スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちーちゃんは悠久の向こう

■2007年【日】 上映時間:94分
■キャスト
仲里依紗( ちーちゃん(歌島千草)
林遣都(モンちゃん(久野悠斗)
奥村知史(加藤信二)
堀部圭亮(久野武)
霧島れいか(久野智子)
西田尚美(歌島実奈子)
波瑠(林田遊子)

4155Vba-MyL__SL500_AA300_.jpg

【STORY】

ちーちゃんとモンちゃんは小さい頃から仲良しの幼馴染。
高校に進学した二人は偶然同じクラスに。昼休みには、ちーちゃんの手作り弁当を一緒に食べるくらいいつも仲良しだ。
弓道部に入部したモンちゃんは、3年生の部長・武藤さんがちょっと気になっている。
そんな武藤さんも、何かとモンちゃんを気にかけてくれる。
一方、オカルト研究会に入ったちーちゃんは高校に伝わる「七不思議」の秘密を探ることにする…。


【REVIEW】
rating_14.gif


始まってすぐに・・・・というかなんならタイトルで分かるオチ。
私は、朝の母親との会話と、クラス写真を撮るところで怪しんで、
あるクラスメートの「それ、鬱陶しくないの?」っていうセリフで確信。
そのあとは、もう、分かりやすく示唆されまくってて、ご丁寧だなと感じるほど。

そして子供っぽくて少女マンガ風味な内容に、ゆるい展開、
あー、こりゃ失敗かあー・・・・

と思いながらも、どうオチまで持っていくのか気になったので見続けてたら、
後半から急速に引き込まれてって、結果号泣、みたいな(笑)

ちーちゃんの今の状況を、伏線のように見せてるけど、別に、そこはどうでもいいんだなって思ってしまった。
そこを重要視させて、衝撃の結末!みたいにしたいのなら、
タイトルから変えるだろうし、あんなに分かりやすい伏線を敷かないだろう。

モンちゃんとちーちゃんは幼馴染ですごく仲良しで、いつも一緒にいてじゃれあってて、
モンちゃん的には小さい頃から一緒のちーちゃんは恋愛感情というよりは兄弟みたいな感じに思ってるぽくて、
でも、ちーちゃんはモンちゃんのことを男として好きで、でも言えなくて、
モンちゃんは何気にモテるから、それにヤキモチ焼いたりしてて。

モンちゃんは、部活の部長で容姿端麗の武藤先輩のことが気になってるみたいで、
武藤先輩も、どうやらモンちゃんのことが好きみたい。

ある日、モンちゃんは武藤先輩から告白される。

これは、一旦付き合うけど「やっぱり俺、ちーちゃんが好き」みたいな展開かなと思いきや
付き合う前に、「先輩は憧れの先輩だけど、先輩は先輩です。ごめんなさい」と武藤先輩の気持ちは受け入れない。
かっこいいぜモンちゃん。


とにかく、後半、モンちゃんがちーちゃんがいないこと、その理由に気づいてからの展開で涙涙。
どうやらアタシは、「青春の疾走」に弱いらしい(笑) 
さらに挿入歌が感情を揺さぶる揺さぶる。


アニメ版時かけの、真琴の疾走でも大号泣だったからなあー。
主役が仲里依紗ちゃんだったり、主題歌が奥華子さんだったり、ってのは
アニメ版時かけを思い起こさせるし、
化学準備室らしきところが出てきたのも、時かけっぽい。もしかしてオマージュ?

ただ、エンディングはちょっとどうかと思ったw
あれは無いほうが余韻あったかもねー。
それか「もうひとつのエンディング」みたいにすればよかったのに~。残念。

あと、武藤先輩役の子の演技!
私は初めてお目にかかった女優さんんだけど、見た目はYUIっぽくて透明感があって可愛い。
でもあまりにも大根役者すぎて、もう笑っちゃうレベル!
あれはわざとなの?素なの?


