタインデー [DVD]
(2010/11/03)
アシュトン・カッチャー、ジェニファー・ガーナー 他

商品詳細を見る



【STORY】
2月14日、ロサンゼルス。バレンタインデーのこの日、リード(アシュトン・カッチャー)は同せい中のモーリー(ジェシカ・アルバ)にプロポーズ。しかし、仕事の途中で自宅に立ち寄るとモーリーが荷物をまとめていた。一方、教師のジュリア(ジェニファー・ガーナー)は親友のリードのアドバイスで、恋人のハリソン(パトリック・デンプシー)の出張先に押し掛けようとするが……。


【REVIEW】
ウッカリ昨日のバレンタインデーに観ました(笑)
やだびっくり。

乙女か!ゆうてな。

外は雪で、温かいお部屋で、ロイズの生チョコをつまみにシャンパン飲みながらマターリと鑑賞するには、
素晴らしくちょうど良い映画でした。
二丁拳銃のネタに加えて欲しいぐらい「ちょうどええ」感じ。

まあ、ぶっちゃけラブ・アクチュアリーの2番煎じ感も否めませんけど、オーゲーオーゲーw
愛を深く考えるような作品ではないけど、観終わったあと、ほっこりと温かい気持ちになる。

ホリデイとか、ラブアクとかが好きなら、見てみても良いかと。

それにしても、とにかくキャストが多いし豪華です。
まあ、その分それぞれの出演時間は短いから、
例えば誰か目当てで見ているファンの人には物足りないかもしれないけどね。
あと、内容もやっぱり薄目だね。まあ、あれだけの人数の話を2時間にまとめるのだからしょうがない。

アタシも彼もそんなに俳優の名前とか詳しくないから、
二人して「この人なんだっけ、ほら、あれに出てたよね」
「この人、つい最近別の映画で見た。誰だ?なんの映画だ?」
「あ!アシュトン・カッチャーとキャメロンのさ、ベガスの映画に出てた精神科医の人じゃね?!」とか
ストーリーと関係ないところでごちゃごちゃ話してたので、何度かストーリー見失いかけました(笑)

最初のほうは色んなエピソードが交差して人間関係もあっちゃこっちゃ飛ぶのでついていくのに必死で、
これ、どうまとめるんだろうか?とか余計な心配してたけど、最後はうまくまとまってて一安心(笑)
あの人とこの人はここで繋がるのかー!!!的な要素がふんだんに取り入れられているので、
伏線回収系が好きな私にはぴったりでしたわ。

ジュリア・ロバーツのエピソードが好き。

あ、あとトワイライトで、狼のジェイコブ役だった男の子も出てた!
あのカップルくだりは面白かったなあ。頭弱そうでw

モーリー役のジェシカ・アルバだけ、ちょっと違った終わり方してたし、彼女の葛藤や心理などは
全然見えてこなかったんで、この映画がヒットしたらスピンオフ的な感じで、
モーリーの物語とか作る予定だったんじゃないか?なんて深読みしてみた(笑

PageTopNext>>

プロフィール

 C    

Author: C    
茅ヶ崎に住み茅ヶ崎で働く30代負け犬OLの偏りまくったシネマレビューです。
映画は大体月に6本~8本ぐらいレンタルして見てます。
(でもすぐ内容忘れちゃうw)
切なく純粋で余韻が残る系の映画が好き☆
時代背景は古いものがより好みで、
中世ヨーロッパが舞台の映画や、
80年代のアメリカの片田舎が舞台の映画を観ると内容に関わらずノスタルジックな気持ちになり鼻の奥がツーンとしてきます。
濡れ場は無い映画のほうが好きです。

レビューというほど大層なことは書けないので、部屋で友だちとDVD観ながらおしゃべりしてるような感じで書けたらなーと思ってます。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
最新トラックバック
検索フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。