スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

借りぐらしのアリエッティ

■2010年【日】 上映時間:94分
■監督 米林宏昌
■声
志田未来 アリエッティ
神木隆之介 翔
大竹しのぶ ホミリー
三浦友和 ポッド
竹下景子 貞子
樹木希林 ハル
藤原竜也 スピラー

借りぐらしのアリエッティ [DVD]借りぐらしのアリエッティ [DVD]
(2011/06/17)
不明

商品詳細を見る


【STORY】

アリエッティはとある郊外の古い屋敷に住んでる小人の女の子。
小人の一族は、自分たちの暮らしに必要なモノを必要なだけ人間の世界から借りて生活する、
借りぐらしの種族だ。アリエッティが初めて借りに出たその夜、借りの最中に病気の静養でこの屋敷にやってきた少年・翔に姿を見られてしまう。
人間に姿を見られたからには、引っ越さないといけない。掟と好奇心の間でアリエッティの心は大きく揺れるのだった

【REVIEW】
rating_05.gif

やっと観ました!
評価が低いので警戒してたけど、私はなかなか楽しく観れたよ。

中盤ぐらいまでは。

やっぱり、ジブリの描く風景は素晴らしい。
アリエッティの住む世界も、ものすごくファンタジーで無性にワクワクしてしまう。
ああいうこじんまりした中に広がる生活みたいなの大好き。
お部屋の中ものすごく可愛い。

お茶がポトリと出る感じとか、クッキー砕いてるところとか、夢中で見てしまった。

なんだろう・・・・お人形さん遊びを思い出すというかね、
小さい頃、こえだちゃん、だとかシルバニアファミリーなんか持ってたんだけど、
私が夜寝てる間とかに人形は動いてて生活してるんじゃないかーとか、
自分も小さくなって、こういうお部屋に住んでみたいって思ったこととか思い出した。
自分が小さいと、お菓子も大きく見えていいなーとかね(笑)


冒頭からなんだかノスタルジックな気持ちになって、心がざわざわしてました。
音楽もものっっすごい良かった。サントラ欲しい。買お。


アリエッティとお父さんが、人間の家から生活用品を借りに(実際は盗み?w)行くシーンも楽しい。
彼らからの視点だと、食器棚も断崖絶壁に見えるし角砂糖はお宝。まち針は武器にw

そうそう、そのシーンの中でアリエッティが「かり、って楽しいね!!」って言うんだけど、
私の中では勝手に「かり」→「狩り」って脳内補完してしまったんだけど、実際は「借り」なのかな。
字幕で見てみよっと。

アリエッティは・・・あの感じからいっておそらく翔に一目ぼれしたんだよね。
でも、アタシは怖かったー(笑)
「こわがらないで」ってセリフがさらに怖かったよ!笑

カラスが網戸に挟まったシーンも怖かった。
あと虫が気持ち悪いww

それにしても・・・
もうちょっと、恋愛模様的なところを見たかったなー。

ちなみに、一番解せなかった、、、というかイライラしてしまったのはハルさん。
まず、車をあの場所に止めちゃうっていう時点で無い(笑)
しかも常習犯ってところが、ガサツさを物語っている。家政婦さんなのにありえないw

小人を手にしてからの行動もよく分からないし、何がしたかったの?

翔に対してもどう思ってるのか・・・。
心臓が悪いって知ってるのに外から鍵を掛けたり、キッと睨んだり、厄介者扱いしている感じ。
最後までハルさんの心情はよく分からなかった。


声優(俳優)陣は、今回は当たりだったのではなかろうか。
志田未来ちゃんのアリエッティは違和感もなく、むしろ上手だわーって思ったよ。
大竹しのぶのホミリーはやや違和感あったなあー。
あれこそ倍賞さんとかのほうが良かったんじゃー・・とか思ったり。


でもなんか最後は残念な気がしたな。
てか、原作ってどんな感じなんだろう。

起承転・・・までは楽しかったんだけど、結で、「え?あれ?」みたいな肩透かしを食らった気分。
今までみたいなメッセージ性みたいなのは感じられなかったな。
でも、ハヤオ大先生の考えてることは凡人の私には分からんだけかもしれない。
スポンサーサイト

告白

■2010年【日】 上映時間:106分
■監督 中島哲也
■キャスト
松たか子(森口悠子)
岡田将生( ウェルテルこと寺田良輝)
木村佳乃( 下村優子(直樹の母)
井之脇海( 前川優真)
新井浩文(渡辺修哉の父)
山口馬木也(桜宮正義)
芦田愛菜(森口愛美)