この監督さんは、「青春時代を思い出すのでは無く、青春時代に観た角川映画を思い出しながら創りました」と言ってました。
そうか!だから、私まんまとハマったのだなと思わず膝を打ちました。


ちなみに原作は未読ですが、全然違うみたいですねー。
読んでみようかなー。って言っておいて読んでない本山盛りですが。
スポンサーサイト

デンジャラスビューティー

■2001年【米・豪】 上映時間:110分
■監督 ドナルド・ペトリ
■キャスト
サンドラ・ブロック   グレイシー・ハート
マイケル・ケイン   ビクター・メリング
ベンジャミン・ブラット  エリック・マシューズ
キャンディス・バーゲ キャシー・モーニングサイド
アーニー・ハドソン   ハリー・マクドナルド
ウィリアム・シャトナー スタン・フィールズ

【STORY】

グレイシー(サンドラ・ブロック)はやり手のFBI捜査官。荒々しい捜査で同僚に怪我を負わせてしまうほどだ。デスクワークを命じられ意気消沈してたある日、彼女に大仕事が舞い込む。
それは連続爆弾魔から爆破予告のあったミス・アメリカ・コンテストに潜入すること。女を捨てて生きてきたグレイシーは美しくなるため、プロの美容コンサルタント、ビクター(マイケル・ケイン)の厳しい特訓を開始する。

デンジャラス・ビューティー 特別版 [DVD]デンジャラス・ビューティー 特別版 [DVD]
(2011/06/15)
サンドラ・ブロック、マイケル・ケイン 他

商品詳細を見る


【REVIEW】
rating_15.gif


飛行機の中で見ました。

飛行機の音がうるさくて音量全開にしてもイマイチ聞こえづらくて、集中できなかったんだけど、
あんまり考えずに見れる娯楽映画だなーって感じでした。
捜査官がミスコンに出場者として潜入とか無理があるだろ・・・・っていうか、
別に出場者としてじゃなくてもいいだろ、とか、
ガサツっぷりが、わざとらしい、とか結局目的ってなんだったんだっけ?
とかマンガかよ、みたいな設定が満載でしたが、
きっとストーリーはそんなに重要じゃないんだな、これ。

素材はいいのに、女捨ててて、お洒落に興味が無くて男っぽいガサツな女性が、
めっちゃ美しく大変身、が醍醐味なんだよね。
で、正体隠して悪をやっつける!!みたいな水戸黄門的な要素もありつつw

オチもすぐ読めるし、ベタだけど、なんだかんだ、きっとみんな好きなんだよねこういうのw
ビューティーコロシアムが好きな人ならきっと好き(笑)

着信アリ final

■2006年【日】 上映時間:104分
■監督 麻生学
■キャスト
堀北真希(松田明日香)
黒木メイサ(草間えみり)
板尾創路(木部義孝)

着信アリFinal スタンダード・エディション [DVD]着信アリFinal スタンダード・エディション [DVD]
(2006/11/24)
堀北真希、黒木メイサ 他

商品詳細を見る


【STORY】
修学旅行で韓国に行くことになった高校2年生のえみり。日韓手話交流会で知りあった韓国の男友達アンジヌとの再会を心待ちにする一方、クラスでいじめを受けている幼馴染み・明日香の不参加を残念に思っていた。
そんな修学旅行の最中に、1人のクラスメートの携帯から聞き覚えのある着信メロディが流れる。
未来の着信時刻に、持ち主の首つり画像が添付されて…!その生徒が“死の着メロ”の予告通りに死を遂げたのを皮切りに、生徒たちは次々と“死の着メロ”に襲われていき…。

【REVIEW】
rating_02.gif

私は日本のホラー映画がすごく嫌で避けまくってるんだけど、
対照的に彼氏はホラーが大好きなのでお付き合いで仕方なく鑑賞。
ちなみに、着信アリシリーズの1.2は観てません。

いやー、まじで時間無駄にした!
え、てかこれで104分?
マジか。
2時間以上あった気がしたよ。それぐらいダラダラとつまらん展開だった。

さすがに彼氏も苦笑いだったよこれには。

最初のほうはまだドキハラ要素があったしテンポも悪くはなかったから見れたけど、
中盤からなに?
ギャグですか?みたいな。

舞台は韓国だったけど、
スタッフが韓国行きたかっただけ?韓流ブームに無理やり乗っかった?
ってぐらい必要性がまったく感じられない。
ちなみに、黒木メイサの恋人役でブレイクする前のチャン・グンソクが出てました。
なんか別人のように垢抜けない感じでしたw
つか、彼の役柄も別に意味無いと思った。

まとめ方もgdgdだし、アタシのほうがまだ面白い作品作れると思ちゃったわー。

どうでもいいけど、最近、黒木メイサと、ジャルジャル福徳くんが被るww

天然コケッコー

●2007年【日】 上映時間:121分
●監督 山下敦弘
●キャスト
夏帆( 右田そよ)
岡田将生(大沢広海)
夏川結衣(お母ちゃん(右田以東子)
佐藤浩市(お父ちゃん(右田一将)

天然コケッコー [DVD]天然コケッコー [DVD]
(2007/12/21)
夏帆、山下敦弘 他

商品詳細を見る



【STORY】
山間の分校。小学校と中学校は同じ校舎の中にあり、全校生徒はたったの6人!右田そよは唯一の中学二年生。初夏のある日、東京から転校生・大沢広海がやってきた。期待に胸を膨らませるそよは仲良くなろうとするのだが、期待を裏切られ傷つく。海水浴、神社の境内で初めてのキス…、そして春が来て、みんな1学年進級した。楽しみにしていた修学旅行は東京。広海が育った街を始めて見ることが出来て喜ぶそよだった…。


【REVIEW】
rating_06.gif


これはっ・・・・・!!!!
うん、すごくいい!とっても良い作品だった!!!
やっぱ私、くらもちふさこさんの作品はめっちゃツボなんだなあー。

アタシは本来こういう邦画にありがちな特に何事も無く淡々と流れていく映画がとても苦手。
そういうジャンルで面白いと思ったものにほとんど出会ったことがない。
だけど、この作品はその私の固定観念を覆してくれた!!

少女マンガを読むことからずいぶん離れてしまっているけど、夢中で読んでいた頃のことを思い出した。
どの部分を切り取っても名シーンに思えるほど、眩しく、キラキラと透明感に溢れていて、狂おしいほどの郷愁にかきたてられる。
リアルな田舎はあんなにいい人だらけじゃないと思うけど、
田舎に住んでない私たちにとってはそうであってほしいという理想の形なのかもしれない。

特に、主役の2人がいい。
そよちゃんのピュアなところとか、面倒見がよくって優しいところがにじみ出ているシーンが多く、温かい気持ちになった。
優しくて可愛すぎて泣けてきた笑
そよちゃんのどこがいいって、屈託が無くて、男子を変に意識してツンツンしたり、
カマかけてみたり駆け引きをしたりしないところだな。
私、ツンデレの男子は好きなんだけど、女子のツンデレは好きじゃないのね。
例えば、らんま1/2のあかね、とか、すごく苦手な女子のタイプ。
やっぱり女の子は素直が一番だと思う。

例えば、大沢君がキスをしてみたくてしょうがなくて、そよちゃんに「ね、いいでしょ?」みたいにお願いするところがあるんだけど
「いいわけなかろう笑」って笑いながら逃げるところが可愛くて可愛くて!
そのあと「そんな大したことじゃないって!握手と同じだって!」って大沢君は説得するんだけど
「じゃ、握手すればいいw」って笑ってかわすの。

そよちゃんは、多分既に大沢君のことは好きだったはずなのに、キスしないところがいい!
怒るとか異常に照れるとかじゃなくて、笑いながらかわすところがさ、そういうところがホントいいなーって。

それなのに、ジャケットと交換でしちゃうの(笑)
ああもう可愛いよー!

悪気がないけど人を傷つけてしまうような発言をしてしまう自分に落ち込んでいるシーンもものすごく共感できた。
あのシーンではアタシも一緒に泣いてしまった。

大沢役の岡田君もものすごくよかった。身近にいたらゼッタイ好きになる(笑)
結構毒舌だったり無遠慮な発言をくりかえしたりトリッキー(?)な行動したりするんだけど、
別に意地悪だとか嫌なやつではなくてただ不器用で無愛想なだけなんだよね。
石を割るシーンはそこらへんが顕著だたんじゃないかと思う。

でも、もし私だったら、彼の言動に傷ついたり踊らされたり不安になったりして潰されてしまうかもしれない。
そよちゃんが大沢くんにキスをしたあと大沢君に、「・・・もういいよ・・・。なんか愛がない。・・・帰ろ」って言われるシーンがあるんだけど
アタシだったら多分ものすごく落ち込むと思う。好きな人を傷つけてしまったとか嫌われたかも、とか思って。
だけど、そよちゃんは「うん」って普通にうけいれて、黒板へのあのシーンへ繋がる。

やっぱり彼にはそよちゃんしかいない!