告白 【DVD完全版】 [DVD]告白 【DVD完全版】 [DVD]
(2011/01/28)
松たか子、岡田将生 他

商品詳細を見る



【STORY】
ある中学校の教師森口(松たか子)が、終業式のホームルームで不気味な告白を始める。数ヶ月前、自分の幼い娘(芦田愛菜)が校内のプールで溺死した事故は、じつはこのクラスの中の2名による殺人だったというのだ。そんな衝撃の事実を知らされながらも、まるで深刻にうけとめず、好き勝手に騒ぐばかりのこの崩壊学級の少年少女たち。だが教師は少しもひるむ事無く、次に告げた「ある事実」により、全員を凍りつかせてしまう。


【REVIEW】
rating_06.gif

こりゃ、R-15指定に納得だわ(笑)

色んな意味でえぐい。

だけど、2時間弱の間、そのえぐさにずっと惹きつけられっぱなしだった。

ちなみに、小説のほうは未見です。いずれ読みたいな。

見ている最中は、怖い・不愉快・嫌い・むかつく、うざい、とか負の感情ばかり沸くのに、
見終わって、こりゃ見事な作品だわって思った。嫌なんだけど認めざるを得ない、みたいな。
すごい作品だけどもう観たくない、って人が多数いたのも頷ける。
でも私は、もう少したったらまた観たい。

公開当事、なにかと話題にはなってたけど、こんな映画だとは思わなかった・・・・・。
ラブリーボーンを観たときの嫌な気持ちとなんとなく似てるけど、私はこっち(告白)ほうが断然好きだな。
ここまで徹底して救いが無いといっそ清々しい(笑)

以下、ネタバレしまくりなので、未見の方でこれから見ようと思ってる方は観てから読んでくだはい。




物語は、中学1年生のクラスの担任をしている教師森口悠子が、
終業式後のホームルームで、淡々と話し続けるところからはじまる。
その話し方はまったく血の通っていない印象を受ける。

以前の森口は、やる気もあり、教育に情熱を傾けていたようだけど、
頑張っても頑張ってもその思いは届かず
その思いの強さだけに心を閉ざしてしまった感じ。

生徒たちは全く先生の話など聞いていない。
まるで、先生なんてそこに存在していないかのように、
友達とおしゃべりしたり、ふざけあったり、携帯をいじったり、音楽を聴いたり
思い思いのことをしている。
それでも、それがいつもの光景なのか、森口はまったく動じず話続ける。
森口が「今月イッパイで教師を辞めます」と伝えたときだけ、
「マジかよー!やったー!!!」と今まで全然話を聞いていなかった生徒たちが騒ぐ。

自分の思い通りにことが運ばなければ、全部誰かのせい。
自己顕示欲だけは一人前。
本当に胸糞悪い生徒たち。


自分が、小・中学生の頃は、まったくもってそちら側にいたはずなのに、
(学級崩壊という言葉は当時無かったけど、完全にそれだったと思うクラスにもいたことがある)
今となっては、そういう子供たちを見るとイライラし嫌悪してしまうのはなぜだろう。

そして、森口は淡々とした話を続けながら、自分の愛娘が殺され、その犯人はこのクラスの中にいる、
という”告白”と、そいつらに何をしたかを告白し、生徒たちは凍りつく。
そこから彼女の復讐劇がはじまる。


・・・ここまで30分ぐらいかな?
この先どんな展開になるのかまったく想像つかなかった。


その後、一人称がどんどんと変わり、それぞれの目線での告白が語られる。

私は最初この犯人を捜すミステリーなのかと思ってた。
でも全然違った。その犯人はすぐに知らされる。

多くの復讐劇は、その相手を激しく憎みながらも、相手の事情・弱さなどを知ってしまったら
わずかであっても慈悲の気持ちが出てしまったりする。
だけど、この映画は違う。だからいい。
これは私の想像だけど、途中(ファミレスのあたり)森口の気持ちが折れかけてたような気がする。
でもその後の強烈なシーンで、毒には毒をもって制す、と完全に決めた感じがした。


この作品の中には色々な狂気が渦巻いているけど、私が一番嫌だったのはクラスメート達だな。
笑いながら人をいじめる。でも、それがいじめだと思っていない。
むしろ良いことをしているとすら思っている。人を殺した人への制裁・正義などと思ってる。
別に自分が何されたわけでもないのに。このあたりが救いようがない。
このクラスメート達のシーンが、また妙に明るく撮られているので逆に怖さが増す。

これだけ様々な憎悪狂気が入り乱れてるけど、根本的に登場人物たちは皆似ている。

皆、親だったり友達だったりと、誰かに振り向いてもらいたいと思ってる。
だけど振り向いてもらえなくて空回りして押しつぶされそうになっている人達。
そういった意味では切なさもある。

完全に鬼と化した森口だけど、実際には巧妙に精神的に追い詰めてはいるものの直接的な手出しはしてない。
最後の爆発だって少年Bの脳内妄想なだけであって、事実かは分からない。

そしてあの涙。

復讐が99%だとしても、
残りのわずか1%はやはり教師として命の重さを分かって欲しいという思いもあったのでは
なんて思ってしまったりもする。

ただそれも、最後の最後のセリフで分からなくなるけども(笑)

しかし松たか子の演技もさることながら、木村佳乃もすごい。超ハマリ役。
あの役、演じるの楽しそうw


映像も独特というか、中島監督節炸裂!!って感じでしたね。
賛否あると思うけど、私は好きです。音楽もすごく好みでした。

諸手を挙げてオススメ!!とはなんだか言えないんだけど
まだ未見の方には是非一度観て欲しいと思う作品でした。あ、大人だけね。子供は見ないでねw

君がいた夏。

●1988年【米】 上映時間:99分
●監督 ウィル・アルディス、スティーヴン・カンプマン
●キャスト
ジョディ・フォスター(ケイティー)
マーク・ハーモン(ビリー)
ハロルド・ライミス(アラン)

君がいた夏 [DVD]君がいた夏 [DVD]
(2000/02/11)
ジョディ・フォスターマーク・ハーモン

商品詳細を見る


【STORY】

マークが少年の頃いつも一緒にいた、6歳年上の従姉が自殺した。遺書には、遺骨の安置場所をマークに託してほしいと記されていた。一時は野球の天才バッターとして華々しいデビューを飾ったこともあるマークも、今は怠惰な生活を送ってうらぶれていた。そして彼は、従姉にふさわしい場所を探し求めて、傷心の旅に出る。一人の男の人生の節目節目に、必ずそばにいて勇気づけた従姉の死を通して、甘く苦い初恋の記憶をたどる感動作。


【REVIEW】
rating_04.gif


音楽と映像がめちゃくちゃツボでした。
冒頭だけで泣きそうになってしまった。
苦しくなるほどノスタルジック。
無性に懐かしい友達に逢いたくなる。
80年代のあのアメリカの雰囲気って妙にハマるんだよな。
なんでだろう?えんもゆかりもないんだけど・・・・。

ただ、主人公の男の子目線で話が進んでいくから、あれが、男女逆だったら
もっと共感して切なさに身悶えてたかもしれない。

初めてのキス、始めて結ばれたシーン、甘美で苦しくて胸が締め付けられた。
アタシにはもう手に入らないものだと思うと余計に苦しく寂しい。

この映画は1988年の公開で、当時アタシは中学1年生だったわけだけど、
その頃に見たらどうだったんだろうか。
きっと、今みたいに感傷に浸ったりはしないよね。
キスシーンとかばっかり印象に残っただろうね思春期だから(笑)

だから、今この年齢で観れてよかった。

しかし、なによりJ・フォスターの可愛さにやられた。

仮面の男。

●1998年【米・英】 上映時間:132分
●監督 ランドール・ウォレス
●キャスト
レオナルド・ディカプリオ( ルイ14世 / フィリップ)
ジェレミー・アイアンズ(アラミス)
ジョン・マルコヴィッチ( アトス)
ジェラール・ドパルデュー(ポルトス)
ガブリエル・バーン( ダルタニアン)

仮面の男 [DVD]仮面の男 [DVD]
(2004/04/02)
レオナルド・ディカプリオジェレミー・アイアンズ

商品詳細を見る


【STORY】

17世紀、花の都パリでは庶民の困窮をよそに貴族は優雅な生活を送り、その中心で23歳の国王ルイ十四世は女遊びにうつつをぬかし、人の婚約者を横取りするなど目に余る振る舞いを行っていた。父王時代からの忠臣ダルタニャンは王を諌めようとするが、修道士アラミスら、元三銃士は、自分の身分も知らず仮面をつけたまま牢獄で暮らしている国王の双子の弟を救い出して王位につけるという静かなクーデターを画策する。双子の弟の存在を知らず、三銃士と袂を分かったダルタニャンはどう行動し、クーデターの結末はどうなるのか・・・。

【REVIEW】
rating_06.gif

一気に3記事連投w

さて、この映画は公開当時、映画館で鑑賞しました。
その後DVDも購入し、先日久しぶりに再鑑賞。
やっぱ泣ける。ボロ泣きっすわ。
ホント、好き、この映画。
中世ヨーロッパっていう時代背景もストーリーも音楽もキャストも衣装も全て好き。
レオは横暴で自己中な国王ルイと、
その双子の弟である心優しいフィリップの二役を演じているんだけど、
これがまた、上手いこと演じ分けてるんですよね~。さすがレオ。

まあ、突っ込みどころもそりゃありますよ。
衷心を誓っているはずの、ダルタニアンなんて、
皇后と出来てるっていう思いっきり背徳行為をしちゃってるし、
部下の「なんて勇気だ・・・」ってチープなセリフとかさ(笑)
死がアッサリ描かれすぎだし、惜しいなって思う点が結構あります。