みんなで海に行った帰りの分かれ道で、二手に分かれたあと、
「こっちに来ればふたりになれるかなと思って」ってサラっと言っちゃうところなんてキュンキュンくる。

そのあと、なぜかそよちゃんがお祈りしているときにキスしようとするんだけど、
いい雰囲気になったあとだったので、そよちゃんは、照れるとか受け入れるとかなのかなーと思いきや
「は?」ってイラっとしてた感じが良かったw
その後の「・・・別に?」も(笑)


くらもちふさこさんの描く男子はみんな魅力的。
この作品に関しては、登場人物がみんな魅力的!(シゲちゃん以外w)
あー、久々に海の天辺とかチープスリルが読みたくなってきた!!!


「もうすぐ消えてなくなるかもしれんと思やあ、些細なことが急に輝いて見えてくる」
「いつか、こうして皆で登校したことが夢みたいに思うときが来るのかもしれない」

↑このセリフでノックアウトされました。

音楽もとても良かった。
ヘッドホンで観てたからなおさらかもしれない。
音楽と俳優と背景が三位一体となって素晴らしい作品を作り上げてました。

青春ってのはやっぱりいい。続かないものだからこそいい。

第9地区

●2009年【米・ニュージーランド】 上映時間:112分
●監督 ニール・ブロンカンプ
●キャスト
シャールト・コプリー( ヴィカス)
デヴィッド・ジェームズ(クーバス大佐)


第9地区 [DVD]第9地区 [DVD]
(2010/11/23)
シャールト・コプリー、デヴィッド・ジェームズ 他

商品詳細を見る



【STORY】
南アフリカ・ヨハネスブルグ上空に突如現れた巨大な宇宙船。船内の宇宙人たちは船の故障によって弱り果て、難民と化していた。
南アフリカ政府は“第9地区”に仮設住宅を作り、彼らを住まわせることにする。
28年後、“第9地区”はスラム化していた。超国家機関MNUはエイリアンの強制移住を決定。
現場責任者ヴィカスを派遣、彼はエイリアンたちに立ち退きの通達をして回ることになるのだが…。

【REVIEW】
rating_15.gif

最初見たときは「やべぇ、これやっちまったかな」って思うぐらい、C級臭がプンプンしてたし、
とりあえず、グロさに辟易。
あと嘔吐シーンが苦手な私にはちょっとキツかった。
マジで、観るの辞めようって何度も思った。
でもレビューとか見ると評価高いし・・・と思って頑張って見てたら、途中から引き込まれていきました。
思ってた以上に社会派な作品。
こういう作品はレビューが難しいんだよな。。。
アホみたいな感想しか書けないもんで。

最初は、エイリアン側に不快感を持っていたけどどんどん観ていくうちにエイリアン側の目線になってしまう。
実際、出てくる人間達がみんな最低。
主人公も最低。でもリアル。

最終的には、あの親子が無事に母船に戻れますように!ってことだけを考えて見てたなあ。
別に主人公は助かっても助からなくてもどっちでもよい。

それにしても、形状がグロいエイリアンだけど、ちびっこいのは可愛いとすら思えたw
何気にあの子が一番賢い?w

・・・なんか、頭で思ってることを上手いこと文章にまとめられそうもないので、この辺で(笑)

PageTopNext>>

プロフィール

 C    

Author: C    
茅ヶ崎に住み茅ヶ崎で働く30代負け犬OLの偏りまくったシネマレビューです。
映画は大体月に6本~8本ぐらいレンタルして見てます。
(でもすぐ内容忘れちゃうw)
切なく純粋で余韻が残る系の映画が好き☆
時代背景は古いものがより好みで、
中世ヨーロッパが舞台の映画や、
80年代のアメリカの片田舎が舞台の映画を観ると内容に関わらずノスタルジックな気持ちになり鼻の奥がツーンとしてきます。
濡れ場は無い映画のほうが好きです。

レビューというほど大層なことは書けないので、部屋で友だちとDVD観ながらおしゃべりしてるような感じで書けたらなーと思ってます。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
最新トラックバック
検索フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。