でもね、泣けちゃうんですよ。悔しいけどめっちゃ涙腺が刺激されるんです。

とにかく四銃士のオッサンたちが、みんな渋くてカックイーんです!
義侠心に厚いっていうのかな。
三国志とか好きなら、絶対ツボだと思います。ゾックゾクします。
特にバーン演じるダルタニアンとマルコヴィッチのアトスは泣かせてくれますぜー。
ポルトスはちょっとあれだけど(笑)
でも、最期はやっぱりカッコイイの。
ラストサムライは、この映画をちょっとは参考にしたんじゃないかしら。

ネタバレ↓(反転)

フィリップがルイと入れ替わって、ルイが牢獄に入ることになったところで、
そこまでしなくても・・・って思ったんですよ。そこまで悪人に描かれてなかったでしょうよ、って。
しかも、フィリップは心優しく慈悲深い人なはずなのにさ、『目には目を』ってハムラビ式は間違ってるんじゃないの?って
腑に落ちなかったんです。

でも、ラストでちゃんと「フィリップのはからいで、ルイは田舎でひっそりと暮らしたと言われてる」となってたので一安心。
やっぱね、そうじゃないとヘンだよ~うんうん。


この時代背景でレオ主演とか書かれていると、男性は敬遠しがちかもしれないけど、
むしろ、アタシは男性に観てもらいたいし、男性の方が熱くなれる作品のような気がします。
ちょっとでも気になったら是非観て欲しいなー。

ガンジス河でバタフライ

●脚本:宮藤官九郎
●キャスト:長澤まさみ、塚本高史、竹下景子 他


ガンジス河でバタフライ ディレクターズ・カット版【2枚組】 [DVD]ガンジス河でバタフライ ディレクターズ・カット版【2枚組】 [DVD]
(2008/01/18)
長澤まさみ;塚本高史;荒川良々;中谷美紀(特別出演);石橋蓮司;竹下景子

商品詳細を見る


【STORY】

平凡な女子大生の高野てるこは、就職活動の面接で落とされそうになったはずみになぜか「ガンジス河でバタフライしました、私」とつい口をすべらせてしまい、インドを旅することになった。初めての海外「インド」へひとりで旅立ち、さまざまなカルチャーショックを受けるが、旅を続けていき、様々な体験をしていく。

【REVIEW】

映画では無いんだけど感想をば。

テンポがよく、コメディタッチのストーリの中にインドという国の実情も垣間見えたりしてなかなか面白かったです。
なんせ長澤まさみが可愛かったああ~☆
可愛いし、すげえと思うよ。
実際ガンジス河でバタフライしちゃうんだもん。
吹き替えかと思ったら、ちゃんと本人がやってたみたいね。
アッパレとしか言いようが無い。

しかも、ほぼ全編インドロケだなんて絶対過酷だよね・・・・。
演技はお世辞にも上手いとはいえないけど、大した肝ッ玉の女優さんだと思う!
見直したぞ、まさみ!!

インドって、一度も行ったこと無いけど、行った人は皆、カルチャーショックを受けるとか言いますよね。
人生観変わるって。

でも、ハマる人と、二度と行きたくないってなる人の両極端だとも聞きます。
アタシは、インドが舞台の映画とかドキュメンタリーとか観るたびに絶対に絶対に無理だなあ・・・・と思ってしまいます。

でも、この作品の主人公てるこも最初はそんな感じで、インド人は胡散臭いし、なにもかも適当だし
ホテルは不衛生でヤモリはいるし、詐欺にはあうし、食事は手でしなくてはいけないし、物乞いは多いし、早く日本に帰りたいヤダヤダヤダってずっと言ってたのに、見事にどんどんハマって馴染んでいくんですよねぇ。

百聞は一見にしかず、で自分の目でみたり体験したりするまでは分からないのでしょうが、
それでもやっぱり私はインドに行く勇気はないなあ。
ちょっと気になる国ではあるけどね。

PageTopNext>>

プロフィール

 C    

Author: C    
茅ヶ崎に住み茅ヶ崎で働く30代負け犬OLの偏りまくったシネマレビューです。
映画は大体月に6本~8本ぐらいレンタルして見てます。
(でもすぐ内容忘れちゃうw)
切なく純粋で余韻が残る系の映画が好き☆
時代背景は古いものがより好みで、
中世ヨーロッパが舞台の映画や、
80年代のアメリカの片田舎が舞台の映画を観ると内容に関わらずノスタルジックな気持ちになり鼻の奥がツーンとしてきます。
濡れ場は無い映画のほうが好きです。

レビューというほど大層なことは書けないので、部屋で友だちとDVD観ながらおしゃべりしてるような感じで書けたらなーと思ってます。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
最新トラックバック
検索フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。